FC2ブログ
AX

Entries

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Ranking/未練がある元恋人
未練がある元恋人を思い出したときの行動ランキング

1.インターネットで名前を検索する

2.過去にやり取りしたメールを読み返す

3.共通の友達にさりげなく近況を聞く

4.別れなかった場合の将来を妄想してみる

5.SNSに登録をしていないか調べる

6.思い出のCDを聴く

7.アルバムを見て思い出にふける

8.思い出の場所へ行く

9.今までに貰ったものを出してみる

10.相手との相性占いをしてみる



オンナは永遠に「恋」をしたい

六本木のサルサパーティに行ってみると「恋人のいるお金持ちミセス」のオンパレードだ。聞いてみると「ダンナは社長・・・仕事が忙しいので、帰るといつも疲れて、家で子供とテレビを観ている」とのこと。

ご主人が貿易会社の社長で、サルサ歴3年の真美さん(39歳)は今3人目のパートナーと付き合っている。「主人(43歳)は私の顔を見ると『疲れた』『疲れた』を連発し、食事の後はゴロゴロとソファに寝転がってテレビばかり観ています。私には『疲れてるからキミの夜の相手はできないよ』と毎日私に向かって言っているように感じます。」という。現に、彼女はこの5年間はご主人との夜の生活は皆無で、最近ではもっぱら恋人が相手だそうだ。

スポンサーサイト


ブログ開設1周年
『ふじぼうの迂回』は昨2008年4月29日に開設された。
同月1日からエントリはウプされているけれど、4月29日に「4/1からの方が区切りがいいよなあ」と日付を過去に設定して一挙にウプしただけで、開設は29日。

あるときから、理由はよく分からないけれど、毎日、しかも21:00更新が定着してしまった。

三度の飯より自慢が好き♪なぼくは言ってしまうが、ほんとうにこのブログは凄い。特権的で排他的で、差別的で傲慢で、バカで、エロで、引用ばかりで、そしてレベルは日本屈指。

ある読者から「アメジョやコピ新が多いですけど、そろそろ書くことがなくなったんですか?」と質問されたことがあるが、書くことがなくなることなど、ない。時間が許せば1日10本を10年は継続できる。それは情報が蓄積されているからではなく、えー、まあいいや。

『迂回』を知り、たった一度だけ読んで終わる読者と、常連になってしまう読者に分かれるわけだけど、常連読者に共通する資質とは何だろう?と考えたことがある。おそらく、「人生って、お金を稼いで、異性に出逢って、美味しいご飯を食べて、いい車に乗って、結婚して、子供を産んで、高い家を買って、それはそれで楽しいんだろうけど、でもそれだけじゃツマラナイ人間になるんじゃ‥」と思っている人たちなんじゃないだろうか、と結論し、その結論は今でも変わっていない。つまり、「何か、があるんじゃないの人生って?」と思っている人たちなのだろうと。

もちろん「何か」は人によって違うんだけれど、「何か」を求める人たちにとって『迂回』は、いつまでも他者たりうるレベルを維持するだろうと思う。

ぼくは、人生を人一倍真面目に生きてきたつもりだし、これからも真面目に生きていくだろう。


書く人がいて、読む人がいて、

(σ´∀`)σ



このエントリがウプされる頃、ぼくは小樽で寿司を食べているか、札幌でラーメンを食べている。

ヽ(´∀`)ノ


コピ新
12名無し
「○ンチタイム」
左から読むと○には「ラ」か「ウ」を入れるが、右から読むと違う文字を入れたくなるんだ。



9名無し
news【英国】640万円のスコッチ、一晩で空に 太っ腹ビジネスマン

スコッチずつ飲めよ。

149名無し
>9
お酒によワインですか?



17名無し
news「ゴッホの作品とされて70年、実は他人の作品と判明」

大暴落するんだろうな。絵は何一つ変わってないのに。何なんだろこれ。

26名無し
>>17
おまえだって盗んだ下着がその家の娘のじゃなくて、おばあちゃんのだったりしたら評価はガタ落ちになるだろ。そのパンツ自体には何にも変わりはないのに。



749名無し
むかし水道の蛇口からポタポタもれたんで、「暮らし安心 〇ラ〇アン」をよんだんだけど、なんとお金取らなかったよ。なんで?

