FC2ブログ
AX

Entries

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「それは、これまでやってきたことと違うルールがここにはある、という混乱でした。」
(温尻 2010.10.28)

桐野夏生『グロテスク』
(※「Q女子校」=「慶應女子」)

私も和恵も、高校から入学試験に合格して入学しました。ご存じのように、Q女子校は偏差値の高い難関校とされていますから、和恵もさぞかし区立中学では勉強ができたのでしょうね。和恵は小学校のときからQ女子校に目標をQ女子高に定め、そのために勉強に励んできたのだと言ってました。Q学園は初等部から大学までエスカレーター式に進学できます。初等部は男女共学でほんの八十人ほど。中等部からはその倍の生徒を入れます。高校からは男女別学となって、さらにその倍の生徒を取ります。Q学園は誰もが入れるわけではありません。だから、いつの間にか、生徒たちの心に選民意識が培養されていきます。その意識は、入学が早ければ早いほど、大きくなっていくのです。それが分かっているからこそ、お金持ちはこぞって自分の子供を初等部から入れたがると聞きました。祖父と暮らし始めた頃、わたしは憧れのQ女子高での高校生活を夢見て、あれこれと想像を膨らませていました。クラブ活動とか友達のこととか。ところが、現実は、わたしの夢などいとも簡単に砕くものだったのです。それは何かと言いますと、生徒間の差別でした。誰とでも友達になれるわけではなく、クラブ活動にも格付けがあり、主流と傍流がはっきりしている社会だったのです。そのおおもとになっているものは、選民意識でした。

入学式の日のことです。式場となっている講堂で、わたしは、唖然として立ち竦んでしまいまった生徒が大勢いたのを覚えています。高校一年の生徒がきれいにまっぷたつに分かれていたからです。内部からの生徒と外部からの生徒の差は一目瞭然でした。それは、制服のスカート丈の違いだったのです。わたしたち外部から受験して入った生徒は、規則通り、全員が膝小僧を隠すか隠さないかの丈。ところが、半分を占める初等部、中等部組は、皆が皆、太股を剥き出しにしたミニ丈だったのです。それも今流行っているような危ういほどの短さではなく、品の良い紺のハイソックスにぴったり合う程度の、ちょうどいい丈でした。長い細い脚に栗色の髪。耳許にきらっと光る小さな金のピアス。髪を飾るアクセサリーも持ち物もセンスがよくて、彼女たちはわたしが身近で見たこともないブランド品で装っていました。その垢抜けた様子に、新入生は圧倒されてしまったのです。Q女子高の制服を着たい一心で猛勉強をして入って来る生徒だっていたと思います。なのに、せっかく努力して入った学校で、これほど歴然とした差を目の当たりにしては、新入生は呆然としてしまいます。差というのは、ちょっとやそっとの時間では埋まらないものでした。差や裕福さのインフラといいますか、基盤が違うのだとしか言いようのないことだと思いました。じっくりと何代か経て貯められた豊饒さといいましょうか。長い時間をかけて遺伝子に組み込まれた美や裕福さなのです。付け焼き刃は通用しない世界でした。だから新入生はひと目でわかってしまうのです。長いスカート丈にショートカットにしたまっ黒な艶のない髪。いかにもガリ勉風に分厚い眼鏡を掛けた子も多くいました。無論、高い授業料が払えるのですから、それなりに裕福な家の子供が多かったのだとは思いますが、内部性と比べると、明らかに磨き方が違う。ひと言で言うのなら、外部生はださかったのです。「ださい」。Q女子高ではこの言葉が命運を分けていました。
「でも、ださいじゃん」
こう断定された生徒は、勉強ができても、スポーツができても、もう取り返せないのです。高校から入った外部の生徒は皆必死にださく見えないようにしよう、内部生に溶け込もうとしたのです。

