FC2ブログ
AX

Entries

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


1984年のドンッ♪
時は忍び足で 心を横切るの
もう話す言葉も浮かばない

あっけないKissのあと
ヘッドライト 点して
蝶のように跳ねる波を見た

好きと言わない あなたのことを
息を殺しながら考えてた

笑っちゃう 涙の止め方も知らない
20年も生きて来たのにね

ドアを開いて 独り 海へ
あなた車で 背中を見ていて

わかってる 昨日の賢い私より
少しだけ綺麗になったこと

笑っちゃう 涙の止め方も知らない
20年も生きて来たのにね
生きて来たのにね

(・д・)

はい、薬師丸ひろ子『メイン・テーマ』ですね。正解。

歌詞/作詞:松本隆 作曲:南佳孝



スポンサーサイト


『20代のあなたに、会社が期待していること』
マインドマップ的読書感想文『20代のあなたに、会社が期待していること』相原孝夫

そういえば以前読んだ何かの本に「就職面接で『好きなことは集中してできます』みたいなこと言う人がいるけど、採用する側の会社は『嫌なことも集中してできます』という人が欲しいんだ」とあって、ああその通りだなぁと思った。

『稼いでいる人が20代からしてきたこと』

全米の成功するリーダーには4つの共通する要素があるという。
1多様な経験、2人間関係、3ミスへの対応、4ストレスマネジメント


『世界エリートの「失敗力」』佐藤智恵

『世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?』戸塚隆将

3秒で開ける場所に常にノートを置いておく


ああ、それ、大事だなぁ、やろうやろうと思いつつできてない…

『ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング』赤羽雄二


関係ないけど「将棋vs囲碁」、この動画ウケるwww



From One. 全てはたった一人から。
この世で日々起こっている変化は、その全てが常にたった一人の発想と熱意から生まれている。話し合いで変化は生まれない。たった一人から生まれる。

・ネットで利用申請ができること。
・クレジットカードが利用できること。
・特産品が充実していること。

この3つだけで、ふるさと納税制度によって自治体に集まる寄付金の額は2ケタ異なるはずだ。

同制度は、他の自治体に納まるべきはずのお金の分捕り合戦なので、典型的なゼロサムである。

どこもかしこも財政難であるはずの自治体の同制度に対する取り組みを見るにつけ、「ああ、この自治体には『これはチャンスです!数千万円と数十人のリソースをつぎ込んでも元はとれます!』と主張した、たった一人が存在したんだな/存在しなかったんだな」と明確に分かる。

日本には2000弱の自治体が存在するが、ふるさと納税制度に賢く取り組んでいる自治体は20くらいしかない。
その20の自治体には「たった一人」が存在し、その一人が数億から数十億のお金を自治体にもたらす。



名言
 
世に銭ほど面白き物はなし。

井原西鶴



田中将大とダルビッシュ
田中/総額1億7500万ドル(入札2000万ドル+契約7年1億5500万ドル)
ダル/総額1億1000万ドル(入札5000万ドル+契約6年6000万ドル)

日本での成績(防御率/WHIP)は以下で、ダルビッシュが田中を上回っているといえるが、田中は過去3年で1.27という驚異の防御率を2度叩きだしている。

<田中将大>
2007/3.82/1.35
2008/3.49/1.30
2009/2.33/1.12
2010/2.50/1.23
2011/1.27/0.87
2012/1.87/1.03
2013/1.27/0.94
通算/2.30/1.11

<ダルビッシュ>
2005/3.53/1.54
2006/2.89/1.28
2007/1.82/0.83
2008/1.88/0.90
2009/1.73/0.90
2010/1.78/1.01
2011/1.44/0.83
通算/1.99/0.98

ダルビッシュはレンジャーズ1年目に16勝(防3.90)、2年目は13勝(防2.83)だった。
田中が1年目にどれだけ活躍できるか分からない。5勝で終わるのか18勝しちゃうのか。
それでも、ダルビッシュと同じく頭のいい投手なので、数年のスパンで見れば(怪我さえなければ)活躍することは間違いないだろう。

それにしてもイチローが言った「ヤンキースがどんなオファーを提示したか、ということよりも、このオファーを受けたことへの覚悟と自信に敬意が払われるべきだろう。」は卓見。

(・д・)

田中将大の高額契約で再評価されるダルビッシュ 「有はなんてお買い得だったんだ!」ESPNダラス版

(・д・)