750名無し
ブライアンいいやつ

751名無し
>>750
誰だよwww


※暮らし安心♪クラシアン♪

コピペ新聞



女子大生の性交体験率62% 男子にほぼ並ぶ(2006/11/11)

女子大学生の性交体験率が6年前より約10ポイント上昇して62%に達し、横ばいの男子大学生とほぼ並んだことが「日本性教育協会」(東京都文京区)がまとめた全国調査で分かった。

協会は青少年の性行動などを約6年ごとに調査。今回は12都道府県の中学、高校、大学(専門学校を含む)を対象に行い、地域や学年などを考慮して計5510人分を分析した。

大学生の性交体験率は、74年の第1回調査の男子23%、女子11%が、前回99年にはそれぞれ63%、51%に上昇。今回は男子は63%で変わらず、女子が62%に急伸した。

高校生は女子が6ポイント伸びて30%となり、前回と同じ27%の男子を逆転した。中学生は男女とも3-4%でほぼ横ばい。

キス経験も女子の増加が目立ち、大学生では前回の9ポイント差を埋めて男女同率の74%に。高校生は男子48%に対して女子52%、中学生は男子16%対女子19%で、いずれも女子が男子を上回った。


女子大生の性交体験率62%て、残り38%の女子大生はいったい学生生活で何をやっているのだろう。。。



Ranking/マンガ全巻読破
「漫画全巻を古本で安く大人買い」な【全巻読破.com】の、2007年、最も全巻読破されたコミックランキング

1.ドラゴンボール[全42巻]鳥山明
2.ドラゴンボール完全版[全34巻]鳥山明
3.MASTERキートン[全18巻]浦沢直樹/勝鹿北星
4.DEATH NOTE[全12巻]大場つぐみ/小畑健
5.花ざかりの君たちへ[全23巻]中条比紗也
6.ジョジョの奇妙な冒険[全63巻]荒木飛呂彦
7.フルーツバスケット[全23巻]高屋奈月
8.SLAM DUNK[全31巻]井上雄彦
9.クローズ[全26巻]高橋ヒロシ
10.プリティフェイス[全6巻]叶恭弘
11.三国志[全60巻]横山光輝
12.花より男子[全20巻]神尾葉子



3位に『MASTERキートン』が!
以前『保険はギャンブルだ』(PC) (携)で、「ペーソスの漂う本当にいい漫画だ」と書いたけど、ほんと、いい。性別にかかわらず面白いと思えるだろう。

平賀・キートン・太一の恩師であるユーリ・スコット教授の言葉は、ウェブ石碑・名言集にも掲載されている。

「人間はどんなところでも学ぶことができる。 知りたいという心さえあれば。」

そしてキートン。

「人間は一生学び続けるべきです。人間には好奇心、知る喜びがある。肩書きや出世して大臣になる為に学ぶのではないのです」

「では、何故学び続けるのでしょうか?・・・それが人間の使命だからです」


知る快楽。
それは知識ももちろんだけど、なんていうか、「自分以外の人間って、どんなふうに世界が視えていて、どんなふうに世界の肌触りを感じているんだろう」ってのを知る、感じる、そういう快楽。「いまのじぶん」を確認するために何かを知るのではなくて、「いまのじぶん」にはない何かに向かっていつも開かれている、そういう、知ること=変化することはそれ自体が強烈な快楽。

その快楽を知っているやつは面白いやつで、よく言うんだけど、10代や20代では差がつかない。若さはそれ自体が魅力に転化されるし、魅力は勢いによっても獲得できる。しかし周囲を見渡せば分かるように、30代や40代に突入すると、知る快楽を享受し続けてきた人間とそうでない人間の差は露見する。他者に出遭う、それが現実の人間であれ、本の著者であれ、他者に出遭うことで新たなじぶんに出遭う、そのワクワク感だけが人を「面白いやつ」にする。

もし人の知性に成長曲線なのものがあるとすれば、そこには上昇と下降しかなく、現状維持は存在しない。上昇か下降か、それだけだ。


『他者とともに考える』(PC) (携)

『ひとはなぜ文章を書くのか』(PC) (携)

『批評の質を決定するもの』(PC) (携)

『言葉の不完全性』(PC) (携)

『人間は人間の中になどない』(PC) (携)




