FC2ブログ
AX

Entries

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


走れエロス!!
太宰治は『人間失格』の「第一の手記」冒頭、こう書いた。

恥の多い生涯を送って来ました。


もうね、同感すぎちゃって困る。

(●´ω`●)ゞ




スポンサーサイト


音楽のちから
一瞬にして心象風景を変えてしまう。

すごい。




「木村の前に木村なく、木村のあとに木村なし」
増田俊也『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか』は、司馬遼太郎『竜馬がゆく』のように、この本を読み終わるのが残念で仕方がない…という気持ちにさせてくれる傑作。

痺れる。震える。興奮。哀しい。

取材に18年。

第43回大宅壮一ノンフィクション賞、第11回新潮ドキュメント賞のダブル受賞作。

文庫上下巻で1200ページを飽きずに読ませる著者の力量は、なるほど『このミステリーがすごい!』大賞優秀賞の受賞作家にふさわしい。

あとがきは『グラップラー刃牙』シリーズの板垣恵介。

大変よいです。

 



客を選ばないと、客から選ばれない。
開業前にTOに教えてもらった本に、「パン屋さん専門の税理士」の話が書いてあった。

「税理士です。税務なら何でもできます」って言っても客から選ばれない。
「数多いる税理士の中から特にあなたに仕事を依頼する理由がない」と。

でも「パン屋さん専門の税理士です!」と客を選別すれば、パン屋さんから選んでもらえる。

弱者には弱者の戦略がある。

客を絞ることに抵抗があるって経営者もいるだろうけれど、えーと、面倒なのでここを参照。

河原先生は、パン屋さん専門として、パン屋さんからの熱い支持を受けていますが、ブランディングが出来あがったいま、もちろん、パン屋さん以外からの仕事も殺到しているそうです。


実感として「その通りだ」と言える。

「選ぶ」とは、他を切り捨てること。
ほんのちょっと勇気が必要。

(・∀・)

ターゲットを絞れば絞るほど反応・反響が大きくなる。



羽生善治の名言
 
楽観はしない。ましてや悲観もしない。ひたすら平常心で。


同じ方法で悪くなる。だから捨てなきゃいけない。せっかく長年築きあげてきたものでも変えていかなくてはならない。


最終的には自分で考える覚悟がないと、情報の山に埋もれるだけです。


「まだその時期じゃない」「環境が整っていない」とリスクばかり強調する人がいるが、環境が整っていないことは、逆説的に言えば、非常にいい環境だと言える。リスクの大きさはその価値を表しているのだと思えば、それだけやりがいが大きい。


不安になりプレッシャーを感じるということは、目標に近づいてきた裏返し。


流れは人為的に支配できるものではない。対局中にはいろいろなことを考えるが、思ったとおりにはならない。思いがけない展開になってしまう。流れをつくるよりも、サーフィンのように流れにのっていく。波はつくれないが、乗れるかどうかだ。


新しい試みがうまくいくことは半分もない。でもやらないと、自分の世界が固まってしまう。


常識もマニュアルも通用しない、カーナビが効かない場所では、自分の力を試されているようでもあり、充実感が実感できるはずだ。


漠然とした不安は、立ち止まらないことで払拭される。


精神的プレッシャーには、開き直りで立ち向かう。


真剣にその道を究めようとか、その道ひと筋でやっていこうという人は、一種の狂気の世界というか、何かそういう線を越えないと、その先が見えないような気がします。


勝負に一番影響するのは「怒」の感情だ。


いまの情報化社会では知識や計算は簡単に手に入る、出来るものです。だからもうあまりそれらに意味はない。これからの時代の人間にとって大事なのは決断する事だと思います。


長い時間考えた手がうまくいくケースは非常に少ない。


人は追い込まれないと深く考えないし、そういうプレッシャーの中でしか真の実力は養えません。曖昧で答えのわからない状態というのは誰にとってもつらいものですが、私はそういう局面こそ強くなるチャンスだと常に考えるようにしています。




