FC2ブログ
AX

Entries

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


倫敦五輪、陸上男子100m
ロンドンオリンピック、最大の注目は、陸上男子100m(決勝8/5)、同200m(決勝8/8)のウサイン・ボルト。

2008北京オリンピック100m 9秒69(世界新)
2008北京オリンピック200m 19秒30(世界新)



2009世界陸上100m 9秒58(世界新)youtube
2009世界陸上200m 19秒19(世界新)youtube


さて、昨日行われたジャマイカ選手権(ロンドン五輪選考会)、昨夏の世界選手権王者のヨハン・ブレークが世界歴代4位の9.75で制し、ウサイン・ボルトは9.86で2位(フライング失格を除き、ボルトが100mで敗れたのは2年ぶり)。3位はアサファ・パウエルで9.88。(事前の予想通り)この3人がロンドンに出場する。
米国からはジャスティン・ガトリンとタイソン・ゲイ。
この5人が金メダルを争うことになるだろう。

ボルトの世界新はさすがにちょと難しいかもしれないけど、めちゃくちゃ楽しみ。

(0゚・∀・)wktk

最も時給の高い男、ボルト「世界新宣言」は的中するか?

スポンサーサイト


名言
 
金がないから何もできないという人は、金があっても何もできない。

小林一三



『海街diary』吉田秋生
名作群『BANANA FISH』『YASHA-夜叉-』『櫻の園』、そして大好きな『ラヴァーズ・キス』を描いてきた吉田秋生の『海街diary』。

『ラヴァーズ・キス』と同じく舞台は鎌倉だけど、恋愛はあまり描かれていない、家族の物語。

姉(30歳の看護師)と(腹違いの)妹(中学生)が二人で夏の坂道を上りながら他愛のない会話をしているだけの場面を読ませてしまう吉田秋生と不思議な街鎌倉。

世に面白い漫画はたくさんあるけど、吉田秋生には独特のリズムがあり、小説を読んでいる時間と同じような感覚を得る。読んでいるまさにその時間を読み手は生き、読み終わるのが寂しく感じる。

『海街diary』は、間違いなく吉田秋生の傑作のひとつだと思う。

ヽ(´ー`)ノ











家族殺し
(温尻 2008/8/17)

「こういうのが最近特に増えてますねえ。家族関係が希薄になったからでしょう」

例えば、少年が母親を殺害しただとか、少女が自宅に火を放っただとか、その種の事件が起こると、決まってこの類の発言する人間がいる。

週刊プレイボーイの連載「時評家・宮崎哲弥の明日はどっちだ!」で宮崎はこう書いていた。

いま家族関係が希薄になってしまったから自宅放火事件が続発していると捉えるのは完全な錯誤。
家族殺しを減らすには生家への過度な依存を軽減するしかない。
家に火を放った少年少女はどうして家出をしなかったのだろうか。
家を焼き、親を亡きものにしない限り、自分の人生を自分のものにすることができないと思い詰めるほど、彼らの依存は深かったのだ。
まさに諸外国にみられない日本人の生家依存傾向の表れであり、それはまさにわが国で家族殺人が異常に多い原因でもある。




少年犯罪を消費する欲望
(温尻2009/9/22)

斎藤環『心理学化する社会

不謹慎を承知で私もあえて失言してみよう。これらの一切は、あきらかに「祭り」ではなかったか。メディアも私たちも、語るべき少年犯罪の長き不在に飢えていたのではないか。(神戸以来)長崎の事件はあたかも六年ぶりの慈雨のように、私たちの「欲望」を満たしはしなかったか。この種の「欲望」については口をぬぐい、その一方で犯罪の予防を要請する欺瞞とは私は共存できない。これが「祭り」であったことを証明するのは簡単だ。多くのマスコミや専門家は、現実を無視して「少年犯罪の増加・低年齢化・凶悪化」を指摘した。しかし犯罪白書などの統計データをみれば一目瞭然であるように、これらの指摘は事実に反している。十二歳、あるいはそれ以下の年齢の殺人事件ですら、過去にいくつも前例がある。メディアはなぜその事実を積極的に述べないのか。考えられる理由はただ一つ。誰もせっかくの「祭り」に水を差すような野暮はしたくないからだ。


「少年犯罪は増加・低年齢化・凶悪化している」とメディアで言われ始めたのは最近のことではなく、1980年代からである。
これに対して専門家は「そんな事実は全く存在しない」と言い続けてきた。
にもかかわらず少年犯罪に関する言説状況は変わらない。

