FC2ブログ
AX

Entries

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「人間は人間の中になどない」
保坂和志『小説、世界の奏でる音楽』をまだ読んでいる。ゆっくりゆっくり。


小説は小説家によって書かれるものだが、小説家の何によって書かれるのか?
意志?意図?自我?事前のプラン?
そこにとどまっているかぎり、小説が独自の運動を獲得することはない。

では夢はどうなっているのか?
夢を意図してみる人はいない。夢は本人の意図しないところで勝手な話を作る。夢の内容についていろいろな解釈をすることはできるけれど、夢には必ず解釈しきれない要素が残る。
小説は夢ではないけれど、すべてを解釈しきれないという意味では夢と共通する性格を持っている。

ラカンは、セミネールのシリーズ第二巻『フロイト理論と精神分析技法における自我』の中でこう語っている。

▼患者を理解しないようによくよく注意しなければなりません。患者は頭も尻尾もないことをしゃべりますが、私にそのようなことを報告しながら、「彼が言いたかったことがこれだということが解りました。」と言うひとがいます。これは、その前に立ち止まらなくてはならない理解できないものを、たんに知性という名のもとに巧みに避けているに過ぎません。▲

小説は小説家の意図や自我によって書かれるのではない。
セミネールからこれに関係している箇所を抜粋する。

▼無意識は、人間が自らを「自分」と認める根拠になる確信の範囲をはるかに超えています。▲

▼「私」とは一個の他者だ。▲

▼主体は固体と同じではない。▲

▼フロイトはこう言っています。主体というものは、彼の知性ではなく、知性と同じ軸の上にあるものでもなく、中心を外れている。▲

▼主体は固体に対して中心を外れている。これが「私とは一個の他者だ」という言葉の言わんとするところです。▲

▼主体の軸となる現実はその自我の中にはありません。▲

▼無意識とは、自我の知らない、自我によって無視された主体です。これが、フロイトが「我々の存在の核」と書いたものです。▲

▼自我は「私」とは別のもの、主体の経験の内部における特異な一対象です。▲

▼フロイトが発見したことは、人間は人間の中になどない、ということです。▲

セミネールでは「フロイトはこう言っている」と何度も何度も出てくるが、それが象徴界に生きる人間としてのラカンの考えでもある。そのラカンを引用するこの文章もまた書いている私の考えでもあるわけなのだが、じつは私はこの本を4年くらい前に一度読んでいる。付箋をぺたぺた貼って、線をいっぱい引いてあるから読んだことは間違いないのだが、そして読んだという記憶もはっきりあるのだが、内容を私はほとんど完全に忘れていると思っていた。

しかしこうして並べた引用箇所を読むと、私の私観は自我観や人間観は基本的にこの本によって作られているのではないかと思いたくなる。きっと、自分がしゃべっている言葉の出処を忘れているかぎりにおいて、その言葉は自分の言葉ということなのだろう。


読者のみなさん、来年もよいお年を♪

ふじぼう (´ー)y-~~

スポンサーサイト


「3つの袋」
今年もかみさんがおせち料理をつくっている。
かみさんの料理はおせちに限らずどれもこれも絶品だ。
結婚披露宴の祝辞や挨拶の定番「3つの袋」というのは至言だと思わざるを得ない。

※いま「3つの袋」でググると、どうやら
『お袋』『胃袋』『堪忍袋』
『給料袋』『胃袋』『堪忍袋』
のいずれからしいが、ぼくはずっと
『給料袋』『胃袋』『金玉袋』
だと真面目に思っていた‥
披露宴の祝辞や挨拶なんてまったく聞かずに友達とバカ話をしてることが多いから‥


「ねえ、お昼12時までなら○○が208円のところ168円らしいの。4つ買ってきてくれない?」

「ええで~。腹回りがマズーいことになってるから走って行ってくるわ」

スーパーのポイントカードとチラシを渡される。
10分ほど走る。
11:50スーパーに着く。
○○を4つ掴む。
11:55レジに並ぶ。
レジのおばちゃんが208円と打ち込む。表示に832円と出る。

「あれ?おばちゃん、ほらこのチラシ見てーな。お昼までやったら168円やで」

「あら、ほんと。すいません、ちょっと待ってください」と社員を呼ぶ。

ぼくは「しょーがねーなー、ちゃんと把握してろやゴルァ」と不満顔。
呼ばれた社員はチラシを一目見て、冷たく一言。

「隣のスーパーですね」

( ̄□ ̄;)!!!

