FC2ブログ
AX

Entries

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


さようなら、デブ♪
ドラ息子、ぐっちーさんとこで書かれてるw

※「大御所」=ご母堂シモネッタさん。

それにしても、大御所を見ていると才色兼備ってのはこういうことなんだろね、といつも思います。そのうえ息子も出来がいいし、そのヨメさんはまたすごい才色兼備と来る。いったい一人でどんだけよ、と思いたくもなりますが、やはり努力する人には福が来る、という典型的な例なんだと思いますよ。 こういうところの息子は普通グレテどうしようもない、ってのが相場なんだけどね、参ったね。

その息子さんが先日結婚されて、その結婚式話はまじ大笑いで、書きたいことがいっぱいありますが、そのうち本にされるでしょうからその時までとっておきましょう。 まあ、ここまで書くと誰だかばればれなんですがね、まあ、そういうことで・・・



大御所の最新刊『シモネッタの本能三昧イタリア紀行

で、ここで誰だかばれるわけだけど、これは相変わらずの抱腹絶倒。
この大御所、どう見てもご主人はイタリア人だとしか思えないんですがね、実は日本人なんです(ばらしていいのかな・・・)。で、その大御所がついにイタリア男とベッドインか!? って、続きは読んでね♪


「結婚式のまじ大笑い話」っての、ぼくは聞いてないんだけど‥
そんなことってあるのだろうか‥
不愉快だなぁぁ‥

○。.-v(-。-)

ところで、新婚生活、そろそろ飽きただろ。
遊びに行こっかw

あ、そうそう、デブ息子さんには申し訳ないけど、ぼく、この1ヶ月で5キロ痩せました、ええ。

さようなら、デブ♪

と言いたいところだけど、顔が痩せない‥‥

あと5キロ痩せないと、顔が‥‥

スポンサーサイト


カトリーヌ・Mの正直な告白
カトリーヌ・Mの正直な告白

著者略歴/ミエ・カトリーヌ/フランスの現代美術誌『アート・プレス』の創刊者・編集長。美術に関する多くの著作を出版し、国際的美術展のフランス代表委員を務めるなど、その名は美術界では広く知られている。

カトリーヌ・ミエは、あたかもモダンアートの成り立ちを解説するかのように、自らの性体験を訥々と、しかし何一つ包み隠さず語っていく。処女を失ってからほどなくして乱交パーティやスワッピングの常連となり無数の男性と関係を持ったこと、場所や時間、性別に束縛されることなく奔放なセックスを求めたこと、ありとあらゆる体の部位で快感を追求してきたこと。一つ一つが清冽なイメージで表現される大胆な性の告白が読者の感性に鋭く突き刺さる衝撃作。


世界19カ国で翻訳されているベストセラーだ。
さすがにセックスのことばかり読み続けるのはきついので部分的に読んだだけだが、面白い。私生活の暴露というネットリしたものではなくて、自分を突き放して観察しているので柔らかく醒めている。

翻訳が下手だけど一部引用(他のブログから拝借w)。
ただ、あまりにエロすぎるので、コメント欄に。

ヽ(´∀`)ノ



ブラウンGP
すごいな、ブラウンGP。。。ワンツーですか。。。ロス・ブラウン、手抜きしてたんじゃ。。。

トヨタは今年いけそう。



ビジ悪<マーケテンィグ編>
ビジネス版 悪魔の辞典

【商談】自分が会社を代表していると錯覚する瞬間

【営業会議】すでに結果が出ていることにあれこれ論評を加えてくよくよする会議

【うれしい悲鳴】需要が供給を上回ったときに使われるが、実際は需要予測に失敗し、多大な機会損失を生じたことを公言する言葉

【完売】発注(生産)ミスか、価格設定ミス

【Win-Win】自分しか得していないときに相手を誘い込む常套句

【ゴルフ】習いたい人よりも教えたい人の方が多いスポーツ

【談合】撲滅宣言を数年おきに行うために必要な前作業

【差別化】商品に差がないときに突如考え出されるセールスポイント

【返品】明確な理由があって返すのが日本、持っている明確な理由が見つからないと返すのが米国

【POSシステム】十分な検討なく新商品をとりあえず売り場に置いてみることを可能にしたシステム

【リコール】消費者に商品テストを押し付けた最終結論




Yo-Yo Ma と Pablo Casals
バッハ『無伴奏チェロ組曲』の「第1番ト長調 BWV1007」、Yo-Yo MaとPablo Casalsの演奏の聴き比べ。

