FC2ブログ
AX

Entries

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


あごす ぺん
つぶやっきーによると、H井とMOがあごすで同じクラスになったようだ。

六本木AW嬢壮行会と、日比谷TO主催暑気払いの際のMO発言から、MOのiBT初回成績は、奇しくもやつが旧試択一で取った(?) 57点 だったと推測する。
それは、MOの態度から「あまりに酷い点数で泣けそうだったけど、とりあえずYTの初回109点の半分以下ではなかった奇妙な安堵感」を感じたからだ。

うそこけwwww

まあうそなんだけどね、だいたいそんなもんと推測。

そしてやつはぼそっとツブヤいた。

「大丈夫ですよ。これまでと同じく、最後は点とります」

言ってみたいものです、人生で一度くらい、こういう科白を。ええ。

エエ(・д・` )

ま、あごすで二人がんがってください。うぉーとんとろーの違いはあっても、二人が同時期にU Pennに通う可能性は高いのだから。


ちなみに、ぼくのフェラでのアパートが決まったんだけど、最初のメールのやりとり(一部)が以下。

Dear Sir / Madam,
Could I rent your apartment from Aug. 5th to Dec. 26th?
I look forward to hearing from you.
Yours respectfully,
fujibo Fujibo (Tokyo, Japan)


fujibo,
That would be fine. We imagine you are coming to Whart*n School? The apartment is located at **st and *** streets, just a short walk to PENN.
We can send you a lease for review.
Thank you,


ちげーんだよwwww

スポンサーサイト


ビザが届いたヽ(´ー`)ノ
火曜に面接してはやくも金曜に。ほっ。

去年と同じく、やっぱり「有効期間5年間」になってる。なんでだろ。まあいいけど。
(んじゃ去年のビザは使えないのか?と疑問に思われるかもしれないけど、そして実は以前ぼくもそう思って調べたら、ダメらしい。日本に帰国してから次の出国までに5ヶ月間空いてるとダメってのと、ビザはI-20と一緒じゃないと有効じゃない、みたいな理由だったような記憶が)

あ、携帯電話は利用停止にして日本に置いていくので、出国前日の8月4日から(たぶん年内いっぱい)は利用不可能。ご用の方はPCメールかfacebookでよろ。

ヽ(´ー`)ノ

NY B*rを受験し終わった友人たち、おつ♪

( ´∀`)





名言
 
独立の気力なき者は必ず人に依頼す。
人に依頼する者は必ず人を恐る。
人を恐るる者は必ず人にへつらうものなり。

福沢諭吉




知性の怠慢
内田樹氏ブログ「東京死のロード対談四連発」

神保町の三省堂に移動して、今度は池田清彦先生とのトークセッション。
池田先生については養老先生から何度もうかがっているし、「野蛮人の会」のメンバーであるので、ほんとうはずいぶん前にお会いしていてよいはずなのだが、ご縁がなくて、この日がはじめてだったのである。もう池田先生のお話が面白すぎて、会場はずっと爆笑の渦。

虫屋だからというべきか、「なまもの」を扱っている生物学者だからというべきか、養老先生とも深いところで通じる、「いきものってのは、よくわからねえ」という涼しい諦観が池田先生のラディカリズムを駆動しているようである。

「いきものっては、よくわからねえ」から、もちろん「わかりたい」と思う。それが学術的な探求心をドライブしているのだが、同時に、「いきものとは・・・である」というシンプルな定型に収めて話を済ませようとする知性の怠惰に対しては烈しい抵抗を示す。

「煙草は身体に悪い」というのも「CO2排出が地球温暖化の原因だ」というのも、たしかにそうかもしれない。でも、「それだけ」ではないだろう。それだけじゃないから、他にどんなことが起きているかを探るべきなのに、手近のところに説明をみつけたら、それに居着く。そういう知性の怠慢と、知性の怠慢が導き出す教条主義(「煙草を吸うな」とか「CO2を出すな」)とかに養老先生も池田先生も烈しく反発するのである。

