FC2ブログ
AX

Entries

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


名言
 
一流の経営者というものは、みな例外なく読書家である。

青木仁志

スポンサーサイト


いまの気分は?
金曜に職場を去り、土曜から自分の事務所に移った。

不安は微塵もない。ただ、強烈な危機感がある。

ずっこけたら野垂れ死ぬだけ。そんだけ。でもいやだ。そんな。

それにしてもこの解放感は異常。なんだこれは。

ヽ(´ー`)ノ

なぜ独立を決意したのか? まあ、様々な要因が複合的に絡み合って…、そして幸運な2つの要素があったからなんだけど…、でも本質的な要素を一つだけ挙げよと言われたら、「人生が退屈すぎたから」。

人生があそこまで退屈でなかったら、独立を決断することはなかった。

(・д・)タイクツナンダヨヴァカ--!

何度も言いますが、「人生は暇潰し」で、問題は「どうやってその暇を潰すか」だと思うのです。

暇は、めちゃくちゃ真剣じゃないと、潰れないと思うのです。

真剣になると、ほんと楽しい。
(深刻になると、つまらない)

そう、思うのです。

はい。

( ´∀`)

facebookでお祝いの品々を贈ってくれているみなさん、本当にありがとうございます、そして、この愉快な祝祭への参加を心より祝福します。

(σ・∀・)σ



名言

愛を与え、愛を受け取ること。どちらかが一方だけで、真の幸せを感じることはありえない。

アル・ローゼン





我、狂気をこよなく愛す。
美術館に行くと土偶などの顔を観るのに一番時間をかける。
狂気が宿っているから。

先日Aさんにご馳走して頂いた神保町・竹橋の串揚げ「文(ぶん)」で見た灰皿のオブジェはユニークで、エロい狂気を感じて、Aさんと二人でうっひょっひょしてた。

Aさんはその彫刻を作った陶芸家に、ぼくの開業祝いのオブジェを依頼してくれるという。
そこで、昨日(木曜)、Aさんと二人で新小岩にある土魂乗(どこんじょう)の岡本さんに会いに行って、「壁から『ぬーん』とドンさんが出てきて、微妙にエロくて、そこだけ異次元で、それを見た人達が困惑してちょっとコメントに困るようなもので、用途なしの完全なオブジェをお願いします!」と要望をお伝えした。仕上がりが楽しみである。

土魂乗の岡本さんは「制作過程をブログで公開してもいいですか?」「もちろんです。で、その制作過程を私のブログでも引用していいですか?ww」「もちろんですw」

楽しみ!ヽ(´ー`)ノ



‎4月28日(土)から缶詰
‎4月28日(土曜):本棚・作業机・冷蔵庫・シュレッダーなど搬入。
4月29日(日曜):現事務所からPC・書籍資料・机椅子など搬入。
5月 3日(木祝):電話FAXネットの開通工事。
5月 7日(月曜):開業♪

4/28以降は(ゴールデンウィークも)ずっと新事務所で缶詰。開業準備とサイト原稿書き。

楽しき哉。

( ̄ー ̄)



「ボレロに準備は要らない」
(一部温尻)


曽田正人はマンガ『』のプリシラ・ロバーツにこう言わせている。

「ボレロに準備は要らない。ボレロを『許される』のをただ待つだけ。」

「ダンサーには2種類しかない。ボレロを踊ることが許されたダンサーと、そうでないダンサー」

曽田は『昴』を、100年に1人と言われるシルヴィ・ギエム(Sylvie Guillem)のインタビューを目にしたことがきっかけで描いたとしているが、以下がギエムのボレロ。

これまでに何度も貼ってきているけれど、何度観ても言葉を奪われる。




「風景の発見」
(温尻)

ぼくたちは美しい自然の景色を見てふと心の安らぎをえる。

人類が自然の景色をそのような枠組みで見るようになったのは、17世紀欧州以降である。
これを「風景の発見」といってしまうなら、「風景が発見」されるまで人類は自然をそのように鑑賞してこなかった。
絵画や小説であれほど自然の景色が主題とされていたにもかかわらず、人々は現在のぼくたちが見るような意味で景色を見ていなかった。彼らが見ていたのは、景色に先行する他の文脈だった。
(参考『日本近代文学の起源』柄谷行人)

「風景」は17世紀に、「子ども」は18世紀後半に、「無意識」は20世紀初頭にそれぞれ発見され、現代日本の性規範は明治以降に輸入されたマガイモノにすぎず、「持ち家信仰」は戦後になってはじめて発生した。

