FC2ブログ
AX

Entries

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


M川からのメール
ふじぼう

チェコ語の勉強は続けてるけど、それは趣味の範疇。英語のほうが圧倒的に大切。

英語は本当に苦労している。努力はしてるし仕事でも使っているが中々うまくならない。
今の仕事では英語が基本で、それもかなり高度な英語を使う連中が多く、会議前も準備するようにしているが応用交渉が必要なことも多々あり、またクライアントが話す会話内容がわからないことも多い(よりBritishになればなるほどわからん)。

多様な言語が存在する欧州でも、(例えば中東欧でも)大臣、また大手企業のBoard Membersはたいてい英国・米国の大学を卒業(留学)しており、高度且つ綺麗な英語を話す。

最近強く感じる。やはり米国・英国の大学で、英語で授業を受け、英語の教科書を読み、英語で議論し、英語でレポートを提出するなど、英語漬けの苦しみを経ないと次のstepにいけないのではと。

ところで、話は変わる。出張に行けばいくほど強く感じるが、日本はガラパコス化してきており震災後その傾向は加速している。誰も、もう東京には海外からこないでしょう(来たくないでしょう)。
戦後の経済力強い日本はもう薄れ、幕末時代の貧しい僻地にある小さな島国になりつつある。幕末時代は海外列強が そんな島国にも興味を示し開国を促すために外圧をかけたが、放射能に汚染されているこの島国に今どこも興味をしめさない。よって、外圧による変化もなく、知らず知らずガラパコス化(鎖国化)していくのでしょう。

そんな中、果敢にも、その年齢で今でも挑戦しているふじぼうは本当えらい。俺も頑張らないとと強く思う。

東京にいてはだめで、海外で挑戦と創造をしないといけないと思うが、今の業務をやって限りはmanagementのために東京に当分いないといけない。あせる。



***

羽生は、佐藤や森内といったライバルがいなかったら、自分はここまで来られたか分からないと言っている。

欧州で巨大な案件をあの豪腕でまとめたM川を始め、努力を怠らなかったサークルの同期、先輩、後輩たち。

ぼくたちはみなこうやって互いにエールを送り、叱咤激励っつか煽りまくってる。

人生は退屈だ。だから真剣に人生というゲームを楽しむ。

人間は不自由だ。だから自由を獲得するために真剣に努力する。


一言でいうと、「いえーい、ちんぽっ!!」なんだと思う。ほんとに。

ヽ(´ー`)ノ

スポンサーサイト


それでも、想わない日はない
遠く距離を置いて

時間がすぎるのを感じて

元気をつけてがんばって働いて

なるべくなるべく想い出さないように自分をもっていっても

それでも、想わない日はない

あの人からもらったたくさんの愛情

喜んでくれた時の顔

私自身が嬉しくてとっても幸せだった時のこと

いつか、ああこのごろあの人のことを考えなくなった、って

なれるのかしら


『おいしい関係』槇村さとる



The End of the Free Market
昨日は事務所のSEであるOさんの披露宴だった。
新郎新婦の人柄が滲み出た、大変よい宴であった。
が、新婦とその妹さんがいちばん可愛いく、新婦友人全員が…(・д・` )…という披露宴は、「披露宴の御祝儀は合コンのエントリー料である」と考えるすべての男たちにとって、由々しき事態といえやしまいか。

(・д・` )

「NHK教育テレビ、来月から『Eテレ』に名称変更」

(´-`).。oO(『E電』を思い出さずにいられない…)

「マネー商品 比較・ランキング」

H井がツブヤッキーで引用してた「合コンで男を落とす6つのテクニック/泥酔おもらし女子で高レベルな恋愛を」はウケタwwwぼくならこの全ての方法で簡単に落ちる。

ネトリYTがツブヤッキーで引用してた「水野敬也 ウケる日記/お金持ちになる方法」、このひと、ほんと温度とリズムが独特で面白いなぁ。緩急自在。

「告白された人数」

男性平均=1.8人
女性平均=4.5人


そっか、「スタンフォード白熱教室」のティナ・シーリグは、『20歳のときに知っておきたかったこと/スタンフォード大学集中講義』の著者なのね。なるほど。

二宮清純「プロ野球の時間」第440回「最も日本プロ野球に影響を与えた外国人選手、ダリル・スペンサー」は、野球選手の観察力(投手のクセを盗む)について書いている。面白い。