たぶん世間の人は両先生を「へそまがり」とか「横車」とかいうふうにとらえているのだろうが、私は違うと思う。お二人ともきわめてまっとうな科学的知性にもとづいて、「よくわからないことは、『よくわからない』でいいじゃないか。それによってオープンクエスチョンを保持することが科学的ということなんじゃないかい」と言われているのである。


なぜ内田樹をそんなに引用するのかと問われれば、「だって、いくらでも引用してくれ、著作権とか小賢しいことは言わん」って表明してて、助かるから…。」となるだろう。

引用している文章の全てについてぼくが賛成してるかというと、あったりまえだけど、そうじゃない。
ただ、考えるきっかけになる可能性があるんじゃまいかと思うものを引用しているだけだ。
それは、なにもぼく自身が書いたものでなくてもいいのだから。



大使館@ビ*面接
こないだ。面接予約時間10:30。その時間に大使館前に並べと。
15分前の10:15に並んだ。長蛇。んで11:30まで、つまり75分も炎天下で汗だくだくで並んだ。
iPadでヒマは潰れても、暑さにゃ勝てない。

入館するとね、まず驚く、その冷房キンキン具合。極寒。
「こいつら、節電とかカンペキ他人事やなwww」

入館して60分で手続終了。
12:30。合計2時間15分ね。
去年もそんくらいかかった。99%が待ち時間。

館内は電子機器を預けるので本を持参されよ。

んで館内での手続は2つ。
1.指紋
2.面接

それぞれ電光掲示板に自分に割り当てられた番号がピッ、ピッと出るのでそれを見て指定された窓口に行く。100人くらい待ってる。みんな待ってる。テレビ見ながら、本読みながら。
(家族3~4人で来てる人がけっこーいる)

指紋はね、(1)左手4指、右手4指、両手親指の順。銀行の指紋認証みたいな小モニターにペタっとね。すぐ終わる。

んでまた待つ。電光掲示板に注意しながら。

面接はね、去年も今年も「何しに行くの?」「ろーで法律の勉強」「仕事は何やってるの?」「弁*士」「あ、なるほど。結婚は?」「してる」「奥さんも同行?」「いや、単身」「そ。」で終わりくらいの超簡単なもの。ガラス越しに立ったまま向かい合って40秒かからない。

ワロタのはぼくの前で面接した若い女@推定22歳。
ほとんど英語ができず、日本語で面接してた。
「何しに行くの?」「え?」「……。ナニシニイクノ?」「あ、語学学校」「イマハナニシテル?」「大学卒業したばかりで何もしてない」「…。アナタ、アメリカデチャントベンキョースル?」「するする」「ゴガクガッコーガオワッタラ?」「??」「キコクスルノ?」「するする」「アメリカデハタライタリシナイ?」「しないしない」「キコクゴ、ドンナショクニツクノ?」「んーと…。働ければ何でもいい。うん。何でもいい(笑)」「…。ダイガクデ、ナニヲセンコーシタ?」「linguistics!!」

そこだけ自信ありげに英語。

耳を疑った。
面接官の米国人も「マ、マジデツカ?」みたいな鳩豆鉄砲顔。
面接官もこの手合いはしょっちゅー相手にしてるだろうけど、あろうことかlinguistics専攻。

linguistics=言語学。

ふむ。

ぼくの2時間15分と大量の汗は無駄じゃなかった。

そして数秒間沈思黙考した、なぜこいつが大学を卒業できて、ぼくはできなかったのか。

いまでも分からない。
大学卒業って、なにかぼくの知らない特殊なテクニックがあるのだろうか。

∩( ・ω・)∩

そしてお願い。「通常1週間以内にビザ付きパスポートが返送されます」でよろ!
「しかしそれはあくまで通常だ。そうでないこともある。場合による。だからビザ付きパスポートが返送されるまで、絶対に航空券は買うな。絶対に買うな」って注意書き、見てないよ!見てないからな!!オナガイ!間に合って!!

(゚∀゚)オナガイ!!



TOが彼女と別れた
年収600万円以上の25歳~34歳の独身男性はたった3%しか存在しないようだが、では、超イケメン&超デカチン&超絶テク&超金持ち&超面白い&ニューヨーク3年滞在歴ありな30代前半の大阪出身の男は何%くらいなのだろう。0.0001%くらいか。

TO争奪戦開始。カーン!