まりもっこりに続け
阿寒湖の「まりも」をキャラクター化した北海道の「まりもっこり」は素晴らしい。あの恥じらいの徹底的欠如がなんともいえない。ぼくも2年ほど前だったか、いまは熊*大学LS(?)に在籍するSくんに「北海道に彼女と旅行だと?もっこりを買ってこい!」と丁寧にお願いして買ってきてもらった。今でも部屋にあ‥あれ、ないわ。逃亡しやがったか。ちっ。

もっこり

wiki「関連商品」

道外キャラクターでは千葉県の「まめもっこり」、長野県の「もっこりんご」、沖縄県の「べにいもっこり」などがあり、各地区限定で販売されている。また、「あおもっこり」(青森県)、「もももっこり」(山梨県)など他県にも亜種がいる。それぞれが特徴的な格好をしているが、一部を除いたほとんどの商品がまりもっこりと同じ表情をしている。

売るためならもっこりでも何でもいいぜ!ってその商魂、大好きである。


さて、琉球王朝時代から沖縄県で作られている伝統的な菓子「ちんすこう」。
その沖縄が満を持して投入した「ちんこすこう」w
ちんすこ坊やってのもいるwどこまでww
サイト

世界初のちんこ型ちんすこう=子宝ちんこすこう!
この商品には「沖縄の太陽(てぃだ)に負けない元気な赤ちゃんがたくさん生まれますように」という願いが込められています。
出生率No.1の沖縄県で産まれ、“子宝と安産”がテーマの「子宝ちんこすこう」。日本の少子化を食い止めることができるのか?!長寿の次は子宝だ!!現代の世に子宝あれ!

PTAが許してもぼくは許さないぞww


さてさて、秋田の名物料理「きりたんぽ」。
みなまで言うな!という感じだけど言う。

「きりちんぽ」

ヽ(´∀`)ノヽ(´∀`)ノ

ちょwww待てwwwいいのかそれwwwだめだろwww「こ」と「ぽ」の間には深くて暗い川が流れてんだろwwwwwきりたんぽの形だけでもリーチかかってんのに「きりちんぽ」てwwwwおまけに「きりちんぽ根付」までwww突起物加えてんのかよwwwww槍杉だwwwwwwww

きりちんぽ


秋田名物「きりたんぽ」をモチーフにしたマスコットが発売中止へ
▼発売元の株式会社フルゥールによると、発売を予定していたマスコット「きりちんぽ」グッズに対して、電話やメールなどでの非難が多かったことから販売中止に踏み切った。▲

(´-`).。oO(‥‥)

「秋田限定★きりたんぽもっこりボールペン」


きりたんぽもっこり‥つまらん‥‥




田丸公美子『目からハム』
シモネッタさんの『目からハム シモネッタのイタリア人間喜劇』。

ある日本人女性の述懐を読んだことがある。彼女、日本ではしょっちゅうブスよばわりされ、通りすがりの男性たちに「ブース」と聞こえるように言われ、その後彼らの笑い声を耳にするという屈辱の経験すらあったという。その結果、日本ではひきこもりになり、男性の目を見ることすらできなかった。
それがイタリアに来てすっかり変わったのだ。街角の八百屋さんも、同じアパートの住民も、顔なじみになると「チャオ・ベッラ」(ciao bella/美人さん、こんにちわ)と気軽に呼びかけてくれる。それがたとえ本来の意味を逸脱し、単なる挨拶として使われていたとしても、そう言われるとその日一日が楽しくなる。そのうちに性格まで明るくなりボーイフレンドもできたとか。

「女性にはベッラだけを使え」。こう力説する私に、イタリアに長く住んだ商社マンの日本人男性は異議を唱えた。

「イタリアで知り合いの女性を街で見かけて『チャオ・ベッラ』なんて大声で呼びかけようもんなら大変だ。とんでもないブスまで、自分のことかと思って一斉に振り向くぞ。そうそう、日本から大手クライアントの社長と専務が視察旅行に来た時のことだ。お決まりで『女性を‥』ってご希望なんで、立ちんぼが多いミラノ駅周辺まで探しに行こうかと考えた。ところが運がいいことにホテルを出たすぐ外に、この寒いのにわざわざ窓を開けて駐車してる車があって、中に派手な化粧の女が座っている。ラッキーと思って近寄ったら、もう結構な年齢だし顔も中の下だ。ホテルの証明は暗いからまあいいかと交渉に入った。それで『君のベッラな同僚をもう一人手配してもらえないかなぁ』って頼んだんだ。彼女なんて言ったと思う?『いいけど、あまり期待しないでね、私ほどの美人はなかなかいないってことくらい、分かるわよね』。彼女、本気で言ってたから殺したくなったね。イタリアの男たちが女だと見ると甘やかすから、こんな風につけあがるんだ。この世で態度のでかいブスほどむかつくものはないね」