「子どものころに好きだった異性の二次元キャラ」

<男性編ベスト5>
1位:源静香(ドラえもん)
2位:ブルマ(ドラゴンボール)
3位:月野うさぎ(美少女戦士セーラームーン)
4位:浅倉南(タッチ)
5位:則巻アラレ(Dr.スランプ)

<女性編ベスト5>
1位:孫悟空(ドラゴンボール)
2位:地場衛/タキシード仮面(美少女戦士セーラームーン)
3位:蔵馬(幽遊白書)
4位:ドラえもん(ドラえもん)
5位:三井寿(スラムダンク)
5位:飛影(幽遊白書)


金融資本主義を超えて―僕のハーバードMBA留学記』『132億円集めたビジネスプラン』の岩瀬大輔氏については以前も書いたけど(PC) (携)、『入社1年目の教科書』を出したようだ。
ところで、同氏は2010年に世界経済フォーラム(ダボス会議)のYoung Global Leadersの1人に選出されている。そして、2007年に選出されたIan Bremmer (イアン・ブレマー)が『自由市場の終焉/国家資本主義とどう闘うか』(The End of the Free Market -- Who Wins the War Between States and Corporations)の出版に合わせて来日し、6月6日は六本木ヒルズ森タワー49階のアカデミーヒルズ49で、同8日は有楽町電気ビル北館20階の日本外国特派員協会で講演をする。
同書の原稿の赤ペン先生を務め、著者に同行して帰国するYW嬢と8日に会う予定である。

ヽ(´ー`)ノ





女は後半からがおもしろい
こないだ出版された上野千鶴子と坂東眞理子の対談『女は後半からがおもしろい』から面白かった箇所を4つ。

上野▼私、学生に言うんですよ。職場で10年、20年と勤続している人を見て、その中に「こうなりたい」と思う人がいなかったら辞めたほうがいいよ、って。▲

毎年多くの修*生の採用面接をするんだけど、(よほどガキかバカでない限り)彼ら彼女らには「どんな仕事がやりたいかって、意味ないよ。どんな人と一緒にやりたいか、そこを見たほうがいいよ。採用面接にどんな弁*士が出てくるのかを」と必ず言うようにしている。

本音を言うと、ぼくと30分以上も同じ空間にいて、「この人と一緒に働きたい!」と思えないようなガキに用はない。と傲慢かましたいところだけど、一昨年はPに2人、昨年はJに2人もっていかれたのは、ぼくに魅力がないせいだと思う。という謙虚さなどぼくにあるはずがない。


上野▼企業の採用担当者が話していましたが、就職試験で「好きなことなら夢中になります」と言っても得点にならない。大事なのは、「キライなことでもきちんとこなせるかどうか」だと。▲


坂東▼歳の重ね方も人それぞれで、ずいぶん格差がありますよね。人生の最終章は、健康・体力の違いはもちろん、人間性や人柄など、その人の人生の総決算。その段階では、もう総合力の本当の「人間力格差」が突きつけられるという気がしています。▲


上野▼女性の賞味期限がどんどん延びているように思います。それで、私はよく周囲にこう尋ねています。「男友達の在庫はいる?」と。「友達以上恋人未満」の男性を確保しておくのがいい。▲

この発言は、さすがだと思う。問題は「友達以上恋人未満」が何かってこと。

しょーもない女は小手先で男を利用しようとするけれど、そんな女に利用される男はしょーもない男に決まってて、残念ながら、しょーもない男はしょーもないことしかできず、本当に必要な場面で頼りになるのは本当にいい男だけで、本当にいい男は、本気で愛したこともない女に「本気で一肌脱ぐ(go the extra mile)」ことはしてくれない。

「友達以上恋人未満」ってのは、過去に魂が交わるような恋愛をした相手、ってこと。

(o ̄ー ̄o)



