FC2ブログ
AX

Entries

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


夢なんてないなぁ
仕事において、今のところ、ぼくには夢なんてない。
売上の数値目標はあるけれど、夢なんてない。
理念のようなものはあるけれど、夢なんてない。

「秘書にちゃんと給料を払い続ける。そして自分も飢え死にしない」ということだけで精一杯。

しかしよく考えてみると、仕事における夢ってなんだろ?

うーん。

あっ、でもあれだ、ぼくたちの仕事は、日々黙々と働いているだけで困っている人たちの助けになっていることが多いので、特に夢とか考える必要がないのかもしれない。

例えば英文契約書の作成とかしてても(会社の役に立っているとは思えても)人助けになっていると思わないけれど、本当に困っている人たちが現実に社会には存在していて、そういう人たちのために仕事をしていると、もうただそれだけで自分の存在価値を疑わずに済む。

うん、そーいうのはけっこー大きいかもしれない。

わからんけど。

スポンサーサイト


世阿弥「守破離」
二宮清純「唯我独論」: 型を守り、破り、離れた大鵬

大相撲に型は必要か不必要か。

おそらく、この論争に最初に火をつけたのは、さる19日に他界した元横綱の大鵬ではなかったか。

基本的には左四つに組みとめてからの右上手投げやすくい投げを得意にしていた大鵬だが、右四つでも相撲がとれた。押し相撲にも安定感があった。

しかし、こうした自在流とでも言える取り口に対しては批判も少なくなかった。
いわく「大鵬には型がない」。
当時の資料をあさると、これといった型を持たない横綱は短命に終わるとの解説も散見される。角界の保守派には大鵬を異端視する向きもいたのである。

今から8年前、昭和の大横綱にインタビューする機会を得た。もちろん、この点についても訊ねた。大鵬の答えは簡潔だった。「せっかく、ひとつの型ができても、その型にならなければ勝てないというのでは話になりませんよ」
***
話を聞いていて、ふと浮かんだのが、能の世阿弥が起源とされる「守破離」という言葉である。

芸や武道など伝統文化の基本は師から教わった型を忠実に「守る」ことから始まる。だが、それだけでは発展しない。次の段階で型を「破」り、最終的には型から「離」れて自由になる。つまり新しい型を創造することで師の恩に報いるとの思想である。

昨年暮れになくなった歌舞伎界の名優・中村勘三郎の口ぐせは「型を身につけてこその型破り。基本のできていない芸はただの型なし」だったという。


( ´-`)つ『自由は型の果てに。』(2008.6.21)(PC) (携)




PE投資家コラム
ムーギー・キム(プライベートエクイティ投資家/1977年生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業。欧州系投資銀行、米系戦略コンサルティングファーム、米系資産運用会社の東京支店にて勤務した後、香港・シンガポールに移住し、アジア・太平洋地域でのPE投資業務を担当。英語・日本語・韓国語・中国語を操る。現在は欧州に拠点を移し、フランス在住)の連載。

ハーバード卒にあらずんば人にあらず!?(エリートが築く「学歴ブロック経済圏」)

外資金融・コンサルの卒業生はどこへ行った?(エリートは多いがリーダーは不在)

東京は、住むには最高、稼ぐには最低(シンガポール・香港になぜ勝てないのか?)

「香港は東京より金持ち」…ってホンマかいな?(シンガポール・香港 vs. 東京[第2弾])



将棋と囲碁の勝敗
なにかの本で読んだことがある、「年をとると、将棋を指すより囲碁を打つ人が増えるのには理由がある。囲碁で負けたときは60:40で負けたという感覚なのに対して、将棋で負けると100:0で完敗感を味わうからだ」と。

たしかに、将棋の漫画だと負けてワーワー泣いてる子供が必ず描かれるのに、囲碁の漫画ではそれがない。

おもしろい。

(・д・)

どうでもいいけど、毎週定期的に味わう最高の時間は?と問われれば、日曜午前のNHK将棋の録画を観ているとき、と迷わず答える。ほんとうに幸福な時間。

この世に将棋というあそびがあってよかったと思う。




名言
 
勝ち負けは、努力の要素で左右されるほど甘くない。

明石家さんま



客を選ばない会社
客を選ばない会社は、客から選ばれない。

とマーケティングでよく言われるけど、ほんとそうだと思う。

至言。

(・д・)ウンウン



名言

多数に追随すれば必ず自分を見失う。
孤独を恐れず、したいことを続けるしかない。

安藤忠雄




オットコマエな秘書
Facebookに秘書とぼくのツーショット写真を掲載したら「可愛い!」とたくさんの裏メッセージを頂戴したんだけど、その容姿の可愛さは言うに及ばず、頭の回転は速く、仕事はデキ、感情にブレがなく、(小学校から大学までずっとバスケットボールをガチでやっていたので)根性も体力も抜群、飲むと毒舌、なにより常に前向きで真摯に仕事に取り組むその姿勢が素晴らしく、この5ヶ月間一緒に働いてきて「やっぱり凄い!」と彼女に対する評価はさらに高まり信頼も深くなり、一言で表現すると

オットコマエ!