TOを紹介して欲しい方は、ぼくまでメール下さい。
着手金五百万円、成功報酬五億円でいいです。まじ。

本当はそれぞれ二倍でもいいんだけど、やつはク**を絶対にしないという大きな欠点を抱えている瑕疵物件なので半額にしておいた。瑕疵担保責任免除特約。

高すぐる!という方は、ふじぼう毒味条項付きで、三割引きまで勉強させて頂きます。

(゚∀゚)ドウヨ!?

BBQのできる赤坂の別邸(彼女用)はぼくの帰国前@年内に手放す可能性があるらしく、出国前にBBQやりましょ!とお誘い頂いたのだけど、ちょと無理でつ。残念。

(・д・` )



間違って2つウプされとる
失態。

(・д・` )



名言
わたしたちは、自分の故郷や言語を「当然」のものとみなすので、それらは「自然」なものになるが、それらを支える諸前提は気づかれることなく、ドグマや正統思想になる。したがって、自分の家でくつろがないことは、道徳の一部であるのだ。

エドワード・サイード(Edward W. Said)



アメジョ
バーに常連客である青年がやってきた。初老のバーテンは青年の顔を見るなり
「ははーん、今日は何かイイことがありましたね」
「へー、わかる?ちょっと嬉しいことがあって飲みたい気分なんだ」
「嬉しいのが顔に出てますよ。それでどんなイイことでした?」
「じつは…、その…、初めてのフェラチオを…、今やってきたばかりなんだ」

バーテンは琥珀色の酒をグラスに注ぎながら
「おおっ!じゃあ記念日ですね。私も若いころは好きな娘の手を握ったら手を洗うのをよそうとか、初めての夜の興奮とか、あのころの気持ちは今でも忘れられませんね。じゃ、このウイスキーは私からのおごりにしますよ」

「…いや、悪いんだけど酒はやっぱりやめとくよ。せっかくのフェラチオの味が口の中から消えちまうのは惜しいもんな」

***

「先生、大変です!」
「どうしたんだメアリー、血相を変えて」
「今、先生が診察された患者さんが病院から出るなり倒れて動かなくなってしまいました」
「そんなもの大した問題じゃないさ。体の向きを反対方向にさえしておけば済む話だ」

***

仕事から帰宅したばかりの外科医は、ソファでくつろいでいた。
夜のニュースをテレビで見ていると、突然電話が鳴った。
「ポーカーやるんだが4人目が必要なんだ。」と、聞き慣れた同僚の声が言った。
「すぐに向かいます。」と外科医は小声で答えた。
外科医がコートを着て出かける準備をしていると妻がたずねた。
「深刻な問題なの?」
「ああ、かなり深刻だ。」
外科医は真剣な面持ちで言った。
「既に3人の医師が現場に行ってるんだ!」

***

ガラスの仮面 47』が7/26発売。





モバイルバッテリー
出発2週間前になってようやく重い腰をあげ航空券をさきほど購入。遅杉やで。

(乗り継ぎ時間いれて)17時間ほど。出発11:00なので機内で14時間くらいは眠らずiPad使いまくりなはず。おまけに成田での待ち時間もある。だからモバイルバッテリーを探してる。iPadだけじゃなくて携帯電話などにも使えるし。

iPad2はフルチャージで6600mAh。

『Battery HD Pro』で以下の表示。
音楽/140時間
読書/15時間
wifi/10時間
ビデオ/10時間
ゲーム/4時間

空港での待ち時間も含めてビデオ再生と読書するんで、全然足りない。

モバイルバッテリーはいろいろあるけど、候補は以下か。
『PowerBank』 5000mAh/105x67x16/136g/2,100円
『PES-8800』 8800mAh/99x75x25/230g/9,980円
『Power Master』 9600mAh/120x75x15/340g(?)/4,980円