アメジョ
教授の部屋を女子大生が訪れた。

「先生、お願いです。今度の試験で私に合格を下さい。その為なら…何でもします…」

教授は彼女の瞳を見つめる。

「何でも…するのかい?」

「…はい…」

彼女の耳元にそっと教授は囁いた。

「それじゃ…してくれるかな…勉強を」

***

裁判官「あなたはなぜ夫を椅子で殴ったのですか?」

妻「それは、テーブルがあまりにも重かったからです」

***

テッドが婚約指輪を買いに行き、名前を彫って欲しいと頼む。

宝石商が 「どのようにお彫りしましょう?」と尋ねると「そうだな。『メアリーへ愛を込めて テッドより』と彫ってくれ」

すると、宝石商は慣れた感じで言った。

「悪いことは申しません。『テッドより愛を込めて』とだけになさいませ」




組織を「前に進める」駆動力
内田樹氏ブログ「アカデミアと親密性

文科省主導の「成果主義」的モデルは、「アンダーアチーブの人間を脅かし、萎縮させる」という効果はあるが、「すでにオーバーアチーブをしている人間をエンカレッジする」効果はない。

だが、教育研究機関においては、「ろくな仕事をしない人間を脅しつけて標準的な仕事をさせる」ことより、「標準をはるかに超えて働く人間にフリーハンドを保証することで、オーバーアチーブメントを上機嫌に継続していただく」ほうが、成果の達成というプラクティカルな観点から言えば、ずっと効率的なのである。

教職員のうちの20%は給料分の仕事をしていない。60%は給料分働いている。20%は給料分以上の仕事をしている。この比率は世界中どこの国のどんな組織でも変わらない。

その20%のオーバーアチーブメントが組織を「前に進める」駆動力を提供している。
だったら、給料分の仕事をしていない20%を検出して、きびしく考課し、脅しつけたり、萎縮させたりする時間と手間があるなら、それをオーバーアチーバーたちに「気分よく働ける環境」を提供することに使う方がよほど合理的である。

給料分の仕事をしていない人間がもたらす損失は最大でも給料分であるが、給料分以上の仕事をしている人間がもたらす利益は彼らに支給されている給料をゆうに超える。

それなら、メンバーを査定したり評価したり、競争的環境において限られた原資をラットレース的に争奪させるよりも、ほんわかした「気分よく働ける環境」を整備した方が、経営的には「儲かる」。
経験は私にそう教えている。



帰り際に、私大連の職員の方と立ち話で「回われたいくつかの『成功している大学』に共通点はありましたか?」と訊いてみた。
共通点は、「教職員と学生の距離が近い大学」、「教職員の仲が良い大学」、「親密な雰囲気に包まれた大学」だということを伺った。

「非競争的環境」が教育研究を充実させており、高校生たちもまたそのような教育環境を選好しているという事実を文科省も中教審もたぶん認めようとしないだろう。けれども、それが事実なのである。

アカデミアを根本的なところで成立させているのは、人間的な「親しみ」なのだと私は思っている。
人々が相互に受け容れられ、承認され、敬愛されているという条件のもとではじめて私たちの知的・身体的なポテンシャルは最大化し始めるからである。


>オーバーアチーバーたちに「気分よく働ける環境」を提供することに使う方がよほど合理的である。

そのとおりだ。




名言
 
経営者にとって大事なことは、何と言っても人柄やな。
結局これに尽きるといっても、かまわんほどや。
まず、暖かい心というか、思いやりの心を持っておるかどうかということやね。


松下幸之助



「男の子は泣いてはいけない」
子どもの躾にはいろいろあるけど、好きなのは「男の子は泣いてはいけない」ってやつ。あれはいい。

小学2年のころだったろうか、咽頭扁桃(アデノイド/のどちんこの裏にある)の手術をした。

ぼくの目の前で、中学1年生くらいの女の子が同じ手術をしていて、口を大きく開けさせられてペンチみたいなので(麻酔なしで)咽頭扁桃をバリっと引っこ抜くと直ちに長椅子にうつ伏せに寝かせられて洗面器を顔の下に置く。口と鼻から血がだらだらだらだらーーーーっと出て止まらない。洗面器に大量の血が溜まっていく。びーびー号泣してる。そういうもんらしい。

それを見ていて恐怖で凍り付いていた幼いぼくにむかって、オトンは微笑みながら「****は男の子やから泣けへんわな」「う、うん!」

施術椅子に座って口を開けるとき、小便ちびりそうなほど怯えていたぼくは「おれは男の子やから泣いたらあかんねや。泣いたらあかんねや」と心のなかで呪文のように唱え、終わって口と鼻から大量の血が出てくるのを痛さとともに見つめながら「泣いたらあかんねん、泣いたらあかんねん」と我慢し続けた。