ヽ(´∀`)ノあははは






倫理と合理
39歳で、日本人一個人が設立し初めて米国証券取引委員会に登録された投資銀行「ミタニ&カンパニー」創業した神谷(mitani)秀樹の著作『さらば、強欲資本主義』の副題は「会社も人もすべからく倫理的たるべし」。

内容はイマイチだった。

村上龍は「倫理的に生きることは、長い目で見れば経済的合理性に合致している」と書き、内田樹は「倫理にかなった生き方のことを合理的と呼ぶ」と書いているけれど、まあ細かいことはさておき、倫理と合理性の関係についての2人の主張は正しい。

長期的合理性=倫理。

たとえば友人に借りた1億円を踏み倒した場合、これを「1億円儲かった」とか「1億円得をした」とは言わない。彼は「借りた金は返す」という約束を破ることで、最も大切なもの(信頼)を失っている。


なお、『キハンと補助輪』(PC) (携)でも書いたが、倫理と道徳は別物である。




リサイクル・セックス
女を骨抜きにする「リサイクル・セックス」

元彼や男友達など、自分にとって身近で肩肘を張らずとも付き合える男性とついついしてしまうセックス。著者の安藤房子さんによると「以前は幅広い年代の方がリサイクル・セックスをしていましたが、最近は特に20代後半以降の独身女性に多いですね。」

今でも、元彼と体の付き合いがあるという会社員のHさん(30歳)は、「まず、気心が知れているというのが大きいですね。誰でもいいわけじゃないし、でも自分からそういう相手を探すほど欲求がたまってるわけでもない。だけど、今の彼との性生活は、なんだか体の相性が合わなくてちょっと不満をもっている状態だから、誘われると『まあいいか』ってなってしまう。それに、『別れた人』って自分を作らなくてもいいんですよね。付き合うことになるわけじゃないし、変に気を使わないで済む。そのままの自分でいられるから楽なんです」と言う。


恋愛カウンセラー 安藤房子のオフィシャルサイト

「最近、元彼とセックスしてるんです。恋愛感情はまったくないんですけど」
そんな声をよく聞くようになったのは、今から3年ほど前のことだった。声を寄せてくれたのは、私が主宰している恋愛メールマガジンの読者の女性。最初はそれほど気にもとめなかったのだが、同様の声が次第に寄せられるようになり、もしかしてこれは最近のセックスの傾向なのではないか…そう思うようになった。

「夫はいるのですが、最近よく元彼とセックスをしているんです」
「同窓会で昔の男友だちと再会し、それから二人でセックスを楽しんでいます」

インターネットでリサーチをかけてみると、そんな声が意外にも多く届いたのだ。あまりに多かったので、あるとき友だちの女性たちに聞いてみた。
「ねえ、元彼や男友だちとセックスするのってどう思う?抵抗あるよね?」
すると、
「え? 私もしているよ。でもね、いわゆるセックスフレンドとは違うのよ」
一緒に食事をしていた女性の多くがそう言ったのだ。

元彼や昔の男友だちとのセックス。それって、なんとなく、一度は捨てたモノをリサイクルしているみたい…。そう思いながら、私は、元彼や昔の男友だちとのセックスを「リサイクル・セックス」と名付け、リサイクル・セックスに走る女性たちを取材し続けた。


リサイクル・セックス

著者のリサーチ結果(20~40歳の女性100名)によれば、女性の約7割が「元彼or男友達」とのセックスを望み、約5割が「元彼や男友達」と実際にセックスする関係を結んでいます。

このamazonのレビューには「女性の約5割が元彼と関係を結んでいるという衝撃的なキャッチコピーに釣られて購入しました。しかし少なくとも私の周囲に元彼とヨリを戻した女性は皆無です。」だとか「センセーショナルなタイトルをつけてるけど、私の周りにこんな人いない。」だとか書かれているけれど、存在しないのではなくて、レビュアー達が打ち明けられていないだけ。
しかし