入学式が始まりました。わたしたち外部から来た生徒が緊張しているのに比べ、下から上がって来た生徒たちは聞いている振りをしながら、ガムを噛んだり、小さな声で囁き合ったり、不真面目な様子なのです。その間、彼女たちはわたしたちの方を一瞥もしないです。逆に外部の生徒の方は、その様子を見て、次第に緊張が高まってきていました。これからの高校生活の困難を思ったのです。だんだんと顔色が沈んで暗くなっていました。それは、これまでやってきたことと違うルールがここにはある、という混乱でした。わたしの言ったことが、大げさだとお思いなのですね。それは間違っていらっしゃいます。女の子にとって、外見は他人をかなり圧倒できることなのですよ。どんなに頭が良かろうと、才能があろうと、そんなものは目に見えやしません。外見が優れている女の子には、頭脳や才能など絶対に敵いっこないのです。


東京の東端に位置するP区の福祉部保育課で保育園の入園希望者の調査の仕事のアルバイトをしている39歳の主人公の独白が、いったい誰に向けて語られているのかも明らかにされないまま延々と続く、“Q学園”とされる慶應女子の内部進学組と外部組の差別的階級社会の中で、同じスイス人の父と日本人の母を持ちながら他を圧倒する美貌を与えられた妹の怪物ユリコと、ただ真面目なだけで努力は常に報われる報われなければならないと信じる友人の和恵が壊れていく過程を、しかしほんとは主人公が壊れているのかもしれず、そう、つまりこれは東電OL殺人事件をモチーフにした小説なんだけど、怖い!面白い!怖い!

グロテスク〈上〉 (文春文庫)
桐野 夏生
文藝春秋
売り上げランキング: 11,271


スポンサーサイト


漫画・アニメの背景デジタル処理について
背景について、漫画で実画像、アニメで実動画をデジタル処理することが当たり前のようになってきているけど、もちろんコストを考えたら当然のことなんだけど、あまりに露骨で違和感があることが多く、「もうちょっと上手にやって欲しいなぁ」と。

羽海野チカの矜持(「イノセンスを待ちながら」@2016.5.24)を…

パトレイバーの1と2をくり返しみながら
私の心に残ったのは
しつような程に
描き込まれた
背景(街の姿)です

そして次に
その目がまわる程
くり返し描き込まれた
日常の風景の中から
浮かび上がってきたのが
心の内を語らない
登場人物の姿でした


(・∀・)

『逃げ恥』(計37冠)大みそか朝から元日にかけ全11話放送



羽生善治、史上初の「永世七冠」
もう「凄い」の一言に尽きる。

1冠になったときは「うぅぅ...」と思ってたけど、これでタイトル99期か。
数年内に新棋戦の「叡王」も獲って全8冠制覇しちゃったりしたら面白い。













角田光代『坂の途中の家』
角田光代の『八日目の蝉』は映画、『紙の月』はテレビドラマでそれぞれ観ただけで、小説は読んだことなかったんだけど、こないだ『坂の途中の家』を読んだ。

要約してしまえば育児ノイローゼについて描かれているんだけど、それがよくある「会社に勤めていたのに突然母親となって乳児と二人っきりで精神的に…」みたいなのではなく、「育児はこうあるべきだ。誰だってできたんだからあなたにもできて当然だ」という呪縛がどれほど強力なのかを、そしてその呪縛が主人公の実母、夫、義母、周囲の人間、社会などそれぞれの異なる種類のものであるのが本作品の特徴といえるだろうか。

呪縛、つまり他者の規範の内面化。

ふむ。

あと、「愛」についても主人公の鋭い考察が披露されているんだけど、これは2010.1.16『女の成長を妨げる愛し方』を読めば分かるように、「支配・所有・管理」が愛だと勘違いしているかそうでないかの違いで。

坂の途中の家
坂の途中の家
posted with amazlet at 17.12.04
角田光代
朝日新聞出版 (2016-01-07)
売り上げランキング: 71,511




映画『イキガミ』
前田有一は90点という高い評価を与えている。

監督はこうしたディテールを積み重ねることで、粗悪な実写SF映画にありがちな非現実感、バカらしさのようなものを払拭。観客が人間ドラマに集中できる土台を作り上げた。このジャンルにおいては、相当な腕の良さだ。「デスノート」の映画版は、彼のような才能にこそ任せてみたかった。