血がとまって歩いて帰るとき、当時36歳くらいだったオトンは「泣かんかったな。えらいぞ」と言った。
声が出せないぼくはオトンを見上げて大きく頷いた。

あの帰り道、幼いぼくに生じたのは、たしかに“誇らしさ”と呼ぶべきものだった。


「男の子は泣いてはいけない」は、かっこいい躾だと思う。



いいひとだぁ ヽ(´ー`)ノ
C*l B*r合格者が書いていたブログを一気に全部読んでたら最後に「せっく作成した試験用データをこのまま埋もれさせるのは勿体ないので、ご希望の方はメールしてください」って書いてあったので、「ください」とメールしたら、ブログ主さんは関西最大のアノ事務所の弁*士で、気さくな返信とともに試験対策用の全データが送られてきた。
「C*l b*rは情報が少ないので、今後何でも聞いてください!」とも。

あざっす♪

ヽ(´ー`)ノ



28日 バルサvsマンU
5月24日(火)22:00~22:54(テレビ東京)
ガイアの夜明け「トラブルを解決せよ!~激動時代の弁護士~」

5月26日(木)22:00~22:54(テレビ東京)
カンブリア宮殿「絶望からの再出発…阪神大震災を乗り越えた工場」

5月26日(木)22:55~23:25(NHK総合)
爆笑問題のニッポンの教養「うわさに気をつけろ~社会情報学・松田美佐」

5月28日(土)24:00~25:00(NHK総合)
復活!桑田佳祐ドキュメント~55歳の夜明け~ 完全版

5月28日(土)27:35~29:45(フジテレビ)
「バルセロナ×マンチェスターU」

5月29日(日)18:30~19:00(TBSテレビ)
夢の扉+「藻で石油を生む」

5月29日(日)18:00~19:00(NHK教育)
スタンフォード白熱教室「30分で新製品を作る」

5月29日(日)21:54~22:48(テレビ東京)
ソロモン流「ジャズピアニスト・上原ひろみ」

5月29日(日)23:00~23:30(TBSテレビ)
情熱大陸「コミュニティデザイナー・山崎亮」

5月29日(日)23:15~24:55(フジテレビ)
F1モナコGP「決勝」



ささやかでない疑問
地下鉄のトンネル内で「UQ WiMAX」を利用した高速インターネットが可能に、東京メトロや都営地下鉄と合意

Timeline of Apple Milestones and Key Product Launches

橘玲氏▼東京電力の損害賠償をめぐる政府支援の枠組が決まった。私は日本国の一介の納税者として、また東京電力の一利用者として、この決定にささやかな疑問を持っている▲
(´-`).。oO(もちろんぼくもささやかでない疑問を持っている…)

ボウリングの球を落としても飛行機から放り投げても無傷な究極のiPadスリーブ
(ぼくはiPad2に純正smart cover[風呂のフタ]黒皮を使用)

くるくる丸めて持ち歩けるUSB接続のMIDIピアノ『USB Roll Up Piano with MIDI Out』

名前とは裏腹に考え抜かれたユーザーインターフェースを持つタブレットのデザインコンセプト『弁当Box』
(´-`).。oO(すごいっつーかなんつーか…)

男性器 日本人は米国人より0.1cm、韓国人より3.4cm長い

1位:フランス 16cm
2位:オーストラリア 15.7cm
3位:イタリア 15cm
4位:メキシコ 14.9cm
5位:ドイツ 14.48cm
6位:チリ 14cm
7位:コロンビア 13.9cm
8位:スペイン 13.58cm
9位:タイ 13.5cm
10位:日本 13cm
11位:アメリカ 12.9cm
12位:ベネズエラ 12.7cm
13位:サウジアラビア 12.4cm
13位:ブラジル 12.4cm
15位:ギリシア 12.18cm
16位:インド 10.2cm
17位:韓国 9.6cm


