FC2ブログ
AX

Entries

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コピ新
189名無し

俺がまだ中学生の頃の話。
親父が仕事場に手帳を忘れたと言うので届けにいった。
興味半分で中を覗いてみたら、大量のレシートの中に若い女性の写真を発見。
親父に「これ誰」って聞いたら、親父は照れたようにニヤっと笑って「母ちゃんには言うなよ」と言った。

親父の始めてみる顔。
親父にもそんな一面があったのだ。
俺は男同士の約束をした。

でも、俺はその後も写真の女性が気になって仕方なかった。
はっきり言って美人だ。タイプだ。
アイドルにいただろうか。
いや、見たことのない女だった。
それに、あれは写真誌の切抜きではなかった。
一昔前のいわゆる「スナップ写真」というやつだ。
男の直感と言うやつで、俺にはそれが親父の女だと分かった。

親父と俺の名誉のためにあえて言っておくが、決してヌード写真の類ではない。
今時のグラビアアイドルではありえない、地味目のワンピース姿の清楚な女性の写真だった。
気になって仕方なかった。

ある日、俺はとうとう親父の手帳から写真を抜き出した。
スキャナで取り込み、コピーを作った。
それから毎晩、その写真をおかずにオナニーをした。
不思議なもので、過激な性的描写をしたヌード写真なんかよりも、ごく普通の写真のほうがずっと性欲がそそられる。

が、ある日俺はうっかりベッドの上に写真を置いたまま出かけてしまった。
ゴミ箱には前日の名残が山のように残っている。
帰宅したとき、両親はリビングで固まっていた。
「あんた、この写真どうしたの・・・」
当惑したような親父と母親の顔。
焦った。

しかしここは親父を立てなければと、根が孝行者の俺は思った。
「あぁ・・・お、連れにもらったんだ・・・ま、前から気になってる子だったからさ・・・」
親父が困ったような顔をした。
余計なことを喋るなと顔に書いてある。
「いや、だから別に変な写真じゃないって・・・返せよ」
取り返そうとした俺に、親父が言った。

「お前・・・これ、母ちゃんだぞ」

世界中の時が止まった。


コピペ新聞

スポンサーサイト


名言
 
敬遠は一度覚えるとクセになりそうで。


上杉達也



渡辺、白鵬、横峯、ウオッカ
渡辺竜王が6連覇/竜王戦
森内が4タコ…
さらに強くなったのか、渡辺。


白鵬/全勝優勝
年間86勝の新記録。
大相撲のスケジュールは、1月東京・3月大阪・5月東京・7月愛知・9月東京・11月福岡で、15日間×6場所=90戦で、つまり86勝の白鵬は1年で4回しか負けてないと。いやはや。


横峯さくら/逆転優勝で初の賞金女王
(今季の賞金獲得額は約1億7501万円となり、2006年の大山志保の1億6629万円を抜いて過去最高)
勝ったなー、最後で差しきったかあ。


ジャパンC/ウオッカ
日本牝馬初のJC勝利、牝馬初のG1を7勝(シンボリルドルフ、テイエムオペラオー、ディープインパクトと並ぶ)。
2年連続で年度代表馬かな。
名実ともにエアグルーヴを抜いたかも。
しかしさすがルメール…


11月27日、池袋西口に「Esola(エソラ)池袋」が。
池袋駅直結!「Esola池袋」オープン

「Esola池袋」と、既にオープンしている「Echika池袋」を結ぶ通路に、Echika池袋の新ゾーンとして「ESPACE ART(エスパス・アール)」も同時オープンいたします。「ESPACE ART」は「Echika池袋」のアートの薫りがするゾーンとし、飲食も楽しめるくつろぎの空間と、見て歩いて楽しめるアート・ショーケースを提供いたします。
「Esola池袋」と「Echika池袋」の完成により、地上と地下から池袋をより一層盛り上げ、駅と街との融合を目指します。



カンブリア宮殿「食の情報問屋を目指せ ~株式会社ぐるなび取締役会長・滝久雄」
11月30日(月)22:00~22:54(テレビ東京)

プロフェッショナル 仕事の流儀「人気ショップはこうして生まれる ~インテリアデザイナー・片山正通」
11月30日(月)25:25~26:15(NHK総合)

情熱大陸「音楽プロデューサー・亀田誠治」(東京事変のベーシスト)
12月6日(日)23:25~23:55(TBSテレビ)


『BACARDI MOJITO 44』(PC) をウプした。
あえて過去に。表示すると超重いので。
しょぼいスペックのマシン使ってる方はフリーズする可能性あり。
ここまでイジられる曲も珍しい。全部で44のyoutube。




辺境
週に一度は内田樹氏ブログw 『辺境で何か問題でも?