Yo-Yo Ma(ヨーヨー・マ)


Pablo Casals(パブロ・カザルス)






約束は果たしたぞ
「Ch*nko Din*ng 若」の約束。あれから2週間で。

あとはご当人同士で♪

( ´∀`)



ペルソナ(仮面)
「役者と乞食は三日やったらやめられない」

有名な言葉だ。
が、なぜだろう。なぜ役者はやめられないほど面白いのか。
自分以外の人格を演じることはそんなに面白いのか。

違う。

ぼくたちは日常的にペルソナ(仮面)を被っている。そのペルソナは「自分は他人からこう見て欲しい」という欲求が具体化されたものだから、自分を強く縛る。そのペルソナは自意識の発露そのものだから。

役者は自分以外の人格を演じるが、それは自分以外のペルソナ(他者ペルソナ)を被るということで、その際には日常ペルソナ(自分ペルソナ)を外さなければならない。その自分ペルソナを外すということが、つまり自意識からの解放こそが、三日やったらやめられない理由である。

と思う。


学生時代に何度か舞台に立ったが、ながいあいだ「あの気分の理由」を言語化することができなかった。

「あの解放された気分はなんだったのだろう。自分以外の人格を演じることで、ほんとうのじぶんが現れたように感じるのはどうしてなんだろう」

そう、そういうことだったのだ。


(乞食は、他者ペルソナを被らずして自分ペルソナを外す。のだと思う)




第67期 順位戦 結果
<A級>
挑戦/郷田真隆九段
降級/鈴木大介八段、深浦康市王位

(´-`).。oO(深浦‥なにやってんだ‥)

<B級1組>
昇級/高橋道雄九段、井上慶太八段
降級/北浜健介七段、森下卓九段

(´-`).。oO(森下‥理事が忙しいのか‥)

<B級2組>
昇級/松尾歩七段、豊川孝弘六段
降級/浦野真彦七段、加藤一二三九段

(´-`).。oO(一二三[ひふみ]がついにC1‥‥)

<C級1組>
昇級/安用寺孝功五段、窪田義行六段
降級/小倉久史七段、岡崎洋六段、上野裕和五段

<C級2組>
昇級/大平武洋五段、田村康介六段、戸辺誠四段
降級/高田尚平六段

(´-`).。oO(田村‥まだC2にいたのか‥)



ビジ悪<経営編/戦略編>
ビジネス版 悪魔の辞典

<経営>

【CEO】「会長」「社長」では偉さが感じられなくなったので海外から取り寄せた新しい肩書き

【頭取】「銀行は事業会社とは違うぞ」ということを示す象徴。不祥事のたびに頭を取り換えられるのでこう呼ぶ。

【株主代表訴訟】株主を代表しているとは思われない人が起こす訴訟

【ステークホルダー】ガタガタ言う人たち

【資料】金曜の夕方になると役員が突如欲しくなるもの。社員が休日出勤して必至で作成するが月曜には忘れている。

【リストラ】経営の失敗を一般社員に押し付けること

【長期の視点で】「当面は赤字が続く」

【遺憾である】「自分は当事者ではないが、残念である」

【寝耳に水】「予想した通りになった」

【後進が育っていない】「自分はまだ辞めたくない」

【不徳の致すところ】もともと徳のない人の、気持ちの入っていない謝罪の前ふり

<戦略>

【環境経営】環境に悪影響を与えていない会社は絶対に掲げないスローガン

【コンプライアンス経営】これまでは無法・違法経営だったことを公言するスローガン

【カントリー・リスク】よく考えもせずに海外進出した事業の、失敗の言い訳

【コンサルティング会社】前もって温めていた案に、客観的な装いをするための表紙を作ってくれる会社

【経営コンサルタント】馬鹿馬鹿しい「WHY?の質問」を、真顔でできる特権をもった人

【アナリスト】分析に個人の思いをうまく織り込ませる人

【企業提携】締結の日が最高で、その翌日から利害が反していく契約





アメジョ
国境を越えて、テキサスの銀行を襲うことを生業とするメキシコ人の強盗がいた。
テキサスの保安官はやっとの事で、酒場にいる強盗を突き止め、「手を挙げろ。盗んだものをどこに隠した。言わないと頭を吹っ飛ばすぞ。」と追い詰めた。
あいにく強盗はスペイン語しか理解しなかった。
そこで、酒場にいたバイリンガルの弁護士が通訳を申し出た。
強盗は、戦利品が酒場の裏手に隠してあるとスペイン語で白状した。