まあ確かに原作漫画よりも面白いと言えるけれど、物語の設定がユニークであることからすると、映画はもう一工夫あってしかるべきだったのではないかと思う。
(安いヒューマニズムに流れちゃってるような…)

[wiki]

「国家繁栄維持法」。この法律は国民に「生命の価値」を再認識させることで国を豊かにすることを目的とし、その手段として若者たちを対象にしたある通知を出している。その通知とは通称「逝紙(イキガミ)」と呼ばれる死亡予告証である。1000分の1の確率で選ばれた者は、紙を貰ってから24時間後には死んでしまう。



イキガミ
イキガミ
posted with amazlet at 17.11.21
(2017-06-23)
売り上げランキング: 105,043


イキガミ(1) (ヤングサンデーコミックス)
小学館 (2012-09-25)
売り上げランキング: 64,697



映画『二重生活』、そして門脇麦
原作は小池真理子の小説で、監督は岸善幸。

門脇麦(主演)、長谷川博己、菅田将暉、リリー・フランキー。

映画『愛の渦』(2017.4.21)ほど激しくはないけれど、冒頭と途中に門脇麦のファックシーンがある。うんうん。

「私は空っぽ」

あー、まあ、空っぽじゃない人は存在しないから…

(・∀・)

それにしても門脇麦は素晴らしい。あの「目」。
だからWOWOWドラマ『翳りゆく夏』(2017.4.20)をまた観てしまった。
いいわー。

(・∀・)

来年2月公開予定の『サニー/32』、めちゃ楽しみ。
・監督:白石和彌(映画『凶悪』[2016.12.9])
・出演:北原里英、ピエール瀧、リリー・フランキー、門脇麦

二重生活
二重生活
posted with amazlet at 17.11.21
(2017-03-01)
売り上げランキング: 90,359


愛の渦
愛の渦
posted with amazlet at 17.11.21
(2014-11-09)
売り上げランキング: 24,993






映画『SCOOP!』
めっちゃ面白かった。
福山雅治と二階堂ふみの関係性が最高。
リリー・フランキーはまた怖いし...

監督は大根仁。『モテキ』や『バクマン。』の監督。


SCOOP!
SCOOP!
posted with amazlet at 17.11.20
(2017-03-29)
売り上げランキング: 17,593




『ヒカルの碁』(全23巻)
読むの何度目か分からないけど、囲碁がまったく分からないぼくでも、ある対局シーンでは全身にぞわーっと鳥肌が立ち、あるシーンでは涙が止まらない。

あの『ピアノの森』レベル、と言えば分かりやすいだろうか。
(ただ、『ピアノの森』の数十倍「ぐおーー、続編を!続編をたのんます!!」渇望が大きい…)

原作:ほったゆみ、作画は『DEATH NOTE』『バクマン。』『All You Need Is Kill』の小畑健。

累計発行部数 2500万部
2000年 第45回小学館漫画賞
2003年 第7回手塚治虫文化賞新生賞

ほんと凄い漫画だ。

ヒカルの碁 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)
集英社 (2012-11-16)
売り上げランキング: 8,037

ヒカルの碁 23 (ジャンプコミックスDIGITAL)
集英社 (2012-11-16)
売り上げランキング: 7,589



谷川が羽生について「彼にだけ見えている世界がある」とまで言うのか。
(温尻 2011.1.22)
※迂回で最も閲覧回数が多いエントリ。あちこちで貼られてて数万人が。(ただの引用エントリだけど)

(・∀・)

『シリコンバレーから将棋を観る―羽生善治と現代』の続編と位置付けてよいだろう『どうして羽生さんだけが、そんなに強いんですか?―現代将棋と進化の物語』を読み、梅田望夫はこのまま観戦記者になってくれないかな…と祈らずにおれない。