街場の中国論』にも書いたのだけれど、日本は「辺境」の国である。
地理的にどうこうというのではなく、メンタリティが辺境なのである。
「辺境」というのは、「中央」から発信される文物制度を受け容れて、消化吸収咀嚼して自家薬籠中のものとしたのち、加工貿易製品として(オリジナリティはまるでないけど)お値段リーズナブルでクオリティの信頼性の高い「パチモン」を売り出す、そのようなエリアであることを言う。

「辺境」の基本的な構えは「学習」である。「キャッチアップ」といってもいい。
中央との権力・財貨・情報などなどの社会的リソースの分配において自分が劣位にあることを自明の前提として、「この水位差をいかにして埋めるか」という語法によってしか問題を考察することができないという「呪い」がかけられてあることを「辺境性」という。

私は前に『街場のアメリカ論』にこう書いたことがある。

<日本人はアメリカを愛することもできるし、憎むこともできるし、依存することもできるし、そこからの自立を願うこともできる。けれども、アメリカをあたかも「異邦人、寡婦、孤児」のように、おのれの幕屋に迎えることだけはできない。「アメリカ人に代わって受難する」、「自分の口からパンを取りだしてアメリカ人与える」ということだけはどのような日本人も自分を主語とした動詞としては思いつくことができない。日本人はアメリカ人に対して倫理的になることができない。これが日本人にかけられた「従者」の呪いである。>

私は「従者が悪い」と言っているのではない。
だって日本は開闢以来ずっと従者だったからである。
卑弥呼が「親魏倭王」に任ぜられてから「日本国王」足利義満まで、日本はずっと中国の属国として中国皇帝から封爵を受けていたのである。
1945年からあとはアメリカの属国としてその封爵(名誉「アメリカの51番目の州」)を受けている。

日本が「われわれはもう誰の属国でもない」と思ったのは1894年から1945年までの50年間だけである。
その間、日本はずっと戦争ばかりしていた。日清、日露、第一世界大戦、シベリア出兵、満州事変、日華事変、ノモンハン事件、太平洋戦争。
1931年の満州事変から起算して「15年戦争」という言い方があるが、私は1894年から起算した「50年戦争」というほうが事態を正しく言い当てているのではないかと思う。

日本近代史から私たちが学習できることの一つは、日本が辺境であることを拒否しようとするなら、世界中を相手に戦争をし続ける覚悟が要るということである。
これは歴史の教訓である。
そして、すべての戦争に勝ち続けた国は歴史上存在しないというのもまた歴史の教訓の一つである。

ここから導かれる選択肢は二つしかない。
アメリカを含む全世界を相手に戦争をする準備を今すぐ始めるか、このまま鼓腹撃壌して属国の平安のうちに安らぐか、二つに一つである。

論理的にはどちらも「あり」だと思うが、現実的に言って、今の日本の政治家のうちにも官僚のうちにも軍人のうちにも、アメリカを相手に戦争をする覚悟のある人間は一人もいないから、第一の選択肢は採ることができない。
必然的に第二の選択肢だけが日本にとって現実的なものである。

現に、日本はその歴史のほとんどの時期を「辺境」として過ごしてきており、辺境の民であることの心地よさは深く国民性のうちに血肉化している。
小学生から英語を習わせようというのは、寺子屋で四書五経を素読させたのとメンタリティは同じである。江戸時代の子どもだって別に「町で中国人に道を聞かれたときに困るから」という理由で漢文の読み書きを教わったわけではない。遠い海の彼方に中国という上位文化があり、その底知れぬ奥行きを学ぶことが辺境の民としての「義務」だと観念されていたからそうしたのである。

実用性なんてない。四書五経の素読を通じて、江戸時代の子どもたちが学んだのは「学ぶ」とはどういうことか、ということである。「子どもには決して到達しえない知的境位が存在する」という信憑を刷り込まれるということである。

それがみごとに成功して、その時代の日本人の識字率は世界一の水準に達していた。
アジアの蕃地に来たつもりの欧米の帝国主義者が日本に発見したのは「知的なエルドラド」であった。その消息は渡辺京二『逝きし世の面影』に詳しい。