「野郎はなんて言ってるんだ」と焦れたように尋ねる保安官に向かって、弁護士が答えた。

「『とっとと失せろ間抜け野郎。てめえなんぞに撃てるわけねぇだろう。』と言ってます」



デイブは常に一生懸命だ。
工場では残業をたくさんするし、ほとんどの夜はボウリングをしたり、バスケットボールをしたり、フィットネスで鍛えたりしている。

デイブの妻、メアリーは彼が色々頑張りすぎていると考え
息抜きと、彼の誕生日に地元のストリップクラブに連れて行った。
ところがクラブの入り口でドアマンが言った。
「ヘイ、デイブ、調子はどうだい?」

メアリーは困惑し、デイブがここに来たことがあるのか質問した。
「いや、ないよ。彼はフィットネスで一緒に鍛えている仲間なんだ。」

二人が席に着くと、ウェイトレスが来てデイブにいつものバドワイザーで良いか聞いてきた。
メアリーはいらいらしてきて言った。
「あなたがバドワイザー飲むのを知ってるなんてここにいっつも来てるんじゃない!」
「違うんだよ。今の彼女は婦人ボウリングチームの人なんだ。いつもレーンで隣合うんだよ。」

ストリッパーが二人のテーブルに来るとデイブの肩に腕を回してこう言った。
「ハイ、デイビー、いつものテーブルダンスで良いかしら?」

メアリーは怒り狂い、バッグを掴むとクラブから荒々しく飛び出していった。
デイブがあとを追いかけて行くと、妻がタクシーを捕まえているところだった。
メアリーがドアを強く閉める直前、デイブは妻の隣に滑り込んだ。
すぐに彼女はデイブに向かって叫び始める。困惑してしどろもどろのデイブ。
するとタクシーの運転手が後ろを振り返って言った。

「今夜はとんでもない女を拾ったみたいだな、デイブ。」



ビジ悪<教育編/組織編>
ビジネス版 悪魔の辞典

<教育>

【ビジネススクール】
1.修士号を売るカルチャーセンター。通常、大学の顔をしている。
2.理屈っぽい社員を2年間預かってくれる大人の託児所

【社会人向け大学院】学部生しか教えた経験がない教授がお金を受け取って社会人から経営の現場の情報を得るために開設される施設

【ロースクール】名乗り出ないと思われていた大学までもが名乗り出てしまったために皆が不幸になった仕組み

【通信教育】意思の弱い人が「やっぱり意思が弱かった」と再確認するための道具

【ディベート】できない上司に対して発揮してはいけないとされている、相手を論破する能力。ということは、この能力は一体いつ使うのだろうか?

【KJ法】ポストイットのキラー・アプリケーション。発案した川喜田二郎氏のイニシャルであることを知らされると、不思議がる若手が増えている。NM法も同類。

<組織>

【本社】いろいろ文句を言われつつも、居心地のよいコストセンター

【カンパニー制】東南アジアのバー以上に「社長」と呼ばれる人を増やす仕組み

【機能分社】最も高くつく外注先。伝票を書く手間が増えてさらに高くつく。

【プロジェクトチーム】既存の組織がいかに環境に適応していないかを示すもの。忙しい社員をより忙しくする仕組み。

【タスクフォース】本当に仕事をする組織。では既存の組織は?

【クロス・ファンクショナル・チーム】縦割りの弊害があることを公言する仕組み

【受け皿会社】馬鹿にしていた人ほど行くことになる再就職先

【純粋持株会社】経験も能力もないのに、子会社から経営指導料をとろうとするため、子会社からは「指導料は払うから指導しないでくれ」と言われる会社

【自浄作用】環境にはあるが組織にはまずない






ベンチは敬遠を指示
韓国ベンチはイチロー敬遠を指示

金監督は「悔やまれるのは、はっきりと敬遠のサインを送っておくべきだったということだ。捕手が変わり、若い捕手が作戦のサインを投手と十分に疎通できなかった可能性もある。それが悔やまれる」とベンチとの意思疎通がうまくいかなかったことが敗因と分析した。

いまいち納得できない。謎だ。

まあなんにせよ、前回覇者日本と五輪覇者韓国、ナイスゲームだった。

(´-`).。oO(準決勝のジーターの悪送球には心底痺れた‥)