少年凶悪犯罪補導・検挙数が最高だったのは1960年の8112人。1997年は2263人。

増加していない。
凶悪化もしていないし、低年齢化もしていないし、意味不明な犯罪・動機なき犯罪も増えていない。

おまけに日本の若者は世界で一番「人を殺さない」人たちである。
日本における殺人者の出現率は人口10万人あたり1.1人と世界最低レベルで、これは、一般には最も殺人を犯しやすい20代前半の殺人者出現率が低下したことが寄与している。1955年には10万人あたり23人だったのが、1990年代以降は2人で推移している。この40年間で1/10に減少。

若者の世代に殺人者率のピークがない国は日本以外におそらく存在しないと言われている。
それくらい日本の若者は人を殺さない。

「物語」は分かりやすい。

家族関係希薄の物語、ゲーム脳という物語、現実と虚構の混同という物語、心の闇という物語、トラウマの物語、若者の性風俗の乱れという物語。

理解不可能なものを前にして、自分の通念による解釈が機能不全に陥ったとき、人がとる対応は次の3つのいずれかである。

1.排除
2.物語化による消化
3.保留

脆弱な知性は必ず前二者を選択する。

1と2は安易な着地、3は漂いうる知性。




事務所備品は「オフィスライナー23」
電話番号とFAX番号が5月中旬に決まり、それ以降「ASKUL(アスクル)」と「オフィスライナー23」で事務所備品を買えることができるようになった。これらにamazonを加えて、価格と品質を比較してポチる。ポチると翌日配送される。

全く同じ製品で(一般に)安い順は

「オフィスライナー23」<「ASKUL」<「amazon」

と、「オフィスライナー23」が一番安くて、おまけにサイトもいろんな点で見やすくこれが最高。

「オフィスライナー23」ってのは、コクヨの通販「Forestway」の東京23区限定版。
「Forestway」より「オフィスライナー23」の方が少し安くなってる製品もある。

東京23区内の事務所は「Forestway」ではなく「オフィスライナー23」を使う方が利有り。




『スティーブ・ジョブズ I & II』
アイザックソン著『スティーブ・ジョブズ I』『II』を読んだ。もちろんiPadで。

とても良い本。とても。

800ページを超える同書をまとまれらるわけがないので、雑感を。

(・д・)

「ジョブズのような芸術家がどうやって経営者として成功できたのだろう」と「SonyはなぜiPodをつくれなかったのだろう」ということが疑問だったんだけど、同書を読んでよく分かった。

1つ目については本書を読んで頂きたい。ジョブズがどういう人間を自分の側に置いたのか。

2つ目については、「sonyはなぜiPodをつくれなかったのだろう」という問題意識そのものが間違っており、正しくは「AppleがなぜiPodをつくれたのだろう」とすべきだったと分かった。そしてその理由もよく分かった。

「圧倒的に美しい製品」をつくるとき、デザイナーとエンジニアが衝突する。ジョブズは自らデザインに関与し、徹底的にデザインを優先する。広告はもちろん、製品の包装にまで深く関与する。

(・д・)

同書の終盤でジョブズが成し遂げた業績が並べて書かれているんだけど、それらは、天才芸術家5人と天才経営者5人が成し遂げた仕事に匹敵すると思う。

時価総額ランキング
1 アップル 46兆円
2 エクソンモービル 33兆円
3 マイクロソフト 22兆円
4 中国石油天然気 21兆円
5 IBM 20兆円

(・д・)

ジョブズの特徴として『現実歪曲空間』が何度も挙げられている。「知らず知らず聴衆を巻き込み感動させる」能力(カリスマ)と「自分に不都合な事実は見ない」姿勢を意味するといえばよかろうか。

(・д・)

1982年、ソフトウェア部門マネージャー採用面接をした際、ジョブズはある男性応募者に

「初めてシタのはいつだ?」
「ん?きみは童貞なのか?」
「LSDは何回くらい使ったことがある?」

と質問している。

(・д・)イイ!!

 



新人OL(23歳)が上司(42歳)とキスした理由
↓これ読んだら負けですよwww
新人OLが「コレでオチました」事例集
新人OL(23歳)が上司(42歳)とキスした理由
平成生まれOLはオッサンも恋愛対象!?
[平成生まれOL]が課長補佐にオトされた理由

(゚∀゚)ガマンシル!!

ドコモ社長「iPhoneの販売は現状難しい」

(・д・)...

歴代マンガ売り上げランキング

1.ONE PIECE 2億7348万部
2.ゴルゴ13 2億部
3.ドラゴンボール 1億5663万部
4.こち亀 1億5527万部
5.名探偵コナン 1億4000万部
6.美味しんぼ 1億3000万部
7.NARUTO 1億2650万部
8.SLAM DUNK 1億1897万部
9.ドラえもん 1億部
10.タッチ 1億部
11.ドカベン 1億部
12.鉄腕アトム 1億部


これを見るまで、ぼくは
1.ドラゴンボール
2.ONE PIECE
3.SLAM DUNK
だと思ってた。

(゚∀゚)

日本の超SFなサイバー攻撃警告システムに世界のネットユーザー大興奮! 海外の声「攻殻機動隊キター!」
(これ、FBでシェアしたけど、ほんとカコよす!)