「辺境」は(自分が辺境だという意識を持ち続けることによって)はじめて「中央」を知的に圧倒することができる。日本の歴史はその逆説を私たちに教えている。

戦後62年、「アメリカの辺境」という立ち位置にとどまることによって日本は世界に冠絶する経済大国になった。

日本人がバカになり、世界に侮られるようになったのは、80年代のバブル以降であるが、それは日本人が「オレたちはもう辺境人じゃない。オレたちがトレンディで、オレたちが中心なんだ」という夜郎自大な思い上がりにのぼせあがった時期と同期している。学力低下もモラルの低下も、みんな日本人が「辺境人」根性(「いつかみてろよ、おいらだって」)を失ったことにリンクしている。

だから私が申し上げているのは、属国でいいじゃないか、辺境でいいじゃないか、ということである。せっかく海に囲まれた資源もなんにもない島国なんだし、人類史以来地球上で起きたマグニチュード6以上の地震の20%を一手に引き受けている被災国なんだし。

おのれを「上位文化」の下位にあるもの、「述べて作らず」の祖述者のポジションに呪われてあるものとして引き受けるとき、日本のパフォーマンスは最高になる。
ある種の「病」に罹患することによって、生体メカニズムが好調になるということがある。

だったらそれでいいじゃないか、というのが私のプラグマティズムである。

「属国」であり、「辺境」であることを受け容れ、それがもたらす「利得」と「損失」についてクールかつリアルに計量すること。病識をもった上で、疾病利得について計算すること。
それが私たちにとりあえず必要な知的態度であろうと思う。

健康であろうとしたせいで早死にした人間をたくさん見て来たせいでそう思うのである。





Ranking/クリスマス
丸の内も銀座もクリスマス仕様になってきましたなあ。

ヽ(´ー`)ノ

クリスマスに恋人と聴きたい「ラブソング」ランキング

1.ラスト・クリスマス/WHAM!
2.クリスマス・イブ/山下達郎
3.恋人たちのクリスマス(All I want for Christmas is you)/Mariah Carey
4.白い恋人達/桑田佳祐
5.WINTER SONG/DREAMS COME TRUE
6.いつかのメリークリスマス/B’z
7.Happy Christmas(War is over)/ジョン・レノン
8.ホワイト・クリスマス
9.恋人がサンタクロース/松任谷由実
10.クリスマスキャロルの頃には/稲垣潤一

ぼくのipodには「クリスマス」というカテゴリがあって、夏でもよく聴いてノリノリ。季節感ゼロ。


クリスマス・イルミネーションのランキング(2007)

<東日本ランキング>
1.「東京ドイツ村 クリスマス&ニューイヤーイルミネーション」(千葉)
2.「さっぽろホワイトイルミネーション」(北海道)
3.「光の花の庭」(栃木)
4.「台場メモリアルツリー」(東京)
5.「東京ミッドタウン」(東京)

<西日本ランキング ベスト5>
1.「光の街2007 スピリチュアルライト~光の癒し力」(長崎)
2.「OSAKA光のルネサンス」(大阪)
3.「ひろしまドリミネーション2007」(広島)
4.「光と花のページェント2007 in 淡路夢舞台」(兵庫)
5.「ラグーナ蒲郡 ウインターイルミネーション」(愛知)


今聴きたいクリスマス・ソング・ベスト100【5枚組】





初Hするまでの期間
20代女子に聞いた「彼と付き合ってから初Hするまでの期間」ランキング

第1位 1ヵ月 20.6%
第2位 3回目のデート 20.0%
第3位 2ヶ月 16.0%
第4位 3ヶ月 11.4%
第5位 付き合ったその日でも! 9.0%
第6位 付き合った日の次のデートで 6.6%
第7位 1年以内 6.0%
第8位 1年以上 4.4%
第9位 半年 3.4%
第10位 付き合った時にはもうHしている 2.6%


正解は第10位ですね。試験に出るのでマーカーで線を引くように。
(HじゃなくてFが完全解)

女性に「私達って付き合ってるよね?みたいに相手に確認してからフ*ックするか?」と質問すると多くの女性が「やっぱり確認する」と答えるのに対して、男達にきくとほぼ全員が「そんなの確認したことない。まずはやってから」と答える。

男達が照れてたり強がったりしていることもあろうが、それを差し引いても乖離がすぎ、ここは「男はただやりたいだけなので女の確認質問に対して上の空で生返事し、それを覚えていない。」が正解とみたが如何か。

|∀・).。oO(如何か!って言われても・・・)


20代女子に聞く『異性と2人で会うとき、「これはデート」と思う境界線』ランキング
(LoveとLikeを分けるラインをどの辺りで引いていますか?)