感動したら、そこでお終い
Facebookでもシェアしたんだけど、この植松努氏のスピーチ、凄い。

たんなる「北海道赤平市の小さな町工場のおじさんの、感動的スピーチ」じゃない。20分があっという間。

で、あちこちで拡散しているこのスピーチに「感動した」ってコメントが多い。日本中が「感動」してる。

「感動」って、自分の思考・行動に変化が起こることを拒否すること。「感動」なんぞしてもなーんも変わらん。

グっと入ってきたものをそのまま受け止める。これ。

ヽ(・∀・)ノ



PayPalマフィアのドン『ゼロ・トゥ・ワン―君はゼロから何を生み出せるか』
世界最大のオンライン決済サービスPayPalの創業メンバー6人のことをPayPalマフィアという。

PayPalマフィア

YouTube、LinkedIn、スペースX、Tesla Motors、Yelp!、Yammer、そしてパランティアの7社はどれも1000億円以上の企業価値を持っており、並外れたペイパルの企業文化を共有しているメンバーたちは今でも「ペイパル・マフィア」としてIT界に限らず大きな影響力を持っています。


シリコンバレーを牛耳る天才集団! PayPalマフィアとは!?

世界を変える?ペイパル・マフィアたち

(・д・)

で、最近の日本ではイーロン・マスクが有名だけど、マフィアのドンはピーター・ティール。

PayPalマフィアのドン!伝説的起業家ピーター・ティールとは何者か?

1967年東ドイツ生まれ。スタンフォードで哲学学士、同ロースクールで法学博士。推定資産2000億円以上。


(・д・)

忘年会でKNに「いま何読んでる?」と聞くと「『ゼロ・トゥ・ワン』やな、おもろいで」と。(年明けには「今は『ハーバード・ビジネス・レビューBEST 10 論文』と)

で、ピーター・ティールがスタンフォード大学で行った起業講義録『ゼロ・トゥ・ワン』だけど、特に後半がおもろい。
意外だったのが11章で「営業(販売/広告/宣伝)」について熱心に言及しているとこ。





AKB商法への批判はすべて的外れ。
『AKB商法』の定義を「握手券・AKB総選挙投票権などが特典として付いているCDをファンに複数枚買わせようと誘導する手法」とする。

このAKB商法が悪質だと批判される。

ざくっと省いてしまうけど、批判はやっかみ以外のなにものでもない。
あれはビジネスモデルとして完璧で文句のつけようがない。
「買い手側の情報格差」や「売り手と買い手の情報の非対称性」すら利用していないし、発展途上国で過酷な労働を強いている!なんてのもない。誰もがハッピー。フェアトレード。

利益って何だろう。Tiffanyは原価300円のオープンハートを20,000円で売っている。AppleはiPhone6を利益率70%で売っており、トヨタの純利益は年間2兆円。3社は「もっと安く売るべき」と非難されるべきなのだろうか。

なんだおい、むかし松田聖子のレコードやポスターを買ってたぼくに難癖をつけようってのか、ええ?
22枚目のアルバム『DIAMOND EXPRESSION』まで全曲を今でもiPhoneにいれてたらあかんか!?

やいやい!!

(やいやい、って生まれて初めて使った)

(´ー`)y-~~

♪涼し気にうつむいた瞳の奥で
色っぽい動きだけ計算してる
塩辛い Kiss をしたでしょ
濡れた砂に横たわった
みち潮の時間







名言
 
髪の毛が後退しているのではない。私が前進しているのである。

孫正義




その抗えなさ
もし生まれ変わっても、全く同じ人生を歩むような気がする。何千回生まれ変わっても完全に同じ人生を。

(トム・クルーズ主演映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』(原作:桜坂洋)のように記憶を保持したまま生まれ変われるのなら別)

以前、『バガボンド』(29巻)の沢庵和尚のセリフを引用した。

武蔵 あのな 実は最近 (天の)声を聞いた

それによると わしの お前の 生きる道は

これまでも これから先も 天によって完璧に決まっていて

それが故に

完全に自由だ


宿命論・運命論(fatalism)。

完全に自由って、ああそうかと。

これ、「既にレールが敷かれている」みたいなイメージではないんです。そうじゃなくて、これから起こることに対して「抗えない」という感じです。「確定シナリオ通り」ってんじゃなくて。

結局、持って生まれた性格と欲望がすべて決めちゃう。主体性や意思さえも。だから抗えない。そんな感じ。

Impossible to Resist

あ、べつに厭世観や悲観とは無縁ですよ。

すんげー爽やかな笑顔で「あらがえねーな!」くらいの雰囲気でよろすこ。

(・∀・)アラガエネー

ちょと爽やかさに欠けるな…

(^▽^)アラガエネー

(●^o^●)アラガエネー

( ´ ▽ ` )アラガエネー

まあいいか…



以前在籍した事務所で
弁*士がクビになったらしい。またか。
(まああれはしゃーないだろうな…)