現代の多くの「思考の枠組み」や「ものの見方」は、普遍的なものではなく、一過性の流行にすぎない。
しかしそのことをイメージすることは極めて困難だ。

ぼくたちは、かつては存在しなかったものをあたかもそれ以前から普遍的に存在してきたかのように錯覚しがちだけど、それを後天的「刷り込み」と言ってしまっても構わないけど、それらが一過性の流行にすぎないものであると認識することは大切なことで、それを相対化という。
刷り込みを解体していくこと。
いわゆる脱構築(デリダの造語)。

解体作業を続けるということは、つまり、思考の枠組みの揺らぎ、思考の底が抜けていくことを積極的に受け入れていくということ。

相対化、それは自由への唯一の道。



WE■SS大同窓会
先週の土曜は、JT結婚披露パーティー(一次会)、WE■SS大同窓会2012(二次会)、三次会、四次会。

ぼくが主幹事を務めた「WE■SS大同窓会2012」は7世代で131名(男性88名・女性43名)。

学生時代以来というメンバー、世界中から集まったメンバーに会えて本当に楽しかった!!

(・д・)

思い返せば、昨年11月10日、ニューヨークでJTと「二次会はでかい同窓会にしちゃおう!」と話したのが発端。足かけ5ヶ月の壮大な企画。

今回このような企画が可能となったのは、JTの特別な愛されキャラ、素晴らしく優秀な幹事及び協力者の方々のご尽力は勿論のこと、しかし同時にfacebookというプラットフォームを抜きにしては語れない。

とにもかくにも、ほんっっっとよかった!

(・д・)

さて、非日常的祝祭は終了したけれど、ぼくの非日常的な楽しみ@開業準備及び開業はこれからが本番。

ヽ(´ー`)ノ



あだち充「タッチ」の26年後
WEBマンガに嵐の予感/小学館「裏サンデー」無料&ほぼ毎日更新

あだち充「タッチ」の26年後舞台に続編的新連載

フジテレビ、Youtubeに6つの番組公式チャンネルを開設

杏仁豆腐にプリンのような味と食感を追加「濃いリッチ杏仁豆腐」試食レビュー

簡単にデフラグしてハードディスクを最適化・高速化できるフリーソフト「DiskTune」

日本の人口推移がよく分かる図

(´-`).。oO(おそろしい…)

無料で使える新しいiPad/iPhone4S/iOS5などのGUIパーツ詰め合わせPSDファイル集

無料通話アプリ「LINE」、登録ユーザー数が全世界で3000万人を突破

めちゃくちゃなハイペースやなぁ。
「LINE」「Skype」「Viber」「WowTalk」の無料通話アプリ対決はLINEの圧勝ということでおk?

「スポーツ書籍の聖地」復活

むほ。

無料でしかもノイズなし、番組表やアラームなど機能も充実したNHKネットラジオ「らじる★らじる」がスマホアプリで登場

連休直前! 今からでも役立つトラベルハック15選(海外旅行編)

海外の大学の教授はどれぐらい給料をもらっているのかトップ10

1位:ハーバード大学 19万8400ドル(約1619万円)
2位:コロンビア大学 19万7800ドル(約1614万円)
2位:シカゴ大学 19万7800ドル(約1614万円)
4位:スタンフォード大学 19万5400ドル(約1593万円)
5位:プリンストン大学 19万3800ドル(約1580万円)
6位:ニューヨーク大学 18万2400ドル(約1487万円)
7位:ペンシルベニア大学 18万1600ドル(約1481万円)
8位:イェール大学 18万400ドル(約1471万円)
9位:デューク大学 17万5300ドル(約1429万円)
10位:カリフォルニア工科大学 17万2800ドル(約1409万円)


ファンタスティックな15の雲
Morning Glory Clouds


favoritism
先日、神保町・竹橋の串揚げ「文(ぶん)」で、シンガポールから帰国したばかりのAさん(PC) (携)にご馳走して頂いた。

年をとると、人間関係が広がっていく人と縮んでいく人に別れていくんだけど、Aさんの「広がり」はハンパじゃない。ぼくより一回りほど年長だけど、凄い勢いで世界中に濃密なネットワークを広げていってる、というか、広がってる。怪物。


ぼくは、(特に男の)年長者に可愛がられない。生意気で傲慢で馬鹿だから。
よほどでかい器をもっている人じゃないとぼくを可愛がるなんて芸当はできない。
これまで可愛がってくれた人(男性)は、父親、X先生、S原さん、そしてAさんの4人。

