FC2ブログ
AX

Entries

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


最後の迂回
何を書こうかといろいろ考えてんだけど、まったく思いつかない。

なんだかんだ、ほぼ毎日、9年と9ヶ月、寂しいものがある。
迂回ロス…(いやいや、おまえがソレくらってどうすんだよ…)

クラウドストレージ(Google Drive)のテキストエディタには、まだ100本以上(86ページ)、いつか迂回で書こうと思って途中まで考えて未完成のままの文章が残っている。

が、やはりここらが潮時だろう。

まあ、迂回を削除してしまうわけではないので、過去エントリを(時々)読んでみるってのは可能だ。

1.カテゴリを選んで。
個人的なオススメは「ponder (525)」と「Money (175)」かなぁ。
(「男と女 (359)」は下品なのでちょっと…。あと、「迂回ではアメジョが一番面白い」と散々言われたので意地でもオススメしないw あ、そういえば、コメントが少ないねと言われたこともあるんだけど、LINEやFBメッセやメール、あるいは飲み会などで感想・意見を伝えられることが多いんっすよ。)

2.初回エントリから順番に。2008.4.1ふじぼう。

うん。

うんうん。

それでは、みなさん、良いお年を、そして愉快な人生を!!

(´ー`)y-~~

(´-`).。oO(言葉にするのもちょいと照れるので、下の動画に助力を願おう…)


(以前はKOKIA『ありがとう・・・』と新海誠映像に日本語歌詞ついた合成があったんだけど、なくなってる…。歌詞はこちらで)
スポンサーサイト

「どうして迂回を書き続けるんですか?」と聞かれ
2008.6.28ブログ開設2ヶ月経過。

当ブログは引用が多い。
我々の意識(顕在・潜在を問わず)は、どう少なく見積もっても99%以上が「他人の思考」および「他人の言葉」で構成されている。「自分の思考」なんて頑張って1%あるかどうかだ。それで全然構わない。1%も持ってれば、それだけで食べていける。
引用は当然だ。



2008.9.25All Rights Reserved

内田樹氏『詩人のコピーライトについて』より。

私は自分のネット上のテクストについては著作権を主張していない。
今書いているこの文章も含めて、ネット上に掲載されたものは誰でも使用できる「公共財」であるというのが私の考えである。
ネット上の情報を誰でも自由に利用できるということがネットコミュニケーションの最大のメリットなのだから、そこに「私権」を持ち込むのはつまらないことだ。
自分のブログに「コピー禁止」とか「リンクを張る場合には必ず許可を求めること」とか書いている人が多々おられるが、私のブログは「コピーフリー」「盗用・剽窃フリー」である。

私はべつに私の「オリジナリティ」を誇示するためにこのようなところに駄文を記しているのではないからである。私と「意見」を共にする人を一人でも多く増やしたいがために、このようなものを毎日せっせと書いているのである。

私の望みはできるだけ多くの人に「そんなこと当たり前じゃないか、私だって前からずっとそう思っていたよ」と言わせることであって、「そんなことを考えるのはお前だけだ」と言われるためではない。

「こういう考え方」をする人間は今のところ少数だから、それはさしあたり「ユニークな考え方」と言えるかもしれない。だが、その「ユニークな考え方」が「ユニーク」なままで終わることを私は少しも望んでいない。「ついに一人のフォロワーも得ることのなかったユニークさ」には何の価値もない。「多くのフォロワーを獲得したためにいつのまにか少しもユニークなものでなくなってしまったユニークさ」だけに価値があると私は思っている。

だから、「オリジナリティ」に値札をつける習慣にどうしてもなじむことができないのである。



2010.10.15

以前、ある女友達から「どうして迂回を書き続けるんですか?」と聞かれ、「自分と同じレベルで話せる人がひとりでも多くいてほしいから」と即答して、自分でびっくりした。そうだったのか。

|∀・).。oO(『自分が何を言いたいのかをまだ知らない人が口を開くその現場、知が生成している当の場所に立ち会うことです』)

少なくとも「個性的に生きたい」みたいなことを真顔で言ってしまうような人、補助輪にすぎないキハンを内面化したままそれが自分の考えであると勘違いしているような人、愛とは何かを知らない人、そんなのは勘弁して欲しい。だから迂回に書いてあるくらいのことはちょっとでも考えておいて欲しい。

と、そういうことなのだったということがわかった。

なんたる傲慢。
さすがとしかイイヨウがない。
自分を誇りに思う。

(・д・)ヨッ!ナリコマヤ!