ここまで書いて、「あっ!」と。

最初はエコノミーの予定だったのに、プレミアムエコノミーが3万円しか違わない(マイルを考慮すると1.5万円くらいしか違わない)ってことで後者を買ったんだった。
前者になくて後者にはあるもの。
それは、電源。

モバイルバッテリー、いらない。

バカチムポ(・д・` )



名言
 
自分のポジションをまっとうすれば他の人のことも見ることができる。そうすれば、誰かのプレイも助けることができる。

松尾雄治



出国は8月5日(金)
8月5日(金)。確認。いまだによく聞かれるのでw

2週間後。

期末試験の2日後。

あ、出国から1週間くらいは、昨年同様ネット環境次第で、アメジョや名言が続くかも。

(´ー` )

そうそう、8月16日はYW嬢(PC) (携)&iYT夫妻(PC) (携)(もしかしたらKN(PC) (携)もシリコンバレーから強行参加)、12月中旬は(ぼくの試験日程が許せば)YW嬢&SK(PC) (携)と、NYCで食事しようという話になっている。

(0゚・∀・)wktk



飛行機の乗り継ぎで
例えばシカゴやダラスで、『24』に出てきそうな武装した悪い人達(しかもなぜか常にタンクトップ&ショートカットの女が1人いる)が突然やってきて銃を乱射して空港が封鎖され丸々10日間くらい監禁されてしまっても全く退屈せずに過ごせるほどの漫画と映画がiPadに入ってしまっている件。

おまけにそれをいつでも丸々100日分にも増量できてしまいそうな件。

困った。



火曜、東京ドーム野球観戦
5月10日のエントリ『ぼくは焦っているです』(PC) (携)にJTが呼応し、思案に思案を重ねてダルビッシュ登板日を予測してくれたが、外れた。
(当たり前だけど、2ヶ月後の登板予想なんで外れて当然で、しゃーない!としか言い様がない)

そしてぼくたちを海底深く沈めたのは、たった1日ずれて本日水曜の東京ドームが、ダルビッシュvs田中将大だったこと。おいww

観たい…
観たいよぉ…
でもT*mple…以前どうしてもやらざるえを得ない緊急案件のために欠席したのでもう休めない…
ダルビッシュvs田中…
垂涎…
失禁…
脱糞…

。・゚・(ノ∀`)・゚・。

メンツは、JT(大学W*SS同期)とYT(修*同期)という不思議な組合せに、女性3人。
合コンじゃなくて異業種交流会ね。いぎょうしゅこうりゅうかい。

試合終了後に東京ドーム前で(土曜にテキーラをバカみたいに飲んでともにヘベレケになったばかりの)ナポに遭遇してほんとビックリした。

「(゚∀゚)qあwせdrftgyふじぼlpちむぽ!?!?」

(ナポは男二人で来てた。ぷぷぷっ)

やつは「合コンに参加させろ!」と言わんばかりの勢いで近寄ってきたので、手でしっしっと追い払った。すまんナポw


その後水道橋駅西口の居酒屋。

YTは急な仕事で野球は間に合わず、飲み会のみ参加。いきなりオッパイの話をおっ始めて、現在あまりよろしくない日台関係をさらに悪化させるも、とりあえずオナヌー話は封印してくれたので安心した。
ってどんなラインだよw

あ、三人のおっぱいは「G・E・C」。

ヽ(´ー`)ノ

しかしね、最後に真面目な話するけど、野球&球場って、いいですよ!!

んで、ダルビッシュ観てーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!

(´Д⊂



静寂と孤独
実務*習のときは6ヶ月間の独り暮らし。
昨夏は1ヶ月間の独り暮らし。

この2回が結婚してからの独り暮らし経験ですが、いずれもワイワイと、ひゃっほーー!みたいな感じでした。

それもいいのです。

が、今回の5ヶ月間、何が欲しいって、静寂と孤独です。

しーんとした生活。

心身ともにそれを求めているのです。

魂の洗濯、みたいな感じでしょうか。

たいへんな贅沢です。


(´ー` )



Appendix

プロフィール

ふじぼう

ふじぼう 自己紹介

月別アーカイブ

ブログ内検索

Extra

カレンダー

06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。