可愛がるというのは特別扱いするということで、ぼくは自分が特別扱いされないと超不機嫌だ。

|∀・).。oO(…)

Aさんの存在は、字義通り、有り難いこと。

特別扱い(依怙贔屓)は人を成長させる特効薬。



名言
 
樽の中の酒を保とうとするには、栓よりも底漏れの方を大事と見なければならない。

岩崎弥太郎



自由とは、不自由のずっと奥にある状態
(温尻)

保坂和志、日経新聞6月3日

サッカーで卓越した選手はフィールドを自由に動き回り、球を自由に操る。将棋でも上手い人ほど駒の動きが早い。すごく離れたところにいたはずの駒が瞬く間に戦線に参加している。駒が水を得た魚のようなのだ。

サッカーや将棋にかぎらず、すべて競技にはルール=拘束がある。
逆説的に響くかもしれないが、卓越した能力を発揮して、自由自在に動き回ると見える人ほど、体や思考を競技それぞれの拘束に順応させている。つまり拘束の中にいる。

拘束に体や思考を順応させることをトレーニングといい、端からはトレーニングは退屈で不自由きわまりないように映るのだが、その「不自由」は自由を獲得するための道のりだ。

大事なことはルール=拘束のある競技において、自由とは不自由の対立概念でなく、不自由のずっと奥にある状態のことだと知ることだ。
競技者は拘束に対して主体的でなく他の誰よりも受け身になるから自由を実現できる。
創造性や想像力は何も拘束がないところから生まれるのでなく、拘束によってもたらされる。

美術でも音楽でも、作者の事前の設計図どおりに収まるようなものはたいしたものではない。
優れた芸術作品はすべて、作者の意図を超える。
だからこそ芸術は一生の仕事に値する。
作品が作者を超える状態を私は「自由」と呼んでいる。
文庫になって先日出版された小説論の題名を『小説の自由』と名づけたのはそういう理由だ。





新橋西口SL広場@大盤解説
数週間前、事務所で数年間アルバイトをしていた某早稲女が、こないだ四月からの就職のためバイトを終えた。
彼女は森内名人の親戚だった。
最初その話を聞いたとき、「(…絶句…)…え、ええええ?森内の親戚!?!?森内って知ってる!?天才やねんで!?!?凄いねんで!?!?」と阿呆みたく興奮してしもたのがつい先日のよう。

その森内名人に羽生が挑戦する『第70期名人戦七番勝負』の第1局が4月10日(火)、11日(水)に行われ、森内名人が攻め勝った。

第2局の4月25日(水)、そして第3局以降、新橋西口SL広場@大盤解説!

これはね、ええ、いきますよ。昔っから行きたかった。
もう「地元」ですからね、行けない理由はないですよ。
ニューヨークでのアケダクト競馬場に続いて夢が実現します、はい。

ヽ(´ー`)ノ



それが故に 完全に自由だ
(温尻)


武蔵 あのな 実は最近 (天の)声を聞いた

それによると わしの お前の 生きる道は

これまでも これから先も 天によって完璧に決まっていて

それが故に

完全に自由だ


バガボンド 29巻』の沢庵和尚




O中&N嬢の素晴らしい披露宴
土曜、234人の(芸能人のケコーンかと思ったですよな)披露宴は、日本全国から同期80人!そして教官全6人揃い踏み!

絶景かな、絶景かな@石川五右衛門 on 南禅寺山門

(・д・)ゼッケー!

ぼくたちの席は、Y村くん、TO、K本くん、K吉、ナポ、TマカオU、Iwkn、JK、MOで、相変わらず毒舌の前期民弁K教官は通りすがりに「この席は…」と、まるでゴミ捨て場を見るような目付きでw

(●´ω`●)ゞ

O中&N嬢は、みんなが心から祝福したくなるカップルだ。愛されてる。

みんなと話した内容は(あまりに多すぎて書けないから)省くけど、二次会、三次会と、(S城によると五次会まであったらしい!)本当に本当に楽しい同期会だった。

ヽ(´ー`)ノ

それにしても、みんな「facebook見ましたよ!」「迂回で読みましたよ!」とぼくの独立を応援してくれて感謝感謝である。

(´-`).。oO(まあ、あえてこの披露宴の直前に公表したんだけど…ww)


O中、Nさん、本当におめでとう。末永くお幸せに。

( ^ω^)



Appendix

プロフィール

ふじぼう

ふじぼう 自己紹介

月別アーカイブ

ブログ内検索

Extra

カレンダー

03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。