読んでて幸せになる。それは『ウェブ進化論』を読んでるときに感じる幸せとはまた異質のもので、ゆたーりした感じの。

第57期王座戦第二局、羽生 vs 山崎。

午後九時ちょうど、羽生▲3四歩に対する次の一手を考慮中に、山崎は持ち時間を使い切ったことを記録係から告げられ、悲しそうに「はい」と答えた。

それから9手進んだ局面で、羽生23分の考慮で▲7一角と飛車取りに角を打った(局後の感想によれば、羽生はこの局面はまだ形勢不明と考え、将棋がまだまだ長く続くものと思っていた)。しかし将棋はこの10分後にあわただしく終わってしまったのだ。山崎の投了の意思表示に対して、羽生は身体をびくんと震わせ、

「おっ」

と声を上げた。突然の投了に心から驚いている様子だ。そしてすぐ山崎に向かって、この将棋は難解なまままだまだ続くはずであったろう、そして自分のほうの形勢が少し悪かったという意味のことを、かなり強い口調で指摘した。山崎もすぐさま言葉を返したが、羽生の口調と表情は厳しいままだった。

数分後に関係者が大挙して入室してきたときには、穏やかないつもの羽生に戻っていたが、盤側で一部始終を観ていた私は、終局直後の羽生のあまりの険しさに圧倒される思いだった。

***

対局から一年後、私は山崎と話す機会を得た。「羽生さんと王座戦で戦って、どんな印象をお持ちになられましたか」とまず尋ねた。

「怖いんですよ。羽生さんと会うとき、今でもやっぱり多少怖いという印象がありますね。なんか、底を見透かされているような気がして、恐怖心がまだぜんぜん拭えないですね。王座戦で戦ってみて、やっぱり底を見切られているな、と感じて。人としての底を。」

その後、私は話を勝負がついた瞬間に移した。それほどあの羽生の終局直後の険しさが印象的だったのだ。

「羽生さん、怒ってましたよね。せっかく楽しくなってきたところなのになんだよって感じで。投げんなよってことなんでしょうけど。あれ、むかつきますよ、勝ってんのに。」

私は爆笑してしまった。

「いや、むかつくっていうんじゃないですね。すごいショックなんですよ。羽生さんは、僕に勝ったあと、いつもああいう感じの態度を出されるんですよ。すごい残念そうにするんですよ。(略)それで僕との将棋は楽しいのに、最後まで楽しめない、みたいな。終盤力に差があるから。それで終局のときに、大好きなおもちゃを取り上げられたみたいな感じになって…。でも、いつもそれを態度に出すのはどうかと思うんですけど! いつもいつも。あからさまに。」

自分が創造的な序盤を展開するから羽生は自分との勝負を絶対に楽しいと思っているはずだという自負、そしてその楽しい将棋をぶち壊しにしてしまったのは自分の終盤力のなさだという自覚、でもそれをいつもあからさまに態度で示されてしまう屈辱、そんな気持ちが複雑に交じり合い、じつに味わい深い言葉が山崎から紡がれた。山崎には本当に「華」がある。私はおかしくて、また笑ってしまった。


山崎は今後の将棋界を背負って立つ棋士で、ぼくもNHK将棋では山崎の将棋は早送りせずに観る。美しい顔に美しい指、独創的な序盤の構想。
羽生が山崎に対して見せる怒りは、安馬(現大関・日馬富士)が豪栄道を土俵に叩きつけたときのと全く同じものだ。


谷川浩司は、『将棋世界09年11月号』で、羽生についてこう述べた。

「感心するのは最近の彼の発言の内容の深さである。9月号のインタビュー。何度も繰り返し繰り返し読まれた方が多いと思う。ときには数学者、科学者、そして哲学者の言葉のようでもあった。彼にだけ見えている世界がある、という現実に軽い衝撃を受けた」

谷川が羽生について「彼にだけ見えている世界がある」とまで言うのか。読者である私のほうこそ、これを読んで「軽い衝撃」を受けた。ライバルに対し公にこうした文章を発表するほどに、谷川は羽生の現在の境地に対し、畏敬と驚嘆の念を抱いているのだ。


もぉね、(・д・)イイ!!