“世界最大の政府系ファンド・アブダビ投資庁の元日本株式運用部長。中東でただ1人日本人としてオイルマネーを運用。欧米の運用機関でもアナリスト、ファンドマネージャを歴任したプロ中のプロ。米国公認会計士。コロンビア大学MBA”の林則行氏の日経ビジネスonline「英語は道具:銅メダル英語を目指せ」の最新記事『英語力を生かすには日本語力がカギ』は面白い。
日本語+英語+弁*士資格で爆発的威力を発揮するはず…してほしいw
さらにMBAまで持ってたら鬼に肉棒。

そういやネトリYTはHarv*rd不合格だったようでお怒り。「TOEFLスコアをさらにupさせます」と。(´-`).。oO(コロムビアで十分だと思うが…負けず嫌いなやつ……)
※大手渉外や公務員(官庁や裁判所)や大企業が米国各トップローに持ってるような「指定席」を持たない外資勤めのYTは実力一本勝負だから大変。

NASA captures giant comet hitting sun



自炊 OCR/英語、そして法律。
日常英会話の型を身に付けておこうと、某巨大書店にて『英会話日常表現大辞典10000』、『日常英会話5000』、『日常英会話表現4000』など十冊ほど比較した結果、自炊してiPad2に流し込んで読むには『日常英会話5000』@岩村圭南が最も自分の好みに合っていると購入。

例えば『凡庸な芸術家の肖像―マクシム・デュ・カン論』等、どうしても紙で読みたい!という極めて例外的な本でない限り、書籍をバラバラに裁断することに抵抗はない。

ようやく「電子書籍の販売数が紙の本を上回る/米アマゾン」らしいけど、日本でも今後は全ての書籍について紙の本と電子書籍の両方を出して欲しい。おながいしまつ。

ところで、L*.M.留学生の多くが購入するであろう『英米法辞典』@田中英夫は、ロゴヴィスタ社がPC用に『英米法辞典ソフト』を出しているけれど、iPadでは勿論使えない。なので紙の英米法辞典をバラして自炊しようと考え、どうせなら紙の辞典を使うようり快適にしてやろうと検索可能性を追求し、OCRで読み込めないものかと当事務所のSEに「まさか、e.TypistのPro版がこの事務所に入ってるなんてこたーないっすよねww」「いや、あるんです、それがww10万円くらいのクソ高いソフトがwあの判例検索マシンに」「えええーーーー!!」とwktkで実験として10ページ読み込んでみたら、完璧にテキスト抽出してて、PCのAdobeでもiPadのiBooksでも見事に検索かかる。こりゃすげえ!と辞典全部スキャンしたらe.Typistが何度も強制終了…。さすがに1025ページはきつかったか…。

根性無し!!

ヽ(`д´;)ノ

読み込みを10部くらいに分けて、後でPDF結合ソフトでくっつけようかとも考えたけど、そのソフトもあの分量じゃパンクしかねんと諦めて非OCRのPDF自炊とした。

この辞書のリーダーはiBooksではなく、iPadのPDFリーダーでは最速(「PDFが読めるiPadアプリ10個を比較してみたよ」)のBookmanで。
速っ!
(300dpiで読み込んだ『米国会社法』の文字が割れるんで、400dpiで読み込んだら、おkだった)

ちなみにPDFリーダーは用途によって4種(iBooks、Bookman、SideBooks、neu.Annotate)を使い分けている。
("GoodReader for iPad"はどうした!っつーハナシですが)

( ´-`)

ところで、「おいおい、おまえ、『英米法辞典』@和英じゃなくて『Black's Law Dictionary』@英英を使えよwwそっちならitunes storeで買えるじゃねーかww」と嘲笑する方もおられるでしょうが(もちろんぼくとて紙なら同Pocket Editionを持ってますが)、でも法律+英語ってだけであっぷあっぷなのに英英を使えなどと豪儀なことを言われましても…。和英の『英米法辞典』が限界です…。はやくitunes storeで出して下さい、ロゴヴィスタさん…。

(・д・` )

それにしても、ね、iPad2のカワイサは異常。

ヽ(´ー`)ノ






ウサギと鹿とカメ
思い出した。
『兎と鹿』(PC) (携)で、A澤くんは「大学と司*試験では負けて惜しくも三冠を逃した」と書いたが、翌日本人から「あ、もう一つも負けたんですよ」と訂正が入ったのであった。律儀である。