↓ええ話や…。

30億円プレーヤー誕生の陰に黒田の存在あり。カーショーとの熱い友情とは



競争と規制
2002年にタクシー業界の新規参入が自由になった。
タクシーの運転は(運転免許さえれば)誰でもできる、つまり参入障壁が非常に低い業界だったため、規制緩和によってタクシー車両が大幅に増加し、競争激化で運転手の収入低下という当然の流れに。

そして「収入回復を図るため無理して長時間労働をした結果としてタクシー事故が増加したので、また規制します」として『特定地域における一般乗用旅客自動車運送事業の適正化及び活性化に関する特別措置法』が改正された。明日27日施行。

おいおい、まだそんな時代錯誤なことやってんのか。

競争を阻害しない形での規制はいい。例えばタクシー運転手の一日あたりの勤務時間を制限するとか。でもそうすると(従前の)収入が確保できない。だから規制目的を「国民の安全のため」と偽って、(サービスと価格の)競争そのものを規制する。

どの業界も言う、「うちの業界は特別なので、自由競争になじまない」と。農業とか教育とか医療とか法曹とか。
馬鹿こくでねーよ。ほんじゃあ国民の安全に直接影響するような自動車を製造してるトヨタとか食品を作ってるメーカー各社どーなんだよ。

国民の安全は大切だし、個々人の生活ももちろん大切なこと。異論はない。
でも競争そのものを規制することによって生じるデメリットがどんだけでかいのかってことが正しく認識されていない。以前も某航空会社や某電力会社を税金で救済する愚について書いたけど、競争意欲を削ぐってのはでかい。これは致命的。

弱者救済は必要だ。でもそれは自由競争をさせた後の話。競争に敗れて会社が潰れてメシが食べられない人を救済する仕組みを作ればいいのであって(既にいっぱい存在する)、競争そのものを阻害することがあってはならない。

競争原理主義、おおいにけっこーじゃないっすか。

今回の法改正に最も反対してるのは、同じタクシー業界で競争力のある会社だ。
「なんで頑張ってない会社を救うために、われわれ頑張ってる会社が規制されなければならないんだ!自由競争で淘汰された敗者は市場から退場させるのが当然だろうが!ちゃんと競争させてくれよ!邪魔すんなヴォケが!」と。
そりゃそうだ、サービスや価格で他社との差異化を図って競争力を磨いてきた会社が、競争力はないのにロビー活動だけはいっちょまえな大手のせいで不利益を受ける、そんなもの納得できるわけがない。

だから、ほら、もう経済的自由だからとか杓子定規なこと言ってないで、LRA(Less Restrictive Alternative)の基準を奮発しちゃおう。

はい、違憲!

ヽ(・∀・)ノ



渋谷ではたらく社長のアメブロ
サイバーエージェントの藤田晋(すすむ)氏(40歳)が、競馬が大好きで(有馬記念2008で大穴的中1500万円)、将棋がめちゃくちゃ強くて福井県小学生将棋大会で優勝経験があることは知っていた(アマ四段クラスか?)。

そして今回、麻雀まで強いとブログで知った。

2014年1月14日「状況判断力」

オンライン対戦の麻雀ゲームにハマってまして、ついに十段より更に上の「強者」に昇格しました。現在、東京11位です。


2014年1月22日「ギャンブルは負ける」

学生時代、雀鬼会の雀荘に通っていた頃、桜井章一さんから「自己を律せ」という言葉を何度も聞きました。


上記2つのエントリはなかなか面白いんだけど、しっかし、将棋(完全情報ゲーム)に強く、麻雀(不完全情報ゲーム)に強く、競馬(ギャンブル)にも強いという恐ろしい経営者。

ついでにいくつか面白かったのを。

「責任を負う」

「おれが決める。」「責任は全部おれが負う。」そんな顔つきをしているリーダーがいるかどうかがプロジェクトの成功の条件であると思います。

サイバーエージェントの場合、失敗して本当に責任を取らせたり、ペナルティを与えたりすることは滅多にありません。失敗を会社の資産と捉えているので、次に活かしてもらわないと勿体ないからです。