レジには大勢の客が並んでいる。視線が突き刺さる。
レジのおばちゃんはさきほどまでの申し訳なさそうな態度とうってかわって尊大な態度。
「で、どうします?買います?」

「か、か、かいます、すいませんすいません、かいますかいます」

猛ダッシュで自宅まで走り、ドアを開けて、涙目になりながら妻に言う。

「てめえ!図りやがったな!」

「どしたの?」

「チラシ、スーパー××のやんけ!」

「え‥?」

かみさん、ぼくがついさきほど経験した窮状を一瞬でイメージし、腹をかかえて笑いころげる。

「なんだこの年末総決算の壮大ないじめは!!おれ、めちゃ恥ずかしかってんど!!!」

「あはははははははは!!!!!いやー、意図せず、今年一年の恨みを晴らしてやった!!」

「てめえ‥」

「いやー、またいいネタができたわ~」

「てめ‥」

日常の一コマ。


3つの袋から『堪忍袋』というのはどうやら外せないようだ。

(´-ω-)



「このマンガがすごい!2009」
ランキング発表
「このマンガがすごい!」2008年度版が12月5日発売。

▼オトコ編
1 聖☆おにいさん 中村光
2 宇宙兄弟 小山宙哉
3 GIANT KILLING 綱本将也(作)/ツジトモ(画)
4 3月のライオン 羽海野チカ
5 深夜食堂 安倍夜郎
6 きのう何食べた? よしながふみ
7 アオイホノオ 島本和彦
8 よつばと! あずまきよひこ
9 俺はまだ本気出してないだけ
10 ファンタジウム 杉本亜未

▼オンナ編
1 坂道のアポロン 小玉ユキ
2 駅から5分 くらもちふさこ
3 ちはやふる 末次由紀
4 君に届け 椎名軽穂
5 町でうわさの天狗の子
6 雨無村役場産業課兼観光係 岩本ナオ
7 ラウンダバウト 渡辺ペコ
8 夏目友人帳 緑川ゆき
9 結婚しなくていいですか。すーちゃんの明日 益田ミリ
10 少女漫画 松田奈緒子


あの『ハチミツとクローバー』を描いた羽海野チカの将棋漫画『3月のライオン』が「オトコ編」で4位に登場。

しかし「オンナ編」2位のくらもちふさこって‥
『いつもポケットにショパン』が1980年ですよ‥
『いろはにこんぺいと』が1982年で、『東京のカサノバ』が1983年‥
松任谷由実や中島みゆきぐらい息が長いということですか‥


人気ブログranking ←ポチっと。


年末のアルコール摂取時間
19日(金)21:00~26:00(5h)
20日(土)18:00~23:30(5.5h)
21日(日)19:00~25:00(6h)
22日(月)22:00~28:00(6h)
23日(火)11:00~14:00(3h)

27日(土)16:30~23:00(6.5h)
28日(日)19:30~27:30(8h)
30日(火)19:00~23:30(4.5h)

( ´⊿`)y-~~

いったい何人と飲んだのだろう。
ところどころ記憶もトンでる‥
体重が‥腹回りが‥頬が‥

しかし今日、以前オキアリサンジで作った眼鏡を手にして意気揚々♪

~~t( ^o^)。o 0




コピ新
11 名無し

オレオレ詐欺みたいな電話がかかってきました。
何故か俺の名前を知っていて、車で事故ったから200万振り込めという内容だったそうです。
親父が電話にでて結構信じてたみたいです。
本物の俺は30歳の無職なんで2階でネットしてたわけですがw
言葉はかなり巧みです。マジで気を付けてください。