(●´ω`●)ゞ


(・∀・)

テレビ朝日にて新海誠監督5作品を一挙オンエア

・1月1日 24:20~26:00「秒速5センチメートル」「星を追う子ども」
・1月2日 25:05~26:00「言の葉の庭」「雲のむこう、約束の場所」
・1月3日 21:00~23:07「君の名は。」






迂回の閉幕
今年1月頃から、「2008年4月に開設した迂回も今年4月で9年かぁ。3月くらいで終わりにしてもいいかなぁ、もう書きたいことはほぼ書き尽くした感があるもんなぁ」と思っていたが、なんとなくずるずるとここまで来てしまった。

来年3月をもって終了すれば丸10年ということになったんだけど、きっちり10年!というのも「らしくない」感じが。(途中で放り投げる、ってのが「らしい」かなと)

つーわけで、2017年12月28日をもって閉幕と。

(・∀・)

散りぬべき 時知りてこそ 世の中の 花も花なれ 人も人なれ

細川ガラシャ (辞世)

2008年4月1日に開設された『ふじぼうの迂回』
あれから9年か...

ほんとヒマな野郎だな...

なお、実質初回のエントリは「負けても主役なギャル曽根。」

懐かしいと感じる方もおられるのではないでしょうか。

(・∀・)

電王戦1局目、アマヒコ名人が負けたか...(棋譜


左右カラムのamazon表示を停止
FC2の仕様が変わってから、やたらパソコンでの表示が重くなったので、左右カラムの「Amazon推奨」表示を停止しみてた。
かなり軽くなった。(スマホで読んでる人には無関係)

ヽ(・∀・)ノ

今日、弟からLINE「ヒラリーの嫌われ度がハンパない」。ぼく「その通り」。

ヽ(・∀・)ノ

年間800杯食べるマニアが厳選!銀座・有楽町周辺のオススメ人気ラーメンBEST17

1位「銀座 篝」は鉄板っすね。1回しか食べたことないけど。


Amazonプライムビデオのおすすめ名作映画90選 まだこの映画観てないの?


食べログの有料会員になるべきたった一つの理由

100%割引クーポンってまじか…


Googleがたどりついた「効率の高いチームを作る5つの要素」とは


ずっと読み続けている「中国嫁日記」。このエントリは面白かったので一応。


The Race Weekly

<C.ルメール騎手 騎乗機会10連続連対達成>
6日(日)の東京競馬10Rでモズライジンが1着となり、同馬に騎乗のC.ルメール騎手(37歳、栗東・フリー)は、土曜の東京10RからJRA騎乗機会10連続連対を達成した。これは武豊騎手、安藤勝己元騎手、岩田康誠騎手、M.デムーロ騎手が記録した騎乗機会9連続連対を上回るJRA新記録となる。
また、12Rでペプチドウォヘッドが1着となり、C.ルメール騎手は武豊騎手に並ぶJRA最多タイ記録の1日8勝を達成した。


すげーな…

合同会社が増えている理由



通天閣。オカンとぼくと、時々、オトン。01~10
(温尻 2008.8.19)

通天閣。オカンとぼくと、時々、オトン。[01]

ぼくの個人史だ。[10]までリンクで読める。

自分で読んでも面白い。

ヽ(・∀・)ノ


Amazonアフィリエイトの収入を公開
2008年4月のブログ開設から7年の長きを経て。

毎日毎日。

7年間の血と汗の結晶。

Amazonアフィリエイト。

6,215円

え?

6,215万円じゃなくて6,215円?

1年で1,000円いかない?