本書は、その実態、メリット・デメリットを伝えつつ、リサイクル・セックス生活からの脱出を提案しています。

と「脱出を提案」している著者の知性のレベルが計り知れ、読む気は全くしない。

ちなみに、友人のふ*ぼうという男に聞いたところ、「高校3年のときにリサイクルしたことあるけど、あれはあれでなかなかイイもんやでぇ」と言ってた。

ヽ(´∀`)ノ



彼には内緒/私たちのセックス白書』二松まゆみ、須藤なほみ




ローザンヌ国際バレエ/26日(日)15:00~
2008年2月3日に開催されたローザンヌ国際バレエについて、「プリシラ『ボレロに準備は要らない』」(PC) (携)で、高田茜の表現力を褒め称えた。

ローザンヌ国際バレエコンクール、高田茜さん入賞

Youtube検索
「Prix de Lausanne 2008 - Akane Takada - Classical Variation」
「Prix de Lausanne 2008 - Akane Takada - Contemporary Variation」

Contemporary!
やっぱイイ、高田茜。
他のダンサーと比較すれば、その良さがより分かるんだけど。。。

というわけで、4月26日(日)15:00~17:00(NHK教育)
第37回ローザンヌ国際バレエ・コンクール「バレエダンサーの登竜門」

ローザンヌの何がいいって、とにかくみんな新人でヘタっぴぃなので、「もっと凄いダンサーが観たい!!」って思えるところ。推進力。



再放送/「NHKスペシャル 女と男 最新科学が読み解く性」

4月26日(日)24:55~25:46(NHK総合)
「第1回“惹(ひ)かれあう二人 すれ違う二人”」

4月26日(日)25:46~26:36(NHK総合)
「第2回“何が違う?なぜ違う?”」

4月26日(日)26:36~27:36(NHK総合)
「第3回“男が消える?人類も消える?”」










キコリとサトリ
女友達が「男が欲しいと思っているときに出会う男はロクなもんじゃなくて、男のことを忘れて何かに集中してるときに出会う男はイイ男が多い」と。

「それは、キコリだよ」

司馬遼太郎『竜馬がゆく』第1巻。

深山で、あるキコリが斧をふるって大木を伐っていたとき、いつのまに来たのか、サトリという異獣が背後でそれを見ている。

『何者ぞ』ときくと、『サトリというけものに候』という。

あまりの珍しさにキコリはふと生捕ってやろうと思ったとき、サトリは赤い口をあけて笑い、『そのほう、いまわしを生捕ろうと思ったであろう』と言いあてた。

キコリはおどろき、このけもの容易に生捕れぬ、斧でうち殺してやろうと心中たくらむと、すかさずサトリは、『そのほう、斧でわしをうち殺そうと思うたであろう』といった。

キコリはばかばかしくなり、(思うことをこうも言いあてられては詮もない。相手にならずに木を伐っていよう)と斧をとりなおすと、『そのほう、いま、もはや致し方なし、木を伐っていようと思うたであろう』とあざわらったが、キコリはもはや相手にならずどんどん木を伐っていた。

そのうち、はずみで斧の頭が柄から抜け、斧は無心に飛んで、異獣の頭にあたった。頭は無残にくだけ、異獣は二言と発せずに死んだという。


『手放すということ』(PC) (携)