31名無し
>>11
2階にいるのが自分の息子だと信じたくなかったんだろうな

***

310 名無し

ある日のこと、宇宙人のカップルが田舎の農家に降り立った。
正面の玄関にいき、ドアをノックした。
農家がドアをあけると、宇宙人のカップルは自己紹介をした。
朝には地球を離れなくてはならないから、その前に地球人とセックスをしたいのだという。
農夫とその妻は話し合い、そして決めた。
「そうだ、一度きりの人生じゃないか」

宇宙人女は農夫とともに納屋へ、宇宙人男は農夫の妻とともに2階へ向かった。
2人が2階に到着すると、宇宙人男は宇宙服を脱ぎ、素っ裸となった。
「ドウダ?」宇宙人は訊いた。「ドウオモウカ?」
彼女は宇宙人を見て、こう言った。「ちょっと短いわねえ」
宇宙人は「ミテロ」と言うと、左耳を引っぱりはじめた。
すると、アソコはみるみる長くなった。
「ドウ?」宇宙人は訊いた。
妻は言った。「でも、まだちょっと細いわ」
すると、宇宙人は右耳を引っぱりはじめた。
妻は驚きの表情を浮かべた。
宇宙人のアソコが、みるみるでかくなっていくのである。

翌朝、宇宙人が去ったあと、農夫とその妻は朝食をとりながら、お互いの宇宙人との体験を語り合った。
夫が訊いた。「どんなんだった?」
妻は言った。「サイコーだったわ。あなたのほうはどうだった?」
「うん」
夫は答えた。
「まあ良かったんだけどさ。でも、宇宙人の女は、一晩中オレの両耳を引っ張り続けてたんだよ」


コピペ新聞


Love Scene
いずれも素晴らしいLove Sceneだ。Youtube。

<Out Of Sight>

<MEET JOE BLACK/ジョー・ブラックをよろしく>




コピ新
555 名無し
マンションで火事が起こり、女性と赤ん坊がベランダに取り残された。
「赤ん坊だけでも下に落としてキャッチさせろ」という声が飛んだが、当然女性は躊躇した。
そこにラグビー選手が現れ、「大丈夫だ。俺なら確実にキャッチしてみせる」と言ったので、女性は意を決して赤ん坊を落とした。
選手は見事キャッチし、そのまま50ヤード走り、赤ん坊を地面に叩きつけた。

***

557 名無し
若い兄ちゃんが携帯をいじっていた。
隣にばあちゃんがいて、ばあちゃんは「医療機器使ってるから電源切ってください」と言った。
その男は「来たメールを読んでるだけだから」と言って、いじるのを止めない。
隣のリーマンが「今は読んでるだけでも読んでるうちにメールが来るかもしれないだろ。切りなさい」と言った。
兄ちゃん、怒り狂った口調で「ああ?!!」
逆切れだ!リーマンやばいぞ!(兄ちゃんはかなりいいガタイ)
見てる人が皆そう思ったとき、兄ちゃんは携帯をリーマンに突きつけながら言った。

「見ろよ!俺に来た最後のメールは4ヶ月前だ!それ以来誰も送ってこないんだよ!今更誰が送って来るんだよ!!俺から送る相手もいないんだよ!!!」

みんな黙り込んだ。
しかしその中に一人だけ、無愛想な顔をして彼に近付く若い女がいた。
彼女は男から携帯を奪い取ると何か操作をして、再度男に突き返した。
男が呆然としていると、女は自分の携帯をいじり始めた。
しばらくして、男の携帯が鳴った。
男は目を見開いてぱちぱちさせながら携帯を見た。
もうね、多分みんな心の中で泣いてた。男も泣いてた。
世界は愛によって回っているんだと実感した。
ばあちゃんは死んだ。