第1位 日帰り旅行に行く 24.7%
第2位 買い物をする 12.3%
第2位 映画に行く 12.3%
第2位 夜景を観にいく 12.3%
第5位 2人で飲む 10.0%
第6位 遊園地に行く 9.7%
第7位 食事する 7.7%
第8位 お茶する 6.0%
第9位 相手の家に遊びに行く 2.7%
第10位 ドライブする 2.3%


合コンしてみたい男性の職業ランキング

1.医師 2.パイロット 3.お笑いタレント 4.芸能人 5.弁護士
6.マスコミ関連 7.経営者 8.大手メーカー 9.公務員 10.ミュージシャン


合コンしてみたい女性の職業ランキング

1.モデル 2.看護師 3.客室乗務員 4.芸能人 5.保育士
6.美容師・理容師 7.声優 8.アパレル関連 9.医師 10.ホステス


「アパレル関連」で思い出した。
銀座の某アパレル店でy*m*の彼女が働いていると、そしてその彼女は「絶世の美女である!」と(本人から)聞き、『どぉきぃのさぁくらぁ♪』(PC) (携)の同期飲みの直前に、MOの結婚式二次会(『MOの結婚』(PC) (携))の裁判コントで使う小道具を買うため、JKと銀座マロニエゲートのハンズに行ったついでに二人してその彼女を現認しに行ったのだが、武士の情けじゃ、コメントは差し控えt


20代女子に聞く「彼とのキスがドキドキする期間」ランキング

第1位「いつでもドキドキする」29.0%
第2位「3回目くらいまで」14.0%
第3位「1ヶ月」11.7%
第3位「半年」11.7%
第5位「初Hするまで」9.7%
第6位「3ヶ月」9.3%
第7位「はじめの1回だけ」5.3%
第8位「1年」4.0%
第8位「2・3年」4.0%
第10位「4・5年」1.3%



20代女子に聞く「恋愛に求める一番大切な要素」ランキング

第1位「自然体でいられること」26.7%
第2位「幸福感」22.3%
第3位「信頼関係」14.3%
第4位「安心感」13.3%
第5位「楽しさ」6.3%
第6位「安定」4.3%
第7位「刺激」3.7%
第8位「コミュニケーション」3.3%
第9位「相手の魅力」3.0%
第10位「思いやり」2.7%


このなかの一体どこに入ってるんだろ、あれは。どこだ。どこだ。





The Peninsula Tokyo
ザ・ペニンシュラ東京京都 つる屋』。

(・д・)ウマー

京都の本店は『ミシュランガイド京都・大阪 2010』で三つ星を獲得した。その姉妹店。

7月、友人と話していたとき。
「そういや、ミチノさん、元気にしてはんの?」
「あ、ミチノさんな、『LesArts Sante(レザール・サンテ)』閉めはるんよ」
「え?」
「つい先日メールきてん。福島(大阪)に『Michino Le Tourbillon(ミチノ・ル・トーゥールビヨン)』を出しはるらしいわ」

ミシュラン京都・大阪、なぜ天才フレンチシェフ道野さんの店を載せてない。阿呆?


銀座 寿司幸本店
(丸ビル35階にも入っとります)

(・д・)タラフク クッター



名言
 
人生に執着する理由がない者ほど、人生にしがみつく。


エラスムス



人生に執着なんてするから「人生に執着する理由がない」しょーもない人間になってしまうんじゃないかと。



ふじぼう自画像
 ふじぼう(ホンモノ)

似顔絵イラストメーカーで作成してみたわけだが、異存あるまい。
「ちょwwwここまで似てたら写真公開してんのと同じwww」
くらい言われても不思議じゃない。
正直、迷ったが、公開する。
銀座で遭遇しても指さしたり石なげたりしないで下さい。


あ、こっちは知らないおじさん。

 ふじぼう(ニセモノ)


それにしてもカピバラさんはいい。
旭山動物園でもカピバラがいちばんイケてた。ぬいぐるみ買ったもの。目が合ったから。
(ほんとは細長いカピバラさんがどうみてもチ*ポコです本当にありgだったからだけど)


“萌えキャラ看板”で話題の寺が、携帯電話で聞ける「お経」を販売

境内の案内看板に“萌えキャラ”を起用し、話題となった了法寺(東京都八王子市)。今度はなんと、携帯電話でお経が聞けるというカードを発売する。10/31(土)より了法寺の境内で販売される「モバイルお経」(500円)だ。