な彼女は、『藤沢和雄厩舎のガルダン』(PC) (携)で書いた、まさにガルダン。

人生のパートナーとしてかみさんを選び、仕事のパートナーとして彼女を選んだぼくの女性を見る目は確かなものだと、これまで迂回において一度たりとも自画自賛したことなどなかったぼくも、自慢したい。

ヽ(´ー`)ノ

うちの娘は絶対に嫁にやらん!

(・д・)ヤラン!!



傷だらけのプライド
女子をこじらせて』の著者である雨宮まみ(36歳)連載「ずっと独身でいるつもり?」の第11回「結婚できないのは“プライドが高い”から?」は、なるほど、とても説得力がある。分析力抜群な書き手だ。


独身女によく投げかけられる代表的な言葉のひとつに、このようなものがあります。

「プライドが高すぎるからいけないんじゃないの?」

こう言われて「あー、そうかも! 私ってプライド高いからダメなのかも!」なんていうリアクションを返す女は、ほぼいないと言っていいでしょう。

ほとんどの場合「そんなことないよ!」と、否定の言葉が返ってきますし、私も全身全霊で「そんなことないよ!」と言い返したことがあります。

でも、「そんなことないよ!」では言い尽くせない、複雑な感情がその背後にはあるのです。

<独身女性の傷だらけのプライド>

「結婚したい」と思っている独身女性の多くは、日常的に傷つく機会が非常に多いです。
私は現在、36歳ですが、24歳には24歳の、27歳には27歳の、32歳には32歳の焦りがあります。

年下の女性からは「ああはなりたくない」という目線で見られ、同世代の男性からは、結婚してないというだけで「なんか融通きかなそうで怖い」「手を出したら本気になられそうで重い」と、微妙に口説きづらい対象として見られ、女を磨こうとがんばれば「気合い入りすぎ」「結婚焦ってるの見えすぎて逆に怖い」、仕事をがんばれば「もう仕事に生きることに決めたんだね!応援するよ!」と見当違いな応援をされる……。
それが独身女性の日常です。

婚活市場では、36歳なんてもう値崩れ起こしまくってたたき売りするしかない年齢だということも、わかっています。
「そのトシで相手を選ぼうなんてぜいたく」だと言われるような年齢であることも……。

「結婚」というものを考えるとき、すでに独身女性のプライドはズタズタなのです。
たとえ若くても、周りの結婚できている女性と比べて自分には何が足りないのかと悩む人も多いでしょうし、「本当はこれぐらいの年齢で結婚して、出産するつもりだったのに、私は何をしてるんだろう。
どうしてうまくやれないんだろう」と、理想のライフプランとの誤差にやりきれない思いを抱えている人も多いでしょう。

そんな状態で「プライドが高い」と言われても、「そうじゃなくて、もうプライドがズタズタだから、最後に残った小さなプライドぐらい自分で守らないと、生きていけないんだよ!」という悲痛な叫びを返したい気持ちでいっぱいになります。

最後に残ったプライドは、人として、女として、生きる尊厳なのです。
世間一般の認識が「それを捨てて婚活しないと、もう結婚できないよ」というものであっても、それなりにがんばって生きてきた自分をたたき売りするのは悲しすぎると思ってしまうのです。

高く売ろうとは思わない、けれど、安売りしないといけないような場所に行ってこれ以上傷つきたくない……。
そんな複雑な独身女の心は、説明すればするほどさらに「めんどくさい」「重い」ものであり、なかなか人には言えないもの。
それを言わずにグッとこらえて毎日必死に生きている独身女の気持ちを、少しはくんでもらえるとうれしいなと思います。






攻殻機動隊ARISE
「攻殻機動隊」の新作アニメプロジェクト「攻殻機動隊ARISE」製作決定

この少佐はないでしょ...

ヱヴァQが興行収入50億円突破

お気に入りのズボンと同じものを探し当てるにはアソコを見よ!

テレビより高い!高級ヘッドフォンが売れまくっている!!

どの企業の人と結婚したいですか?