イチロー、最後は「イキそうでした!」

日の丸を持って球場を一周したイチローは、「もうイキそうでした。気持ちよかった」と笑顔のまま、シャンパンファイトの輪へと向かった。

あのヒットの瞬間にOrgasmに達しないような男女はよほどの不感症である。


修*生の採用面接の後で飲みに行った際、「やはり先生方はWBCなんか関係なく仕事だったんですか?」と余計なことを。ボスは「な、なにを言ってるんですか。ふじぼう先生なんて16:00出勤ですよ。めちゃくちゃ爽やかな顔して『おはよー諸君!めちゃええ試合やったわ!』とか言ってるんですよ。もうあんだけ嬉しそうな顔されたらこっちは何も言えないですよw」。

ほんまええ試合やった。

( ゚Д゚)y─┛~~



ビジ悪<人事編>
世界的大大ベストセラーであるアンブローズ・ビアス著『悪魔の辞典』を日本のビジネスに応用した『ビジネス版 悪魔の辞典』(日経ビジネス人文庫)は、めちゃ面白かった。

<人事>

【筆記試験】取引先のご子息をどうしても断らなくてはならないときの弁解の手段

【リクルーター】会社の長所を自ら吹聴することで、2~3年目の転職を防ごうとする、社会心理学の理論を応用した巧妙な仕掛け

【入社誓約書】人生を誤る2つの意思決定のうちの1つ。もう1つの方は法的拘束力もある

【昇進】現在の職位では無能さを露呈しなかったご褒美

【余剰人員】採用した側の責任は問われず、採用された側に責任を負わせる言葉

【派遣社員】働きの悪い正社員を浮き出させてくれる演出家

【ニート】教育も受けていないし、仕事もしていない人、すなわち普通の社員のこと

【定年】名刺を出さないと初対面の人と雑談できないことに気付く日

【再雇用】自分の本当の価値を知る瞬間

【企業文化】簡単に変えられるなら文化ではなく、変えられないなら企業の成長が削がれるもの

【人事異動】腐った魚を新鮮なように装い、他部門に売り込む作業

【転勤】教育、住宅、介護問題などを短期間に処理できる能力があるかを試すために時折発せられるOJT

【単身赴任】当初は「帰れない」ことが悩みの種であるが、末期には「帰らなくてはならない」ことが悩みとなるもの

【海外駐在員】空港から事務所まで目をつぶっても運転できる人

【権限委譲】能力のない上司が部下に仕事を丸投げするときの常套句。実際は責任のみ委譲されて権限は委譲されないことが多い。

【社外活動】出る杭は打たれる。出すぎた杭は打たれない。出ない杭は腐る。

【業務上横領】厳密に適用すると社員が誰もいなくなる

【人間ドック】貸借対照表のように、検査日直前だけ摂生するもの

【メタボ】最近一番流行した医療機関の販促用キャッチコピー





連覇っ!!!!
ビシッ ( ̄^ ̄ゞ 

ナイスゲーム!

あと数十年生きて、こんな試合をもう一度見られるかどうか。

勝因は、日本の技術の高さや精神の強さではなく、イチローと勝負した韓国の判断ミスでもなく、イケメン度であった。あそこでまだ川崎を代打に送れる日本、さすがに韓国もマイッタだろう。

さて、仕事に行くか。仕事にならんだろうけど。


それにしても、原というのは不思議なひとだ。



コピ新
486 名無し
俺の携帯のメール履歴、ここ10件が全て女から。

488 名無し
>>486
たまには実家に帰ってやれ



495 名無し
食べると集中力の上がる食材ってありますか?

496 名無し
>>495


497 名無し
>>496
食べることに集中するんじゃなくって、摂取することによって集中力が上がる成分の含まれた食材でおねがいします。



18 名無し
年間の行方不明者のうちの何人かは二次元の世界に入れたんだろうなぁと思うと悔しくて涙があふれる



933 名無し
お前ら、尿検査の日の前日にオナニーやってタンパク質検査に引っかかったクチだろ

936 名無し
>>933
俺の友達がまさにそれだった。しかも親いる前で医者に「前日(オナニー)しましたか?」と聞かれたらしい。

939 名無し
>>936
医者「前日(オナニー)しましたか?」
本人「してませ‥」
母親「してました」



710 名無し
「北斗の拳」の功罪は大きいかも、と思った。

711 名無し
功罪の功はどのあたり?

713 名無し
>>711
「強敵」と書いて、「とも」と読むことを知りました。


コピペ新聞


Appendix

プロフィール

ふじぼう

ふじぼう 自己紹介

月別アーカイブ

ブログ内検索

Extra

カレンダー

02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。