(゚∀゚)



名言
 
人生を、危険にさらせ


ニーチェ『悦ばしき知識』




初めてリーダーになった人へ。
リーダーになる前、成功とは、自分自身を成長させることだった。
あなたが達成したこと。あなたの業績。

リーダーになると、成功とは「他人を成長させること」になる。
あなたの下で働く人たちをそれまで以上に賢く、大きく、大胆にさせることだ。
個人としてあなたのすべきことは、チームを育てサポートし、彼らの自信をつけさせること。それ以外は何もない。

リーダーの成功は、あなたが毎日何をするかではなく、あなたのチームが輝かしい業績を上げるかどうかで決まってくる。


ジャック・ウェルチ



女性は「自分」が29.7%で最も多く
デザイナーズ注文住宅の「ハイアス・アンド・カンパニー」が行った意識調査

恋人や配偶者のいる人に、相手に「大切にしてほしいモノ」を聞いたところ、男性は「健康」(32.8%)が最多でパートナーを気遣っているのに対し、女性は「自分(女性自身)」が29.7%で最も多く、意識にずれがあった。


うけるwwww

放送翌日に増刷決定!? WBS「スミスの本棚」現象

スポーツ選手長者番付、メイウェザー1位(年収8500万ドル/約67億円)

ネット時代の文章術は『起承結』

(・д・)ほぉ

ビックカメラがAmazon.co.jpにショップをオープン(期間限定6月15日~7月2日)

ケンタッキーが「オリジナルチキン食べ放題!」をKFC創業日の7月4日に実施決定

「白くま」アイスはなぜ人気なのか?

短時間で高パフォーマンスが期待できるジョギングの法則は「10-20-30」

ステーキ肉は焼く前にコーヒーに漬け込んでおくとおいしさアップ!

スマホのバッテリが約64%長持!? 試してみました。『SuperMobile Utilities』

のう知っとる? バッテリー節約テク&アプリは結構あるのよ

フランス料理界でコペルニクス的価格破壊革命が始まった

この『俺のフレンチ』、すごいな。一度行ってみたい。でも予約が全然とれなさそう…。


George Balanchine's The Nutcracker
(Pennsylvania Ballet)


4タイプの管理職と彼らへの対処法
(1)良い業績を出し、会社の価値観に基づいて行動するマネジャー

ことあるごとに褒め称えて報酬を与える。


(2)業績はあげられないが、会社の価値観をきちんと実行しているマネジャー

社内のほかのポストに移動させる。別のチャンスを与える。


(3)良い業績を上げるが、会社の価値観に従わないマネジャー

彼らは通常、組織を破壊する。こういうやつらを長く会社に居座らせてしまうと、社員のやる気と信頼を損ねることが多い。クビにする。


(4)仕事もできないし、会社の価値観にも従わないマネジャー

即刻クビにする。


ジャック・ウェルチ



マルチモニター
開業以来、大勢の友人たちが「わが王国」に来てくれたけど、けっこー多くの人が驚くのが、パソコンのモニター2台(デュアルモニター)。

驚かれたこっちの方が驚く。

(・д・)ナンデ?

ぼくたちの仕事の多くは「書面」でなされる。(ばんばん会議やって外回り営業!という仕事じゃない)

だからIT環境は業務効率に直結する。脆弱なIT環境で仕事をする弁*士はそれだけで相対的劣位に立つ。

モニターは1面より2面、2面より3面の方が業務効率が高い。やれば一発で分かる。1面しかないモニターで画面を切り替えるのと、多面で視線を動かすだけのどちらが速いのか。

モニターなんて、例えばDell「24インチ フルHDワイドスクリーン」ですら16,000円。
そこケチって1千万円以上の損。そりゃないっす。

(・д・)ナイッショ!!


「わざと中途半端なところでやめる」ことが生産性アップのコツ

これはその通りでつ。2008.11.11に『仕事/一区切りつけて帰るのは非効率的』(PC) (携)でも書いたように、あえて途中で終わらせておくのがいい。

(・д・)パネッス!!



部下の士気を高める7つのツール
1.金銭的な報酬

2.仕事の面白さ

3.一緒に働いて楽しい同僚

4.承認

5.お祝い

6.偉大なミッション

7.ギリギリタッチできる目標


ジャック・ウェルチ




名言

自分の行動に責任をもったとき人は大人になり、自らリスクを背負ったときに人は社会人となる。

ジョン・ロックフェラー



Appendix

プロフィール

ふじぼう

ふじぼう 自己紹介

月別アーカイブ

ブログ内検索

Extra

カレンダー

05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。