「え?全部2番?ダメやん!」

「すいませんw」

“日本の頭脳”(PC) (携)に向かってダメ出汁。神をも恐れぬ所業。

(全て同じ人間に負けたらしい。その三冠男は卒業後に研究職)

A澤くんには、東*電力役員の(削減前)平均報酬を優に上回る年収*千万円のオファーがくるようだけど、彼は「お金は、まあ、別にねぇ」と取り合わない。そんな端金では彼を動かせない。(彼にとって最も重要なのは、自分が追うべき責任の大きさ、だ)

それは、口で言うほど簡単なことじゃないのだろう。現実にそんなオファーが自分に来たら、少なくない数の人間は魂くらい平気で売るんじゃないか。ぼくなら魂3つほど売る。なんならおまけでチャンチキおけさを謡ってあげてもよい。

数年したら、彼は数年間フランスで働くことになる。(以前に青山の国連大学で講義をしたとき、英語と仏語のどちらでやるかを悩んだような男だ。※国連勤務ではない) もちろんぼくは遊びに行く、事務所に「次はフランスに留学してきます」とか何とかウソついて。


そういえば、M川はチェコ語ぺらぺらなので、今回のかみさんのアテンドを一部お願いした。
さらに、先日サークルのメーリスでKrmから「次は中国の深センに異動となった」と。ブラジルに数年いてポルトガル語を話せる彼は、「中国語の方が難敵かも」と中国語もマスターする気のようだ。(香港のちょと北なんで遊びにいけるといいな。また留学かw)

英語+α。

みんな頑張ってる。刺激される。

( ´-`)

うちのボスがよく言う、「ウサギとカメの寓話。世の中には、サボるウサギと努力するカメだけじゃなく、努力するウサギとサボるカメもいる」。

(;´Д`)ス、ス、ス、スイマセン…



身体的同調
内田樹氏ブログ「鳥取revisited

身体運用の同調はおそらく幼児がもっとも早い時期に興味をもち、かつ訓練されることである。幼児教育が「おゆうぎと歌」を中心に編成されているのはゆえなきことではない。

同一動作の鏡像的反復は脳内のミラー・ニューロンを活性化させる。ミラー・ニューロンは「鏡像」との同一化能力を強化し、それはそのまま子どもたちを「主体の基礎づけ」に導く。初等教育でも、同一動作の反復はあらゆる場面で繰り返される。これを「心身の権力的統制」とか「馴致」とか口走る人は「主体」の存立を不当前提している。

主体が出てくるのは、ずいぶん後の話である。
まず主体を作り上げなければ話にならない。

とにかくミラー・ニューロンが活性化して、鏡像をおのれと「誤認」するという経験を経由しないと主体は始まらないのである。

中等教育でもだから「標準的な身体運用」が強制される。
他者の身体との同調、共感、感情移入、「鏡像とおのれの混同」を経由してはじめて主体性を司る脳機能が基礎づけられるからである。
個性を消すためではなく、個性が育つ基盤を作るために、「他人と同じ動作」をすることが強制されるのである。

「型にはまった」制服や校則を忌避する少年少女たちが、その一方で、彼ら同士の間では、まったく同じような「着崩し」方をし、まったく同じような髪型をし、まったく同じようなメイクを共有し、まったく同じような口調で、まったく同じような内容の話をするのはなぜか。それは「個性の追求」ではなく、「型にはめられること」を彼ら自身が希求しているからなのである。それは必要なことなのである。

だが、定型性は定型性として外部から「強制」されるべきだと私は思う。
「外から強制された定型性」はいつか、子どもたちが成熟し、社会的な力がつけば振りはらうことができる。だが定型的なふるまいを、それを現になしている主体が外部からの強制ではなく、「自分の意思で選んだもの」であると思い込んでいたら、そこからは出ることができない。押し付けられた定型からは逃れられるが、自分で選びとった定型からは逃れ難い。他人にかけられた呪いよりも、自分で自分にかけた呪いのほうが解除しにくい。

骨格筋や呼吸筋の同一的運用を強いることによって、ミラー・ニューロンを活性化させ、それによって「スキャンする力」(上空から自分を含む風景を一望する力)を強化する。ミラー・ニューロンとスキャニングの関連についてはすでに何度も書いたとおりである。