ぼくのiPodには、永平寺の「妙法蓮華経観世音菩薩普門品第二十五(観音経)」@25分間が入っている。amazonでは見つからないなあ。『永平寺の朝 大梵鐘と般若心経』の「摩訶般若波羅蜜多心経(般若心経)」が近いか。お経はいい。『マタイ受難曲』の方が聞く頻度は圧倒的に高いのだけれど。

YouTubeで100万回以上視聴! 14歳の天才少女・小林愛実デビュー

14歳の日本人ピアニスト・小林愛実が、モーツァルトのピアノ協奏曲第26番を演奏しているYouTubeの映像は1,138,761ビュー(2009年11月20日現在)を記録。ヨーロッパ、ロシア、アメリカ、オーストラリア、中国、日本と世界中で広く視聴され話題を呼んでいる。そのほか数々の演奏映像の総ページビュー数を合計すると400万回にものぼるという。
小林は、11月に韓国で開催された「ショパン国際ピアノコンクールin Asia」のジュニア部門で1位を獲得した。これは彼女にとっては2度目となる受賞。その他国内でも数々のコンクール最年少記録を塗り替え、アメリカ、ニューヨークの名門ホール“カーネギー・ホール”で既に3回演奏。その演奏は、世界的ピアニスト、マルタ・アルゲリッチやエフゲニー・キーシンも絶賛している。


発売3か月で在庫ゼロ!使い方自在の腹巻き“チューブラー”が大ブレイク

マッサージ効果も!レンジでチンする保温グッズでほっこり&リラックス



増殖中ですよ
1.シンデレラ男(童貞)
2.勘違いセレブ女(30代後半の中途半端ブス)

1.増殖するシンデレラ男

昨年12月、一冊の本が出版され話題を集めた。「30歳の保健体育」(三葉)。第2弾の「30歳の保健体育/恋のはじまり編」と合わせ、現在までに12万部を売り上げている。読者の中心は25歳前後の男性。AVやH系のゲームなどでセックスの知識はあるが、実践することに自信が持てない…そんな心理から購入するようだ。

特徴的なのは、仮想世界と現実のギャップへの配慮が多いこと。「ゲームの常識を捨てよう」という項目では、基本的に信じてはいけないものとして「処女なのに感じる」「顔にぶっかけ」などが取り上げられている。女性との出会いについて「アニメなどの典型である、朝遅刻しそうになりながら学校へ向かう途中でパンをくわえた女の子とぶつかるというようなことは、現実ではまずありません」と説明している。
童貞は現実世界ではあり得ないような夢物語をピュアな心で信じているようだ。

現在の童貞はどういった男性たちなのか。「よく草食系男子と一緒にされますが、それは違う。今の童貞の人は理想の“お姫さま”を待ち続けているのです。セックスも好きな人としかしたくない。結果的に経験がないのかな、と」(同)

実際、童貞男性に意見を聞いてみると、「“初めて”は好きになった女性とシたい。風俗は病気とかも怖いから嫌だし、ボッタクリとかも聞くので何だか怖い気もする。きちんと女性と付き合った上で経験したい」(25歳・会社員)。

30~34歳の童貞の数が増えている。
国立社会保障・人口問題研究所が2005年に行った「結婚と出産に関する全国調査(独身者調査)」で、「これまでに異性と性交渉を持ったことがありますか?」という質問に対して肯定的な回答をした男性は64.3%にとどまった。前回(02年、71%)からガクンと落ちている。つまり童貞の数が上昇傾向なのだ。

アキバ系の童貞ヲタクたちの間では「30歳まで童貞を守れば魔法使いになれる」という迷信もささやかれている。


突っ込みどころ満載だけど、独身男性の64%しか異性との性交渉がないってことは、風俗経験を除けば50%くらいになるんじゃ?
う、うそだろっ!
だなんて真性包茎・真性短小・真性童貞のぼくに驚かれたくもないよね、ごめん。

(●´ω`●)ゞ

2.勘違いセレブ女が増殖中 “中途半端ブス”“30代後半”

「男性に優しくされた経験が少ない女性。あえて申し上げれば、中途半端にブスな女性ほど女としての勝ち組願望、つまりセレブ願望に歯止めがかからなくなる傾向があります。一度、“勘違い女”になったら、周りが何を言ってもダメですね」