1.任天堂 2.ANA 3.タニタ、Google 5.Apple

前回(2011年)上位を占めていたパナソニック(前回1位→今回40位)、ソニー(2位→11位)、「シャープ」(5位→125位)といった大手電機メーカーは大きく順位をsage進行でよろ


大学生が働きたい業界は「商社」、働きたくないのは?

iPhoneで撮影した手書きメモを爆速でEvernoteと同期できるメモ帳&アプリ「CamiApp FastEver Edition」を使ってみた

2012年「世界で最も美しい顔」1位は

イチロー 2012年 ダイジェスト ヤンキース編


「嘘つくんじゃねえ」
続けて『快楽上等!』。

上野:女性の性行動を調査した『ハイト・リポート』があった。ハイライトの一つは、女のマスターベーションを主題にしたこと。『ハイト・リポート』は日本の女にものすごく大きな影響を与えたと思う。女のマスターベーションについてあの手この手のいろんなやり方が書いてあって、私は一通り試しました。あれは勉強になった(笑)

湯山:ああ、そこが難しいところかもしれない。男の人って方法は単純だけど、女の人ってモノ派もいれば、床派やシャワー派もテクノ好きもいてバリエーションが豊かだから、あんまり他人と共有できないんですよ。

上野:『ハイト・リポート』以降、性行動の調査に女性のマスターベーションが調査項目として入るようにもなった。ただ、世界中のセックスサーベイでわかっていることなんだけど、女性のマスターベーションの頻度などについて「過少申告」の傾向がある。

湯山:「やってない」とも言いますしね。絶対100%だと、私は言ってるんだけど。

上野:やってないわけねえだろう(笑)。「やったことありません」って言う人には、「嘘つくんじゃねえ」と思うよ。

湯山:そういう女はまず信用できない。

上野:そこ、私たち完全に一致するね(笑)


もっといっぱい面白いこと書いてるんだけど、入力に疲れたので、自分で読んでくださいw





自我の全面移譲を神話化
上野千鶴子・湯山玲子の『快楽上等!』を読んだ。2日連続で引用。


上野:ここ30年間見てくると、いわゆる性革命によって「性」と「愛」が分離していることがはっきりしましたね。そこで明確になったのが「ロマンチックラブ・イデオロギー」の破綻。

湯山:徐々に常識になりつつありますよね。ただ、ロマンチックラブ幻想に関しては、そうとう根が深い。セックスはカジュアルになったけど、やっぱり性欲ムラムラでイタすという理由ではなく、恋愛したから、というエクスキューズをかけてくる。自分には王子さまが現れる、自分のことだけ愛してくれる人が生涯一人の男として最後まで自分を裏切らず添い遂げてくれる、ということをそれは幻想だと分かっていても、心が動いてしまう女は多い。

上野:それね、ロマンチックラブとも言うけど、私は「オウム幻想」とも言ってる。つまり、「たった一人のあなたに私を丸ごと全部受け止めて欲しい」という、自分の全面移譲なわけでしょ。虫のいいこと考えるな、だよね。あなたを全部受け止めてくれるのは、神さまか麻原だけだって(笑) 女の依存症がイデオロギー化して「私を丸ごと受け止めて」となる。

湯山:でも、この種の物語は、そうとう手強いですよ。30代未婚の女友達なんて、いくら口をすっぱくして言っても、うーん、なんて言ってる。

上野:不安が蔓延してる時代だから。ロマンチックラブ・イデオロギーは、異性間での自我の全面移譲を神話化したもの。そんな不自然で無理な要求や契約関係があたかも成り立つかのごとく、嘘八百のデマを飛ばしてもダメ。男のほうはサッサとそこから降りてるんだから。






Romantic Love Ideology
(温尻 2009.2.25)

人類は、性(セックス)と恋愛と結婚の3つをそれぞれバラバラのものであると捉えてきた歴史の方が遥かに長く、その3つがセットであってこそ真実の愛であると考えるようになったのは近代以降にすぎない。

[wiki]ロマンティック・ラブ

:一対一の男女の間で結ばれる純愛を指す社会学上の概念。近代における恋愛の一種の理想としてしばしば扱われ、以下のような特徴を持つ。

・一時の衝動による相手への執着ではなく人格的な結びつきによる愛情であるが、プラトニック・ラブとは異なり、性行為により相手と一体になることを求める。

・経済的、政治的な打算などではなく、純粋に二者間の間にある愛着だけで結びついた関係である。

・常に男と女の一対一ではぐくまれる愛情であり、相手以外の者に恋愛感情を向けることなく、二者間の他に性的接触をもたない。モノガミー(一夫一婦制)の精神と通底する。

・恋愛対象を「運命の相手」とし、一生の恋愛関係にあることが理想とされる。そのため結婚は恋愛感情と結びついたものとして一生維持される。

家族社会学や女性学においては、近代以降、結婚はロマンティック・ラブを経た結びつきであるべきだという感覚が普及し、恋愛結婚や近代家族のあり方を規定している、と指摘される(ロマンティック・ラブ・イデオロギー)。その結果、日本ではお見合い婚が減り、恋愛結婚が増加したといわれている。