コピペ新聞


コピ新
357 名無し

昨日、某レンタルCD屋に行ってきたんだが、レンタル割引の期間だった訳よ。
女性店員に話を聞くと、携帯ホームページに登録してリンク先にあるクーポンをレジで見せたらいいですよって微笑みながら説明してくれたの。
その笑顔がむちゃくちゃ可愛くて、もっとこの子と話したい!って思ったのね。
んで、「登録の仕方がわからないんですけど…」って言ったら、「じゃあ、私がやってあげますね♪」ってまた笑ってくれたんだよ。もう俺フルボッキ寸前。
それで女性店員に携帯渡して俺が横から覗きこむ形で話を進めていったんだけど、文字入力画面でま行を押した時に予測の一番上の段に「マンコ」って出たのよ。
その時、女性店員の笑顔が一瞬で消え去って、俺と女性店員の時間だけが止まったの。
あれはいったい何だったんだろうなぁ。

***

788 名無し

ある結婚相談所を経営されてる方と話をしたときに聞いた話。

男性が女性の年齢を重視するのは、女性が男性の年収を気にするのと一緒だと。
気にしない人もいるけど、ほとんどの人が気になるんだそう。
で、女性の年齢は男性の年収に置き換えられるそうです。
まず30歳が500万円。
ここから1歳増えるたびに50万引きます。
逆に1歳下がると50万上がる。
つまり28歳なら600万、24歳なら800万の年収の男性に匹敵するということ。
逆に32歳なら400万、34歳なら300万の年収と同じだそう。

年収300万の男性に対する女性側の躊躇と、34歳の女性に対する男性側の躊躇は、笑っちゃうくらいそっくりだそうです。



60分は十分な時間
吉本ば*な原作の映画『キッ*ン』でデビューした、世界的ファッションモデルのK。

あれはまだKがモデルとして世界的な活躍をみせる前だったが、彼女の部屋に入ったことがある。

同意なく一人で侵入したのではない。
同意のもと二人っきりで入ったのだ。

時間にして約60分。
十分な時間だろう。

ぼくとKの実兄とが語り合うには。

( ´_ゝ`)

余談。
どうして『キッ*ン』のように伏字を使うのか。
それは、検索でひっかかりたくないから。
従来からの『迂回』読者であれば面白おかしくコピペして巨大掲示板に貼ったりしないが、検索エンジンで辿り着く人の中にはイカレた人間もいないことないだろうから。



『迂回』読者の修習同期、1月に飲むぞ。
今日は仕事納め!
ではなくてまだ年内の仕事は続くが、6時頃に仕事が一区切りついたので、思い切って帰ってしまおうとソッコーで事務所から逃走。
なんだか無性にコロッケが食べたくて。

22:30着信。あ、GY。

「アロー?」

「アロー、ディスイズGYスピーキング」

「どした?」

「いまどこですか?」

「うちや」

「はや杉wwww そっかー、飲もうと思ったんですけどねー」

「残念。仕事どうだ?」

「月400時間っすよw」

人間というのは変われば変わるものだ。
修習中は「GYが講義中に起きてるのを目撃した椰子はネ申」とまで言われたあのGYが。
いやぁ、やるときゃやるわ。

「1月に飲もっか」

「そうしましょぉ」

ということで、『迂回』読者の修習同期諸君、1月の金or土に飲むぞ。朝まで。

しかし同期でいまでも『迂回』を読んでるのは誰なんだろうか。
確実なのは、DA、IWKn、U住、MO、JK、YSヤッシー、S城、F井、F森、KMラッパー検事、GY、K保くん、M上、○組のYTとTO(okno)だけだ。
S田(正)、N岸、T木嬢、E本、N森、N谷、HT(俊)さん、AW嬢、前期民弁K教官、○組のRO、その他はどうなんだか分からない。

読者限定じゃなく、誰を誘ってもらっても構わない。
とりあえず日程はGYとぼくで決め、『迂回』で告知する。
読者諸君は抜かりなくチェックされたい。

(ノ▼皿▼)ノC□☆□Dヽ(▼皿▼ヽ)