こう語るのは、ステータスの高い男女を対象に、結婚を前提とした出会いの場を提供する結婚相談所「セレブリティ」(東京・白金台)の高山和子代表取締役。同社には、厳しい審査をパスした独身女性が常時数百人単位で登録しているが、その一方で高山さんはこれまで、何人もの“勘違い女”を強制退会させてきたという。

「勘違いする女性は30代後半に多い。中でも、男性の選択肢が狭い人ほど現実逃避する傾向が強い。彼女たちは結婚相談所や婚活サイトに活路を求め、現実ではあり得ないような高条件の出会いがあると妄信してしまうのです。」

ところが、こうした女性の周囲にはなぜか、いいように利用されるだけの男性が多く集まるのだという。女性に言い寄られた経験が少ない中高年男性には美人に対する疑心暗鬼があるが、相手が「中途半端にブスな女性」だと安心感が先に立ち、“落とし穴”にハマることになる。

「美人でない女性のほうが性格が良さそうに見える点も大きな落とし穴です。実際は逆のケースのほうが多いのですが…」(高山さん)

そんな“勘違い女”たちについて、心理学者の日向野春総氏は次のように語る。
「まさに『交代人格』の典型ですね。居心地の良い夢のセレブ生活にいる自分が主人公で、現実の自室に1人でいる自分は、みすぼらしくてすぐに消したい存在なのです。永遠に埋まらないこのギャップを埋めるためなら手段を選ばず、出会い系サイトなどでワナにかかった男を踏み台にするタチの悪い女性は非常に増えています。今回の事件でも、数十万円単位で被害にあった人はもっといるかもしれません」


性格の善し悪しを美人かブスかという容姿で区別するのも理解できないでもないけれど、質の良い愛情を注がれてきた女性とそうでない女性で区別するほうが正しいかと。



即時の換金性が高い技能
ぷるぷる」。またしても内田樹氏ブログから。

同一の空間に生物がひしめきあって、限定されたリソースを分かち合っているときには、種によって体型や活動時間帯や活動域や食性を異にする方がシステム維持上安全である。それゆえ、生物はサイズや機能や生態を多様化している。夜行性と昼行性の生物では同じ空間にいても場所の奪い合いが起こらないし、肉食動物と草食動物の間では食物の奪い合いは起こらない。

すべての種は他の種と環境世界を「ずらす」ことで限定された環境資源を最大限に活用し、かつおのれ自身の限られた生物資源をもっとも有利な機能に限定して発達させている。人間も生物である以上そうすべきだろう。

たしかに、世界中どこにいっても人間のありようが標準化・規格化されると、生きる上ではいろいろな便益があるだろう。世界中どこでも乾電池やカセットテープの規格が同じであるように、万人が同じ言葉をしゃべり、同じロジックを用い、同じものを欲望し、同じものを忌避するとしたら、たしかにコミュニケーションは容易になるだろう。

けれども、そのような世界は個体の生存にとっても種の生存にとってもきわめて不利な世界だということを忘れてはいけない。個体レベルで言えば、それは「いくらでもあなたの代替物がいる」ということだからである。あなたと同じ欲望を持ち、同じ行動規範に律される個体の数が増えるほど、あなたの唯一無二性は損なわれる。

大学の「実学志向」というのは端的に「グローバル経済にジャストフィットするように教育を規格化・同質化・効率化すること」である。それは短期的には学生たちに換金性の高い資格や技能を賦与することに成功するだろうけれども、いずれ同じような資格や技能をもった労働者たちが大量生産されるから(だって国際規格なんだから)、自動的に彼らの労働条件はひたすら切り下げられてゆく。

いま日本の大学は、学生たちをいくらでも替えの利く国際規格の標準的能力しかもっていないので、いくら安い賃金でこき使われてもそれに耐えるしかないワーキングプアとして社会に送り出す教育工場になるという自滅のシナリオを粛々と実現しようとしている。

私がぷるぷる震えるのもわかるでしょ。

社会の均質化・規格化の圧力に対する「否」は、そのような圧力から逃れることのできる「小さな場所」を社会の片隅に構築するかたちで実現されるしかあるまい。権力や財貨や情報や文化資本が差別化のために過度に機能しないような「逃れの街(アジール)」を同一的な社会の中の特異点として築くこと、それがかろうじて私たちにできることではないか。


どうしていつも内田樹から引用するのかというと、もちろん内容が面白いからだけど、おまけに同氏の本は全てブログを書籍化したもので、つまり原文がWEB上にあるので入力しなくてすむからでもある。本(今回は『こんな日本でよかったね―構造主義的日本論』)を読んで「あ、おもしろい」と思ったらブログを検索して該当箇所を引用する。「いくらでも引用してよろしい」という豪儀。