ええ。

(●´ω`●)ゞ

ひどいなこれwwww


迂回、あるエントリが数万PV
下の動画の冒頭、藤田綾女流初段が視聴者からの質問「梅田望夫さんの『どうして羽生さんだけが、そんなに強いんですか?』の王座戦の観戦記が、ネット上で非常に人気があるのですが」を羽生善治に。

この「ネット上で人気がある」というのは、おそらく迂回の過去エントリ。

2011.1.22『彼にだけ見えている世界』

これ、ウプ後4年経つけど、あちこちにURLが貼り続けられていて、これまでに数万人に読まれている。

(あくまで引用部分が読まれているだけなんだけど)




リンクフリーだけど
ときどき、迂回のPV(Page View)/日が1500とかになることがあって、元リンクを見ると2ちゃんやTwitterやまとめサイトやブログでURLが引用されてる。

リンクフリーなのでいくらでもリンクしてもらっていいんだけど、それを望んでいるかというと、痛し痒しだ。

ブログを書く人は「できるだけ多くの人に読んでもらいたい」と(様々な理由から)思うんだろうけど、迂回はちょっと違う。(FacebookやTwitterやLineやgoogle+やはてなブックマークとの連携ボタンを迂回には設置していない)

ぼくのことを知ってる人はエントリの意図を汲んでくれたりするんだけど、ぼくのことを知らない人が読むと「なんだこいつは!」と思うようなこともよく書かれてて、本業に影響すると困ったことになる。
「すんごい下品なこと書いてる弁*士がいてまっせ!」などと懲戒請求とか面倒。



『迂回』開設5周年
2008年4月29日に開設された迂回。

8888=パチパチパチパチ(拍手)

あれから5年かぁ。

修■習、卒業試験、就職、仕事、英語合宿、米国西海岸留学、T*mple日本校通学、米国東海岸留学、退職、独立開業、秘書採用、修*生採用。そして5月7日で開業一周年。

おさーん、がんばってる。

何度も書くけど、人生は暇潰し、だと思う。

おもしろき こともなき世を おもしろく。



カプホ潜入に成功
最近、かなり真っ当な老舗の某物品販売店などから「貴ブログは文学や芸術に真摯に…」と相互リンク依頼がきたり、さらにネタ速的サイトから連続トラバされたりする。

うーん…。

木曜夜、ナポやTマカオUから「最近、過去の迂回の引用ばっかじゃないっすかー。アメジョはないんっすか?」と腐されて(ってかまたアメジョかよww)、「いやぁほんま今まともなエントリ書いてる時間あらへんねん」と答えたんだけど、あああ確かに過去の迂回の真っ当なエントリの引用が多くて「文学や芸術に真摯に…」だなぁと反省しきり。バカエロが全くない。ちんぽとかふぁっくとか久しく書いてない。

ま、しばらくはこんな感じでいくですよ。
修■習・仕事・留学・開業と、(図らずも)日常ネタを提供してきた迂回だけど、今がダントツ時間ないんで。

あ、そうそう、カプホ潜入に成功してシャワー500円行ってきたですよ。
こないだ間違えて入ってしまったネットカフェの1000円シャワーに比べると、価値は1/4くらいでビミョーなところ。

(・д・)ビミョー


迂回、4年目に突入
2008年4月1日(実務修習の後半)に開設された「ふじぼうの迂回」が4年目に突入。

(・д・)ヒィハァー!

開設月以外はずっと毎日(予約)更新をしてきた。とんでもなくヒマなブログ主だ。


さて、もともと引用の多い迂回が、最近は過去の迂回からも引用(温尻=温故知新シリーズ)している。

同年6月、ぼくはこう書いている。

当ブログは引用が多い。
我々の意識(顕在・潜在を問わず)は、どう少なく見積もっても99%以上が「他人の思考」および「他人の言葉」で構成されている。「自分の思考」なんて頑張って1%あるかどうかだ。それで全然構わない。1%も持ってれば、それだけで食べていける。
引用は当然だ。


過去の迂回は「他人の思考/他人の言葉」だ。

ほんとほんと。

面白いからヨシとしよう。

今はちょっと他にやるべきことがあるです。

東浩紀『一般意志2.0/ルソー、フロイト、グーグル』、内田樹『他者と死者/ラカンによるレヴィナス』を、これは読んどかんとイカンやろ…、と思いつつしかし泣く泣く封印したのです。