ビジ悪<その他編>
【JIS】日本規格協会が食べていくために必要な約束事

【製造原価】営業部門には真実が知らされない、工場だけが知る秘密の数字

【出張】デスクワークに飽きた頃に行く自主企画旅行

【マイレージ】会社の経費の一部を個人に非課税で還元する不公平な所得移転

【会議】機会損失の少ない人が、機会損失の大きい人を束縛する犯罪

【契約書】事が起きてからあわてて精読する書類

【昼休み】
1.昼食をとるだけには長く、用事を済ませるには足りない時間
2.勤務時間中に熱中していたパソコンゲームの決着をつける時間

【本社ビル】業績悪化の前年に完成される記念碑

【喫煙室】特定の者だけが許された休憩時間をハード的に保証したもの

【トイレ】デイ・トレーダーのための、プライバシーの守られた個室。混む時間がだいたい決まっている。

【万年筆】調印式というキラー・アプリケーションのためにずっと出番を待ち続けている筆記具

【タバコ】「いいアイデアはタバコを吸っているときに出る」という人が多いが、実は「タバコを吸っていないときは何も考えていない」ということ

【通勤電車】毎朝、体力と忍耐力をつけるために鉄道会社が提供してくれるモバイル・アスレチックジム。東京では田園都市線の急行などが上級者向け。


ビジネス版 悪魔の辞典




マスを相手にするメディア
「新聞の危機」いよいよ表面化

トヨタが「地上波民放」を恫喝

地上波民間放送が惨憺たる有り様だ。東京のキー5局、大阪の準キー5局が11月に発表した2008年度中間決算。「赤字」と「減益」がずらりと並んだ。

08年8月の北京オリンピック中継は、その典型だった。地上波ではNHKが約200時間、民放5局も計170時間の中継を行ったが、結果はNHKの圧勝に終わった。ベスト10のうち9つをNHKが占めた。SMAPの中居正広(TBS)、水泳金メダリストの岩崎恭子(同)、元プロテニス選手の松岡修造(テレ朝)、元ヤクルト監督の古田敦也(フジ)、元フィギュアスケート金メダリストの荒川静香(テレ東)などの有名人の解説やスタジオでのトークを織り込み、バラエティー番組風に派手に盛り上げる作戦だったが、視聴者は食いつかなかった。誰もが芸能人や門外漢のスポーツ選手の怪しげな分析や空虚な激励よりも、世界のトップ選手たちの生の競技風景を見たかったのだ。

CMを提供するスポンサー企業も地上波民放の体たらくに業を煮やし、実力行使を始めた。我が国最大のスポンサー、トヨタ自動車の奥田碩相談役は11月12日首相官邸で開かれた「厚生労働行政の在り方に関する懇談会」の席上、厚労省に関する批判報道について、「あれだけ厚労省が叩かれるのは異常。私はマスコミに対して報復でもしてやろうかと。スポンサー引くとか」と発言した。

さらに「大企業はああいう番組のテレビに(CMを)出さない。ああいう番組のスポンサーはいわゆる地方の中小(企業)」と話した。他の委員が「けなしたらスポンサーを降りるというのは言いすぎだ」と諌めると、奥田氏は「現実にそれは起こっている」と述べ、番組への不満を理由に企業が提供を降りる実力行使に出ている事実を明らかにした。


マス・メディアは困難な時代を迎えている。
新聞社やテレビ局にまともな人材がいないということではない。ぼくの友人達でも優秀で面白いやつらが頑張っている。
ただ、日本のような成熟社会で「マス」を相手にすることはもはや不可能だという、ただそれだけだ。