将棋の映画 『王手』
正直、『王手』を観ずして「映画が好き」だなどと呑気に宣言してもらっては困る。

「邦画っていまいちだよね」などとヌカそうものなら、「いまいちなのはテメエだ」と叱責してやるのが大人の対応というものだろう。

それぐらいの映画だ、『王手』。

阪本順治カントクの映画は、1989年『どついたるねん』から『鉄拳』、『王手』、『トカレフ』、『BOXER JOE』、『ビリケン』、『傷だらけの天使』、『愚か者 傷だらけの天使』、『顔』、『新・仁義なき戦い』、『KT』まで全て観ていた(その後はサボっている)。

『王手』の、通天閣の展望台で主役の赤井英和が表現したあの目をいちどでも見たら、「映画だ‥」と思わず呟くことになるだろう。


今年、同カントクは『闇の子供たち』(原作は梁石日)を公開した。タイで行われている、臓器移植を目的とした幼い子供たちの人身売買や幼児売買春を描いた作品。
SKが超オススメしている。



名言
 
人間は、神と悪魔との間に浮遊する。

ブレーズ・パスカル



コピ新
クリスマスの夜、こんなブr

***

70 名無し
ある企業での面接。俺の隣の男。

面接官「最後に何か質問はありますか?」

隣の男「パンフレットに一部上場と書いてありますが、全部上場するのはいつ頃でしょうか?」

ちょwwおまっwwww全部てwwwww

***

127 名無し
ガリガリ君を買ったら見事「あたり棒」と遭遇して喜んでいたのだが、店に入っていい年こいたオッサンがあたり棒を見せにいくのは恥ずかしいので、近くにいた少女に「この棒をあの店の店員に見せに行ってごらん、そうすると、いい事があるよ」と言って聞かせ、しばらくするとその少女がなにやら笑顔になって戻ってきた。
「お兄ちゃん!すごいよ!この棒見せたらタダでアイスもらっちゃった!!」
そして俺はその喜んだ少女を見て少し幸せになり、「良かったね、これは心の温かい子にしかできない魔法みたいなものなんだよ」と言ってその少女が片手に握っていたアイスを取り上げ、今そのアイスをペロペロ舐めながら2chへアクセスしている。

***

546 名無し
中学2年になった妹が家に帰ってきたので「おかえりんこ」と言ってみた。
妹「ただいまん‥ま‥」
口篭ってた。

姉貴が仕事から帰宅。
俺「おかえりんこ」
姉「ただいまんこ。今日の晩御飯なに?」

***

918 名無し
1年前の今日、妹の友達と付き合い始めた。
そしてその日を境に妹の俺に対する態度が豹変した。
口数が減ったし、顔を合わせれば睨んでくる。
たまに口を開いたかと思えば「死ね」だの「消えろ」だの辛辣な言葉ばかり。
そんな状態が続いて、現在。
依然として冷たい態度をとる妹は、かつての友達、いまや俺の恋人となった子にまでつらくあたり始めた。
さすがの俺も業を煮やして妹に詰め寄った。
「お互い好きで付き合ってるのに、いったい何が気に入らないんだ!?」

妹は絶叫した。「あんたたち男同士でしょ!!」

その瞬間、俺の尻がきゅっと締まった。


コピペ新聞





28(日) 渡辺vs羽生 『情熱大陸 extra』
12/28(日) 23:30~24:30
TBS「情熱大陸 extra

渡辺明竜王、羽生善治名人
将棋界の最高位『永世竜王』をかけて世紀の対決!
壮絶な火花を散らす二人の情熱を追う!!

ヽ(´∀`)ノ



森のこぐま物語
森のこぐま物語

男にはどうしても譲れないものがある。
ぼくのばあいはこの「森のこぐま物語」。
数年前にこのシリーズを買ってからずっと毎年これ。
こんなかわいいカレンダーがほかにあるかい。
これだけは譲れんな、ほんま。




Appendix

プロフィール

ふじぼう

ふじぼう 自己紹介

月別アーカイブ

ブログ内検索

Extra

カレンダー

11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。