P.クルーグマンやW.バロウズの翻訳者で、あの傑作『新教養主義宣言』、そして最近その姉妹編『訳者解説 -新教養主義宣言リターンズ-』を出版したばかりの、「訳者のネームバリューで本が売れる稀有な翻訳家」といわれる山形浩生(おかしいなぁ、以前迂回で山形の紹介をしたと思ったんだけどブログ検索しても出てこない。書かなかったんだろうか。ニューヨークのYW嬢の部屋で『新教養主義宣言』が積んであるのを見つけて「げっ!Yちゃん!山形まで読んでんのかよ!」と驚いた、そう、あの、いやだから「あの」って言われても紹介してないんだから「あの」じゃないんだけど、その山形)のサイトには「リンクするなら黙ってやれ!」と題して「リンクを張らせろとかいうしゃらくせぇメールはよこすなバカ野郎! ケチなんかつけねーから、どこへでも黙ってさっさと張れ! そういうメールをよこしやがったら、断るからな。いちいち相手の身元を確認していいの悪いの判断するほど暇じゃねーんだ! そんなけちくさい真似するくらいなら、最初っから無料でこんなもん公開したりしねーぞ! 世間様におめもじさせられねぇと思ったら、その時点で引っ込めるわい。 」とあって、やはり豪儀っつーか面倒臭がりなんだろうな。


『役に立たない読書こそ』(PC) (携)でも書いたけど、、「実学?ぷぷっ」である。
でも大丈夫、この国には規格・規範の外部に生きる若い人たちがちゃんと育ってる。




I Musici
I Musici(イ・ムジチ合奏団)が好き。

イタリアの室内楽団。
1952年にローマの聖チェチーリア音楽院の卒業生12名が集まって結成。
楽団としては指揮者を置かず、楽員全員の合議で音楽を作り上げる形式をとる。
編成はヴァイオリン6挺、ヴィオラ2挺、チェロ2挺、コントラバス1挺、チェンバロ1台。

イタリアや世界のバロック音楽界における最も名高い楽団のひとつであり、日本での人気も高い。彼らの演奏するヴィヴァルディの『四季』はバロック音楽ブームの火付け役だと言っても過言ではない。フェリックス・アーヨ、ロベルト・ミケルッチ、ピーナ・カルミレッリらがリーダーをつとめた。

「I Musici」とはイタリア語で「音楽家達」(The Musicians)を意味する。


YouTube検索「Vivaldi - Four Seasons (Winter)」

「え?Vivaldi?」とかそういうこと言っちゃだめ。
まったくだめ。なってない。基本姿勢がなってない。

I Musici 公式サイト

あ、日本ツアー終わったばかりだったかあ。
サントリーホールなんて絶対にチケットとれないだろうなあ…てかなんで徳島で2回!?

10/11(日)東京/サントリーホール
10/12(月)大阪/ザ・シンフォニーホール
10/13(火)徳島/あわぎんホール
10/14(水)前橋/前橋市民文化会館
10/15(木)徳島/あわぎんホール
10/20(火)札幌/札幌コンサートホールKitara
10/21(水)東京/サントリーホール
10/23(金)鳥取/米子市公会堂


ヴィヴァルディ:協奏曲集《四季》



綾瀬はるかが同世代の女優をぶっちぎり始めた(日刊ゲンダイ2009年11月11日)

連続ドラマ「JIN―仁―」の視聴率が絶好調だ。初回16.5%、第3話17.2%、さらに第5話で20.3%を記録した。今年の連ドラで20%を超えたのは木村拓哉の「MR.BRAIN」と「救命病棟24時」のみだ。

“20%超え”に大きく貢献していると評判なのが綾瀬はるか(24)。業界に出回っている綾瀬の最新の潜在視聴率は13.7%で、これは大沢の8.6%、共演の内野聖陽の6.6%を大きく上回る数字です。ちなみに、綾瀬の潜在視聴率は同世代の相武紗季(10.6%)、長澤まさみ(8.8%)、上野樹里(6.5%)と比較してもダントツ。