それでも、実際に失敗したら「全て自分のせいである」という覚悟をもったリーダーがプロジェクトには絶対に必要です。

責任を負うことを避けたがる人は、リーダーに据えてはいけないのです。


「頑張らないときが分かる人」

トークセッションで、私は「元気も大事なんだけど、力の抜きどころを見極めることも肝心」という話をしました。

このイベントに出かける直前に、私のソーシャルフィードに、「時間に支配されない生き方」の著者ジョンキム さんの言葉が流れてきて、それに共感したからです。

三流は、一切頑張ろうとしない人。
二流は、ずっと頑張ろうとする人。
一流は、頑張らないときが分かる人。

よく仕事人生はマラソンのようなものといわれますが、私の感覚では本当の勝負所は10%くらいしかなく、実際はそれ以外の時間帯のほうが長いです。だからその長いほうの時間をどう凌ぐかのほうが大事なのではないかと思ってます。


「不格好経営」

今週発売になる南場さんの「不格好経営」。一足お先に頂いて、読ませてもらいました。

Facebookなどを見てるとうちの社内でも大変人気のあるDeNA南場さんですが、期待に違わず、この本面白いです。随所に文章のディテールが笑えるので、ニヤニヤしながら読んでたら奥さんに突っ込まれました。

そして、大いに共感できて、ちょっと泣けました。

先週、この本を届けに南場さんが来社してくれた日は、日本代表がW杯出場を決めた試合の翌日でした。雑談の中で、PKを決めた本田選手のことを、「あれが経営者だよね」、そう南場さんが仰っていました。

おれが決める。責任は全て自分が負う。

もの凄い形相で、目の色が違う。

本書では、経営コンサルタントから起業家に転身した南場さんの10数年が描かれていますが、この言葉に大事なことが凝縮されていると思いました。


「時間が足りなくない」

私も忙しくてもブログを更新してるので分かるのですが、更新しようと決めたら、一日中、頭の片隅のどこかでブログに書くネタを探してないと書けません。また、それを実際に文章にして公表するのはかなりの集中力を必要とします。

なんでそんな努力してまでブログ書くんだよ、と思うかも知れませんが、努力や集中力が必要で苦しい分、その一連の作業を通じて得られる情報や思考の整理、自分の言葉にすることでの血肉化は非常に大きいです。

だから、一日一日を流されるように過ごしている人とは毎日少しづつ差が開いくと感じます。
忙しい日々というのは、貴重な日々だから、無駄にしないためにも、ブログでなくても、振り返る時間がなんらか必要だとおもいます。


「ポジティブでいいやつの落とし穴」

うちの社員はポジティブでいいやつが多いと思います。それは会社の良さであり、ずっと大事にしたいところではありますが、先日、まさにポジティブでいいやつで、社内で誰からも好かれるタイプの事業責任者をミーティングで頭ごなしに叱りました。

「戦略の詰めが甘いんだよ!」

彼を始め、その部署のメンバーは疑いようもなく一生懸命頑張りますが、トップの戦略が甘ければ、自分含めてみんなの努力が全て水の泡です。

そのため、戦略を描くトップの立場の人の責任は重大です。これでもかというくらい抜け漏れをチェックして、あらゆる可能性を吟味し、しらみつぶしに問題を洗い出し、後悔のないよう、最後までしつこく、しぶとく考え抜かなければなりません。

ところが、ポジティブな性格の人は、良い戦略アイデアがひとつ見つかると、

「いける!いける!」「あとはやるしかない!」

とか言って、すぐみんなで飲みに行ってしまったりします。

トップが戦略の拙さを、前向きさや熱さで誤魔化してはいけません。
ここで最後までネガティブに戦略をチェックしなかったわずかな時間が原因で、これから始まる戦略を実行するための長い日々が、徒労に終わってしまうかも知れないのです。

また、戦略を考える際には、時には競争相手に打ち勝たなければならないので、競合が嫌がることや、相手を出し抜くような発想も必要になってきます。
そんなとき、性格のいいやつで、人が嫌がることをするのが苦手な人もいます。
また、いい人が大多数のチームでは意地の悪い作戦が言い出しづらい雰囲気になったりもします。それでは戦いの前に戦略を放棄しているようなものです。

今日は夕方から、3時間半かけて、とある事業ドメインの重要な戦略会議を行いました。
厳しい市場環境と向き合って、自社の戦略をネガティブに見直し、競争相手ができないこと、同業者の一歩先を読んだ動きなど、時間の許す限り考え抜きました。
この時間は結構「ネガティブで悪いやつ」だったと思います。