そういや日経の**から「戻ってきたぞ」って手紙きてたな。あの達筆な文字で。
久しぶりに飲める。おそらくCh*nkoDin*ng若で。



汁吸うごとく愛されて
「この味がいいね」と君が言ったから七月六日はサラダ記念日

松岡正剛の千夜千冊/『サラダ記念日』で、2001年6月12日に性豪センセはいくつか引用している。

この時間君の不在を継げるベルどこで飲んでるだれと酔ってる

「嫁さんになれよ」だなんてカンチューハイ二本で言ってしまっていいの

砂浜を歩きながらの口づけを午後五時半の富士が見ている

今日風呂が休みだったというようなことを話していたい毎日

手紙には愛あふれたりその愛は消印の日のそのときの愛

あなたにはあなたの土曜があるものね 見て見ぬふりの我の土曜日

「おまえオレに言いたいことがあるだろう」決めつけられてそんな気もする

愛ひとつ受けとめられず茹ですぎのカリフラワーをぐずぐずと噛む

さくらんぼ少しすっぱい屋上に誰よりも今愛されている

ため息をどうするわけでもないけれど少し厚めにハム切ってみる

一点に戻らんとする心あり墨より黒きものは塗られぬ

さくらさくらさくら咲き初め咲き終わりなにもなかったような公園



「俵万智のチョコレートBOX」自選百首より。

落ちてきた雨を見上げてそのままの形でふいに、唇が欲し

「寒いね」と話しかければ「寒いね」と答える人のいるあたたかさ

たっぷりと君に抱かれているようなグリンのセーター着て冬になる

潮風に君のにおいがふいに舞う抱き寄せられて貝殻になる

我という三百六十五面体ぶんぶん分裂して飛んでゆけ

今日までに私がついた嘘なんてどうでもいいよというような海

いつもより一分早く駅に着く一分君のこと考える

親は子を育ててきたと言うけれど勝手に赤い畑のトマト

思いきり愛されたくて駆けてゆく六月、サンダル、あじさいの花

愛された記憶はどこか透明でいつでも一人いつだって一人

お互いの心を放し飼いにして暮らせばたまに寂しい自由

今何を考えている菜の花のからし和えにも気づかないほど

チューリップの花咲くような明るさであなた私を拉致せよ二月

眠りつつ髪をまさぐる指やさし夢の中でも私を抱くの

日曜はお父さんしている君のため晴れてもいいよ三月の空

優等生と呼ばれて長き年月をかっとばしたき一球がくる

幾千の種子の眠りを覚まされて発芽してゆく我の肉体

蛇行する川には蛇行の理由あり急げばいいってもんじゃないよと

水蜜桃(すいみつ)の汁吸うごとく愛されて前世も我は女と思う

きつくきつく我の鋳型をとるように君は最後の抱擁をする

さりげなく家族のことは省かれて語られてゆく君の一日

ブーゲンビリアのブラウスを着て会いにゆく花束のように抱かれてみたく

焼き肉とグラタンが好きという少女よ私はあなたのお父さんが好き

二週間先の約束嬉しくてそれまで会えないことを忘れる

何層もあなたの愛に包まれてアップルパイのリンゴになろう

「今いちばん行きたいところを言ってごらん」行きたいところはあなたのところ


”かっとばしたき一球がくる”はぃぃなぁ。

まあ、なんだ、かっとばしてこその命。

ぐっばぁぁぁぁぁぃべいすぼぉぉる!






携帯を修理に
1週間ほど前からディスプレイが徐々に青みを帯び、それがかなり濃くなってきたので、近所のドコモショップに。故障判定。

購入してから2年弱だったので新品と交換はできなかったけど(1年以内?)、無料修理(3年以内?)はおk

「1%か2%の確率でデータが全て消えて戻ってくることがありますが、バックアップをお取りしますか?」

パソコンにバックアップ(PC) (携)とってから行ったんで不要だった。
しかしそんな低い確率なんだ。トンで戻ってくるのが原則だと思ってた。

「約2週間かかりますが、貸出機種はやはりNがよろしいでしょうか?お客様が使われている薄型と比べますとかなり‥」

「厚っ!w」

「ええw SOなら少しは薄いのもありますが‥」

「2週間なんでその分厚いN905iで我慢しますw んでいちお取説も貸して下さい」

同じメーカーなので使いやすいけど、でもやはりストレスたまるなぁ。

(´-ω-)



完全保存版 WBC連覇への軌跡
Sports Graphic Number 726号』は「完全保存版 日本野球、連覇への軌跡。WBC完全詳報」。

石田雄太のイチロー独占インタビューはまあまあだったけど、吉井妙子が松坂大輔を描いた記事は面白かった。

優勝の翌日、選手全員の記者会見が行われた。チーム最年少20歳の田中将大が「次は18番を付けて出場したい」と語り、報道陣の爆笑を誘った。しかし松坂は、田中のこの発言がことのほか嬉しかった。
田中の言葉には伏線があった。
サムライジャパンが顔を合わせたばかりの頃、ダルビッシュ有や涌井秀章が、田中を松坂の元に連れ出し、告げた。
「マー君(田中)が、なんで僕が18番じゃないの?って言ってますよ」
ダルビッシュや涌井が田中をからかっているのは百も承知だった。しかし松坂もとぼけて、真顔になった。
「取れるものなら、取ってみろ」
田中は冗談で口にしたことが日本のエースに告げられてしまい、顔を硬直させた。
「僕はそんなこと言ってません。いや、申し訳ありません。ごめんなさい」
顔を真っ赤にし、身を縮めながら恐縮している田中を見ながら、松坂は自分と若手との間に『壁』が存在していることを察知した。


鷲田康による原監督の記事もよかった。原がイチローを外すことを一度も考えなかったこと、4度のバントはいずれも原の指示ではなかったことなど。

しかし最も面白かったのは、永谷脩(はライターとして嫌いだけど)による山田久志投手コーチの記事だった。
防御率、韓国3.00、ベネズエラ4.13、米国5.99に対して、日本1.71。この最強投手陣を率いるに相応しいコーチだなぁ山田はと思える。めんどくさいので引用しないけどw





Appendix

プロフィール

ふじぼう

ふじぼう 自己紹介

月別アーカイブ

ブログ内検索

Extra

カレンダー

03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。