(´ー`)y-~~

まあ、ないっす
突然だけど、もしかすると「え?このエントリって、明言はしてないものの、俺/私に対して書かれてる??」と思うことがあるかもしれない。実際にそう言われたことも結構ある。

勘違いです。

迂回を読んでる人に向けて、明示的に名指し(ってかイニシャル指しww)で冗談で書くことはあっても、非難めいたことを黙示的に含みを持たせるなんてことはナイと思ってもらっていい。そういうのは絶対に黙示的には書かない。(たいてい本人に直接言う)

むしろ「あいつが迂回を読んでるから、これを書くと自分に向けて書かれたと勘違いされかねない、書けないな…」と思うことのほうが多い。(もうこれ以上は読者を増やさなくていいや…と思う原因の一つでもある)

自らネットで情報発信してみると分かるだろうけど、そういうもん。

「くっそー、あのこと、むかつくなー。あいつ、迂回読んでないから、一般化して書いちゃえww」はある。
うん、よくあるww 
読んでないと分かってるから書ける。
読んでると分かってる人に向けて含みを持たせて非難するなんてのは、ない。



菩薩
迂回に登場するようなbitchってどこに存在するのか?と問われることがある。

ふじぼうが迂回を書き始めたのは2008年4月だけど、それ以前に実物のふじぼうに出会っていながら、ヤツが迂回に書いているようなことを考えたり、本を読んだり、スポーツや将棋や金融が好きだったり、そういった全ての面を知っていた人が、もしもそれほど多くはなかったとしたら、それはつまり、ヤツと現実に出会っていたにもかかわらずそういった様々な面に反応できなかった、引き出せなかったということで、それと同じようにあたかも民衆の中に生きる菩薩のようにbitchは存在するのだけれどその発見はひとえに男たちがそのbitch面に反応したりbitch資質を引き出したりできるほどの器や面を持ち合わせているかどうかにかかっていると言えやしまいか。

余談1。
迂回を読んで「あれくらいは書けて当然だと思ってた」と言ってのけたのは、JTとTOだけだ。
ある人は「え?本なんて読むの?」、ある人は「え?スポーツ好きなの?」など、反応はいろいろだったが、ぼくと現実に出会っていながら何たる醜態。自分の底の浅さを、面の少なさを、器の小ささを、視力の弱さを、心から恥じられよ。

m9(^Д^)

余談2。
男子三日会わざれば刮目して見よ。迂回初期のふじぼうと現在のふじぼうは、もはや同じ人間ではない。全てが変化したのではないが、しかし、一部は明らかに同じではない。

ヽ(゚∀゚)ノ

余談3。
それは、毛髪のことではない。断じて。


毎日更新していること、そこだけは立派、と立て続けに言われた。

(・д・)ソコダケテ…

しかしたしかになんでこんなに書き続けているんだろうといまでも思うことがある。

(・д・)ホトンドインヨウノクセニ…

でも、わかった。
以前、あるbitchから「どうして迂回を書き続けるんですか?」と聞かれ、「自分と同じレベルで話せる人がひとりでも多くいてほしいから」と即答して、自分でびっくりした。そうだったのか。

|∀・).。oO(『自分が何を言いたいのかをまだ知らない人が口を開くその現場、知が生成している当の場所に立ち会うことです』)

少なくとも「個性的に生きたい」みたいなことを真顔で言ってしまうような人、補助輪にすぎないキハンを内面化したままそれが自分の考えであると勘違いしているような人、愛とは何かを知らない人、そんなのは勘弁して欲しい。だから迂回に書いてあるくらいのことはちょっとでも考えておいて欲しい。

と、そういうことなのだったということがわかった。

なんたる傲慢。
さすがとしかイイヨウがない。
自分を誇りに思う。

(・д・)ヨッ!ナリコマヤ!

(●´ω`●)ゞ

fly the bird


Appendix

プロフィール

ふじぼう

ふじぼう 自己紹介

月別アーカイブ

ブログ内検索

Extra

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。