「答えは必ずある」





西炯子『姉の結婚』
39歳の独身女性(図書館司書)の恋愛と結婚と仕事に関する物語。

舞台は主として長崎県。

「全国書店員が選んだおすすめコミック2012」で5位。

ちょっと不思議なリズムの作品で、読む価値は十分ある。

(´ー`)

『&-アンド-』(おかざき真里)を読んだ。
同著者の『サプリ』が博報堂バリキャリが主人公だったのに対して、『&-アンド-』は医療事務(派遣)&ネイルの26歳という設定で、読者層は広がるかもしれないけど、うーん。

(・∀・)

なお、『姉の結婚』も『&-アンド-』も、恋の相手は医者(39歳の精神科医/45歳の心臓外科医)。

(・∀・)

そういば、先日、橘玲『資産防衛マニュアル』の三部構成タイトルが「序・破・急」で「おいおいどんだけヱヴァンゲリヲン好きなんだよ」と書いた。
しかしテレビで偶然「序・破・急」は世阿彌が使ったので有名(もともとは雅楽の演奏についての言葉)だと。
教養不足で赤っ恥。

(-д-;)

 



Amazon MasterCardクラシック
ようやくきました。ようやく。待ってました、Amazonクレジットカード!!

Amazonでの買い物はポイント1.5%。
年会費は(事実上ずっと)無料。
20,000ポイント(2,000円相当)プレゼント。

早速申し込んだ。(・∀・)

(ネットだけで引落口座の設定まで完了。イイネ)

買い物のほとんどがネットというぼくのような人間にとって、楽天カード、Yahooカード、Amazonカードが揃ったのは慶事。

と書いてたら、1時間でカード発行メールがきた。はやっ。

Amazonのクレジットカードが5年ぶり復活!!ダンボールみたいなデザインで2万ポイント(2,000円相当)がついてくるぞ、急げ!!

【速報】角川のKindle本5000冊以上が70%OFFセール!コミック・ラノベ・ビジネス書・小説など

とりあえず『里山資本主義 日本経済は「安心の原理」で動く』が234円だったのでポチっといた。

映画のポスターに使われる定番の構図12種

洋服の「毛玉」はスポンジで超簡単に取れた!

なぜ電車で「中ほど」まで進まないのか ~気の利かない人が増えた理由~

とにかく電車内は不愉快。この一言に尽きる。

オープンオフィスがもたらす弊害と、その原因とは?

ぼくもオープンはかなり苦手です。暖簾で対応してるです。暖簾は風情があっていい。

実は和製英語だと知らなかった言葉ランキング

1位 オーダーメイド
2位 リフォーム
3位 スキンシップ
4位 バージョンアップ
5位 コストダウン
6位 コストパフォーマンス
7位 アフターサービス
8位 ブックカバー
9位 ガードマン
10位 デッドボール




逆転の発想
数年前、友人から電話があった。

「会社の先輩(40歳・既婚男)が24歳の綺麗な女の子を妊娠させちゃったんですよ。で、自分は既に離婚してるからって嘘ついて付き合ってたらしくて、女の子は結婚だ~結婚だ~って浮かれちゃって、まだ言い出せないようで。ちなみに妊娠は確定で、それも先輩の種という前提です」

「困ったもんだ…。24歳にいくら払って解決するか…。けっこーな年収でしょ、同じ会社だと」

「は?奥さん41歳で子供おらず、対して彼女は綺麗な24歳で妊娠中ですよ?男としては後者一択でしょ?」

一瞬、空間が歪んだ。
弱々しく「この悪魔が」と罵ってはみたものの、そっち方向の発想がまっったく浮かばなかったぼくは、「ああ俺は近代ヒューマニズムに骨の髄まで侵されてる…。『いい人』かもしれないけど『いい弁*士』とは言えない…」と反省してしまった。

(´・ω・`)

凄まじい修羅場の後、24歳が選択されたとのこと。

そんな物語に日々接するのが仕事なぼくたちは、もはやそんじょそこらのドラマでは心が動かない不感症。



名言
 
一緒に泣くことを友情と勘違いした女たちがどれ程多いことか。
問題を抱えた時に、本当に助けになるのは、うまい飯、上等な酒、乾いた笑いに、辛辣な助言。それらを提供してくれる綺麗な女だ。

山田詠美『A2Z』



グランドマスターに勝利
羽生善治がチェスのグランドマスターに勝利!(2013年12月29日)

ひぃぃぃ!