スキャンするとは「自分を含む文脈を知る」ということである。言い換えれば、自分が含まれるこの場において自分がどこにおり、どこに向かっており、何につながっており、どのような働きを託されているかを知ることである。村上春樹的比喩を用いて言えば、「配電盤」的なものの境位に触れることである。宗教的用語で言えば「おのれの召命(calling/vocation)を知る」ということである。

スキャンする力がないものには、自分が果たすべき仕事、自分がそれを成し遂げるためにこの世に生まれてきた当の責務が何であるかを知ることができない。

若い人は多く誤解しているが、個性というのは内発的なものではない。
「呼ばれる」ことである。
「自分は何をしたいのか?」という内発的な問いにこだわっている限り、人はground level から抜け出すことができない。
自分が誰であるかを知るためには、自分から離脱して、上空から自分を俯瞰することが必要なのである。

そして自分から離脱して、上空から自分自身を俯瞰するためには、「鏡像的他者たち」と身体的に同調することが必要なのである。

どういう理論でそうなるのか、私にはまだうまく言えない。だが、脳科学の実験的知見と、武道や学校が歴史的に蓄積してきた「学び」と「成熟」にかかわる経験知はそう教えている。

自分を含む風景を上空から俯瞰する能力(スキャンする力)は、身体的同調(多田塾の合気道ではこれを「気の感応」と呼んでいる)によって強化される。「呼吸合わせ」というのは私たちの稽古の基本であるが、多田先生はこれを鏡に向かって何時間でもやれと教えている。鏡に向かって、全身を前後に動かしながら呼吸して、「鏡像」に同調する稽古をするだけで、武道的感受性が劇的に高まることを多田先生はご自身の60年余にわたる修業から確信された。この術理は、池谷裕二さんから「ミラー・ニューロンと幽体離脱」の話を聴いたときに私には深く得心が行ったのである。


「同調」というのは不思議な体験だ。

舞台役者の稽古にミラーってのがある。AとBが向かい合って、Aが(ゆーっくり)動くのに合わせてBも同じ動きをする。
最初は合わない。全然合わない。
そのうち徐々に合ってくる。
それはBがAに同調するというよりも、相互に同調してくる感じで、最後はお互いが背中を向けていても合ってくる。
二人以外の“何か”に導かれるような不思議な感覚で、終わった後も互いに口も聞かず、ついつい見つめ合ってその感覚を共有してしまう。「なんだろ、これ」という言葉さえ不要な世界。
「じぶん」が消える。

ヽ(´ー`)ノ



コピ新
276名無し
俺ってダメな人間だなと心底感じるとき。

昨日のこのぐらいの時間に近所で火事がおきて、自転車すっとばして見に行って燃えてる建物を携帯のムービーで撮ってたら、俺と同じくらいの歳の消防士に「君危ないよどいて」って言われた時。

***

803名無し
好きでもない、ただの知り合いの男から、「俺ともし付き合いたいときはお前から告白しろよ」と突然のメール。

キモくて無視したら、「な?」とまたメール。

仕方ないからウンコの絵文字ひとつだけ返信した。

***

93名無し
ブスに冷たいヤツは努力しなくても女が寄ってくるイケメン君か、女心の分からない、童貞もしくは素人童貞だな。

ブスに優しくするところを可愛い子が見たら、「あの人ってあんな子にも優しいんだ?、素敵」となる。女は、可愛い女にだけ優しくする男を嫌う。

考えてもみろ、お前等だって、イケメンにだけ媚び売る女とか嫌いだろ?
それと一緒。ブスにとことん優しくしろ!そしたらブスは友達を紹介してくれる。
ブスの友達には可愛い子がかなりいる。アイドルの友達とかテレビで見た事あるだろ?
とんでもねーブス多いだろ?可愛い子は自分を引き立たせる為に、ブスと交遊関係を結ぶことが多々ある。
それを逆に利用するのだ。ブスに優しくすれば、必ず可愛い子と出会える。

俺はこの手法で30人以上のブスと付き合うことに成功した。



Appendix

プロフィール

ふじぼう

ふじぼう 自己紹介

月別アーカイブ

ブログ内検索

Extra

カレンダー

04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。