名言
 
やってみせて、言って聞かせて、やらせてみて、ほめてやらねば、人は動かじ。

話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず。

やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず。


山本 五十六



タイムマシンで戻れたら
20代女子に聞く『もしタイムマシンで戻れたら高校生の自分に言ってあげたいこと』ランキング

第1位「もっと勉強しておいて!」20.4%
第2位「もっとオシャレして!」19.2%
第3位「好きな人にはちゃんと告白しておけ!」14.6%
第4位「そのまま頑張れ!」11.0%
第5位「部活や習い事をもっとまじめにやっておけ!」8.4%
第6位「友達を大事に!」7.8%
第7位「そんなに食べると太っちゃう!」7.2%
第8位「アルバイトしておけ!」5.0%
第9位「そんな男と付き合うな!」4.0%
第10位「もっと親孝行しろ!」2.4%


「20代前半の自分に絶叫してやりたい、たった2つのこと」(ふじぼう編)

1.油まみれの雑巾をいつも突っ込んでるそのヘルメットを毎日被るのはやめろーっ!

2.三ヶ月に渡って毎日食べ続けることになるその半パイントのハーゲンダッ*から手を放せーっ!

(・д・` )

「人生最悪だったキス」ランキング

1.相手の口臭がひどかった
2.好きでもない人が突然キスしてきた
3.酔っ払ってどうでもいい人とした
4.歯と歯が激しくぶつかった
5.罰ゲームでした
6.髭が当たって痛かった
7.家族に見られていた
8.やたら長時間だった
9.人前でキスをされた
10.別れ話の後の最後のキス


『ファーストキス』(PC) (携)


会話において面倒だと感じられる女性ランキング

1.自慢話が多い女性(100票)
2.自分の理屈で意見を押し通そうとして感情的になる女性(98票)
3.アドバイスに対してとにかく否定する女性(83票)
4.みんなで話しているのに話の腰を折る女性(78票)
5.解決した相談内容を繰り返し相談する女性(74票)
6.話がコロコロ変わる女性(58票)
7.プライベートのことを馴れ馴れしく聞いてくる女性(45票)
8.話が長い女性(43票)
9.自分のことを名前で呼ぶ女性(35票)
10.話すスピードが速い女性(28票)


浮気をされてしまう人の傾向ランキング

1.束縛をしたがる
2.ナンパしてきた人とすぐにつきあう
3.嘘をつく
4.なんでも言いなりで自分の意見がない
5.勝手に携帯を見る
6.尽くす
7.釣った魚にエサをやらない
8.ネガティブ思考
9.仕事や勉強が忙しすぎる
10.異性の友達は認めない




世界の平和と崩壊と。
ああなんとか世界が平和にならないかなあと思うココロとああいまこの瞬間にでも世界が消えて無くなればいいのにと思うココロと、この2つがあっさり共存するのが正常で健全な人間なんだけど、世界の崩壊を欲望するココロに対していかに応接するかは人の生の方向性を決定付ける重要な要素だと思う。

第一に。
その両者の存在自体を認識できる(「視る」)かどうかが、まずは決定的である。世界の崩壊を欲望するココロを意識下において抹消してしまうことが多いかと思われる。キハンの起動である。自分でも気付かぬうちに内面化してしまったキハンが自分でも気付かぬうちに「悪」と判断しその存在を許さず、存在しなかったことにする。
問題外だ。

フロイトは、「生への欲動」を『エロス』、「死・破壊への欲動」を『タナトス』と呼んだ。(これらはフロイトの造語ではなく、ギリシア神話から想を得たもので、『エロス』は恋心と性愛を司る神、『タナトス』は死そのものを神格化した神である)


第二に。
(二つの相反するココロの存在を認識したとして)矛盾を否定するか肯定するかが、次に決定的である。
矛盾を否定する人間は、どちらかを意識上で意思的に抹消するか、あるいは一つ高い次元において両者は矛盾しないと弁証法的に解消するかもしれない。対して、矛盾を肯定する人間は矛盾そのものを自分のうちに認め、さらには矛盾をこよなく愛するかもしれない。

ヘーゲルは、アウフヘーベン(aufheben)という単語を再構成し、矛盾をより高次の段階で統合する過程が発展の原動力だああみたいな概念(「止揚」「揚棄」)を提唱したが、しかし、解消できる矛盾など愛に値する矛盾ではない。


高段者の将棋では、駒がぶつかりあった状態で指し手が進む。
2筋に銀と飛、4筋に歩と歩、5筋に歩と歩、7筋に香と角というように、対立を含んだまま局面は極めて複雑なものとなる。
下段者はすぐに駒をとってしまう。
対立と複雑さに耐えられないからだ。




Appendix

プロフィール

ふじぼう

ふじぼう 自己紹介

月別アーカイブ

ブログ内検索

Extra

カレンダー

10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。