ロマンティック・ラブはある特定の時代だけのイデオロギーである。
100年後、1000年後もこのイデオロギーが猛威を振るったままであるのかは誰にも分からない。

岸田秀は『ものぐさ精神分析』でこう書いている。

性関係ぬきのいわゆる清純な恋愛は、日本においては明治のはじめにヨーロッパから輸入したものであって、またヨーロッパにおいても昔からあったわけではない。

今では日本でもかなり普及しているが、プラトニック・ラブとかロマンティック・ラブとかは、キリスト教とか蒸気機関とかと同じく舶来品であって、この舶来品がくる以前の日本では、恋するということはすなわち性関係を持ちたいということであった。

世界においては、昔の日本式の恋愛も、近代ヨーロッパ式の恋愛も知らない多くの民族が存在するが、彼らが遅れた未開の民族だというわけではない。

ロマンティック・ラブはヨーロッパに発生したまたま日本にも伝来した一つの特殊な幻想であって、それは回教がアラブ世界に発生したまたまパキスタンやインドネシアなどのアラブ圏外にも伝来した特殊な幻想であるのと同じである。


また、橋爪大三郎は『性愛論』でこう書いている。

キリスト教は普遍宗教の名にふさわしく広大な地域の多様な人々の間に受け入れられていったが、布教の対象となる人々は性愛に関するきわめて多様な習俗や思想傾向(ローマで流行した結婚忌避、ギリシャ的同性愛、性的禁欲、独身主義など)に分断されており、一口でいうなら性愛倫理をめぐる混乱状態にあった。

そして、当時ローマ帝国統治下にあった人々がおかれていたこうした性愛倫理の混乱状態は、やがて正統教会の教理とそれが与える性愛倫理へと収束していく。
こうして確立した性愛観が、中世を通じてキリスト教信仰の中軸をなし、後代へと引き継がれるようになった。


なお、小倉千加子は『結婚の条件』でこう書いている。

ロマンティック・ラブの対極にあるのは、スタンダールの言う「アムール・パッシオン(情熱恋愛)」である。強く振ったサイダーがほとばしりでるように人々を日常性から解放する。どんなときにも相手のことが頭から離れず、おかげで日々の義務を遂行することが困難になり、性的にも相手に熱中する。

ロマンティック・ラブにおける「一目惚れ」とは相手の人柄への直観的把握であり、この人は私の人生を申し分のないものにしてくれるという瞬時の峻別のことである。もっと簡単に言えば、ロマンティック・ラブとは、相手の「人柄」(教養・地位・財産の醸し出すもの、と言っておく)に惹かれる愛であり、アムール・パッシオンとは、相手の「顔」(エロス)に魅了される恋愛である。

アムール・パッシオンに自分を賭けるには、女性の側にある程度の自我の強さが必要であり、そんな強さを近代以降女性が持てた時代は、70年代だけだったように思う。以後、女性はなし崩しに弱くずるくなっていった。




名言

この非常に変化の早い世界において最大のリスクは、リスクを一切とらないこと。

マーク・ザッカーバーグ




違う人生が歩めるなら?
死後、ふたたびこの世に生を受けるなら、まったく同じ人生を歩みたいかと問われたら、意味のない回答だと思いつつも、ぼくには違った道を行ってみたかったということが4つあると分かった。

1.近所ののんびりした公立高校にチャリンコ通学するんじゃなくて、繁華街の私立高校に電車通学したい。

2.中高ではバレーボールじゃなくて、野球(軟式でも硬式でもいい)をやりたい。

3.大阪の実家に住んでいる間(高校まで)に犬を飼いたい。

4.幼少時から楽器(可能ならヴァイオリン)を習いたい。

まあ、意味はないんだけど、なんとなく思いついたので。

( ̄(エ) ̄)ゞ

ちなみに、1についてだけど、ぼくが私立高校に行くとしたら、TOやKNの出身校であるM高校と決まっていた。
(オカンに猛烈に抵抗して「女がいる」公立高校を選んだことは以前書いた通り)



Appendix

プロフィール

ふじぼう

ふじぼう 自己紹介

月別アーカイブ

ブログ内検索

Extra

カレンダー

12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。