ビートたけし 昔よりも今の若手漫才の方が絶対面白いと語る

うん、今の漫才の方が絶対に面白い。昔の漫才は動きとか間で笑いをとるのがメインだったけど、今の漫才は言葉で笑いをとることができるもの。断然面白い。

【神の足】フリースタイル・サッカーの「超絶技」に世界が呆然

「大企業に入っても3年以内に3割辞める」は大嘘

優しい人ほど他者に期待しない

米国エリート、働き過ぎの文化

米国の大卒、学歴に見合う就職が困難に―NY連銀調査

「アンダーエンプロイメント(学歴に見合わない仕事に従事する)率」は2012年の時点では44%。


むしろ、大学に行く必要がない人が大学に行ってるのかもしれない。
(昔、北野武が「女子大生が売春をやってるんじゃない。売春婦が大学生になってるだけだ」と看破したように)






「か、風の谷のガンシップ!」
事前に角田光代『紙の月』を読んでみたけど面白くなくて10ページで放り出した。
それでもやっぱり原田知世(46歳)主演ドラマなんだから観ないわけにはいくまいと観た同原作NHKドラマは面白くて、原田の「当たり前のようにそこにある透明な絶望感」に痺れる。いい。

(たとえば『遅咲きのヒマワリ』と『最高の離婚』で真木よう子が出てくるシーン以外は全て早送りしたように、本作品でも原田のシーン以外は全て早送りしてる)

(・д・)

橘玲『日本の国家破産に備える資産防衛マニュアル』を読んでる途中で気づいたんだけど、三部構成のタイトルが「序」「破」「急」なんです。おいおいどんだけヱヴァンゲリヲン好きなんだよ。

(・д・)

こないだ町田康(PC)の処女作『くっすん大黒』を読んで、知った。ずっと「おおぐろ」だと勘違いしてた。「だいこく」なのね…。

(;´Д`)

年末に放送された『風の谷のナウシカ』を観たんだけど、もう何回観たか分からないんだけど、風の谷のガンシップがかっこいい。

「か、風の谷のガンシップ!」






心理マーケティング
どうしても売上と利益が増えてしまう心理マーケティング

<経済誌の購読案内>

ある経済誌の購読案内は以下の値付けがされていた。

1、ウェブ版だけの購読 ・・・59ドル
2、印刷版だけの購読  ・・・125ドル
3、印刷とウェブのセット・・・125ドル

さあ、あなたならどれを選ぶか?

実験結果としては以下のようになった。

1、ウェブ版だけの購読 59ドル ・・・16人
2、印刷版だけの購読  125ドル・・・0人
3、印刷とウェブのセット125ドル・・・84人

当然2のプランを買う人はいない。2の存在意義はなんなのか?
2のプランを設置しているのは一見アホみたいに見えてくる。

しかし2のプランを消して、再度実験をしてみると、

1、ウェブ版だけの購読 59ドル ・・・68人
3、印刷とウェブのセット125ドル・・・32人

2のプランがなくなっただけで、安い1のプランを選ぶ人が増えてしまった。

実は2のプランを用意しておく意味は、高いプランを魅力的にみせるための「おとり」だったのだ。

誰も選ばないけれども、比較して選ぶ上むしろ必要な選択肢。
プラン2(おとり)を入れるだけで売上が43%UPになる。

スーパーやコンビニのプライベートブランドも、あえてナショナルブランドの横に並べておいて比較させるという戦略のもとで配置されている。




ディープインパクト1500万円
【社台スタリオン】2014年度の種付料

さすがディープインパクトの1500万円はずば抜けてるなぁ。

【年50本以上邦画を観た人が選ぶ】2013年ベスト邦画ランキング

「盲腸の請求書を見てぶったまげた…」アメリカ人のありえない医療費に対する海外の反応

私たちが知らない江戸「日本を愛した19世紀の米国人画家」が描いた、息遣いすら感じる美しき風景

おおっ。

なぜ「働かないオジサン」の給与は高いのか?

「世界の革新的な企業ランキングトップ100」に日本から11社がランクイン

「銀座」は無料で楽しむのに最も適した街だった!





Appendix

プロフィール

ふじぼう

ふじぼう 自己紹介

月別アーカイブ

ブログ内検索

Extra

カレンダー

12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。