『シリコンバレーから将棋を観る―羽生善治と現代』と『どうして羽生さんだけが、そんなに強いんですか?―現代将棋と進化の物語』の2冊を再編集し、羽生善治との最新対談を収録した完全版が下の『羽生善治と現代 - だれにも見えない未来をつくる』。

羽生善治と現代 - だれにも見えない未来をつくる (中公文庫)
中央公論新社 (2013-04-26)
売り上げランキング: 115,653





映画『オートマタ』
Amazonレビュー評価が高かったし、アントニオ・バンデラスが主演なので観た。
こないだの『エクス・マキナ』もそうなんだけど、どうして人工知能(AI)の物語はここまで陳腐なものになってしまうのだろうか…

現実の方が遙かに先行してしまっているということもあるんだろうけど、なんだかもう全て予想できてしまって、うーん…

オートマタ(字幕版)
オートマタ(字幕版)
posted with amazlet at 17.10.26
(2016-07-20)
売り上げランキング: 13,293



バレエ団は民主主義じゃない! 俺の独裁だ!
バレエの海外ドラマ『フレッシュ・アンド・ボーン』。

ニューヨークの大手バレエ団の物語なのに、バレエシーンがあまりなくて、裏の物語がメインで、うーん、まあ、悪くはないんだけど、なんでそこまでオッパイを出すのか…

あのダーレン・アロノフスキー監督『ブラック・スワン』との共通点は、プリマ(エトワール)のオナヌー場面、これに尽きる(尽きるのか本当に)。

それにしても、肉のついたバレエダンサー(一般人としてはガリガリ部類だけど)ほど醜いものはないなと確認。

美しいほどにゲスすぎる!バレエドラマ『フレッシュ・アンド・ボーン』がヤバすぎ








金田一蓮十郎『ライアー×ライアー』(全10巻)
金田一蓮十郎(女性)の漫画『ニコイチ』(全10巻)も面白いんだけど、その次の作品『ライアー×ライアー』は(『ニコイチ』の物語の一部を利用しつつ)、「言葉の使い方がめっちゃうまい」漫画だ。深爪さんレベルか。

物語の展開もキッチリ予想通り、かつ、誠実に裏切ってくれる。

いい。

ライアー×ライアー(1) (デザートコミックス)
講談社 (2012-10-17)
売り上げランキング: 21,628



不幸な死体を苛立たせるな
(温尻 2011.1.23)

詩集『活発な暗闇』。江國香織の書いた詩ではなく、江國が選んだ詩選集。
いちばん痺れたのがアルフレッド・テニスン(1809/8/6 - 1892/10/6)の『来るんじゃない 私が死んだならば』(訳:江國香織)。


来るんじゃない 私が死んだならば

お前のおろかな涙など 私の墓にこぼしてくれるな

私の頭上をずかずかと歩いてくれるな

不幸な死体を苛立たせるな お前にできることはない

風がむせび泣くにまかせよ 鳥がなくにまかせよ

しかしお前 お前は去れ


子供よ それがもしお前のしでかしたあやまちでも罪でも

私は気にしない 祝福もなしだ

お前の望む者と添うがいい 私はすべてに倦んでいる

そして休息が欲しい


行くがいい 心弱き者 私をそこに放っておいてくれ

去れ 去るのだ





東村アキコ『かくかくしかじか』再読
やっぱ凄いわ、この漫画。
深いところにそっと触られるような作品。


※2016.3.22東村アキコ『かくかくしかじか』、『東京タラレバ娘』

※2017.1.14東村アキコ『主に泣いてます』(全10巻)

かくかくしかじか 1
かくかくしかじか 1
posted with amazlet at 17.09.26
東村 アキコ
集英社
売り上げランキング: 50,563



『ブラック・ジャック創作秘話~手塚治虫の仕事場から~』(原作:宮崎克、漫画:吉本浩二/全5巻)
「このマンガがすごい!」2012年オトコ編1位

手塚治虫は「性格が穏やかなスティーブ・ジョブズ」みたいな、周りに迷惑かけまくりだけど絶対に仕事で妥協しない人。仕事1日20時間×365日×40年を疾走したら、そりゃ60歳で亡くなるわなと…





Appendix

プロフィール

ふじぼう

ふじぼう 自己紹介

月別アーカイブ

ブログ内検索

Extra

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。