ぼくが辞めたのは約3年前だけど、この3年間であの事務所には約20人の弁*士が在籍し、うち60%が辞めている。(半分はクビだ)
一挙に60%が辞めたのではなく、時期を異にして辞めたり補充したりと。
それでも最盛期よりはかなり在籍者が減っているなぁ。

この業界、二十年ほど前までは、弁*士になって事務所に在籍してイソとして3~5年働いてから辞めて独立開業するのは当然、みたいな風潮だったらしいけど、現在はサラリーマン化してるのでそうそう辞めたりしないし、辞めても独立開業じゃなくて他の事務所に移籍するか企業に就職するかって選択が多くなっている。

(・∀・)

尾崎豊『OH MY LITTLE GIRL』は名曲だなぁ。
尾崎豊のことは見城徹S『編集者という病い』で詳細に描かれているんだけど、いやあ、『OH MY LITTLE GIRL』は何度聴いてもいい。
ここは敬意を表して映画『ホットロード』の動画で。



歌詞

こんなにも騒がしい
街並にたたずむ君は
とても小さくとっても寒がりで
泣きむしな女の子さ
街角の Love Song 口ずさんで
ちょっぴりぼくに微笑みながら
凍えた躰そっとすりよせて
君は口づけせがむんだ


生存権と、労働者の権利。
いわゆる社会的弱者保護のための憲法上の権利について、「生存権と労働者の権利保護の2つは、資本主義下での格差拡大を是正するために誕生した」と、まるで当然の修正装置が作動したかのごとく説明されてたりする。

例えばwikibooksの生存権の説明。
「近代市民社会は自由権を保障することによって経済的発展を遂げたが、その過程で社会的格差の拡大が無視できないまでに広がった。そこで、福祉国家の思想が誕生し、特に社会的弱者を保護するため、国民の生活を国家が一定レベルにおいて保障する必要があるとされたのである。」

これ、違う。

二十世紀初頭の先進国の資本家たちが、共産主義の凄まじい台頭に対して、「ありゃ!ちったあ格差を是正しとかんと我が国でも革命おこってまうで!わてのお金がぜんぶ取られてまうがな!」と仕方なくやったもの。

だから、共産主義は機能しないと明確に世界が知った今、完全にネオリベ(Neoliberalism/新自由主義)モードで、「もう格差が拡大しても革命は起こらへんで」と。
(気張ってもせいぜい"We are the 99%"の「Occupy Wall Street」くらいやでと)

で、潮流としてはだから今「労働者は社会的弱者だから権利保護って、あれ、正社員は完全な強者じゃね?」っつー、もうね、保護が過剰でヘンなことに。

まあ、揺り戻しですわね。

でもここでトマ・ピケティ『21世紀の資本』が「待った!!」つってね。
その勢いを借りてオバマが一般教書演説で富裕層に大幅増税案!ってね。

( ´・ω・)y━。 o ○



経営者が負う最優先の義務
経営者(特にオーナー経営者)として絶対に譲っちゃいけないことが一つある。
それは、オフィス賃料を滞納しようが税金を滞納しようが自分の給料がとれなかろうが家族に渡す生活費がなかろうが、あらゆることに優先して社員の給料だけは払う、これ。

だから、仮に1年間まったく仕事がなくてもオットコマ秘書と新人くんの給料だけは払える分は確保している。

(これを勝手に「真田の六文銭」と呼んでる。意味が違うけど)

「一番大切なのはお客さんです!」とか「株主です!」とか「社会貢献です!」とか建前で言わざるを得ない場面はあるだろうけれど、ほとんどの経営者は「社員が一番大切!」と思ってる。

それは絶対に正しい。

もちろんお客さんや取引先や株主や社会貢献も大切なんだけど、それらはすべては「社員を大切にするため」であって、一番大切なのはあくまで社員だ。

社員大切原理主義。

あったりまえ~。

(・∀・)

あ、大切なのは「真っ当な社員」です。
だから、真っ当な社員みんなが「あいつだけは辞めて欲しい」と思うような社員を(指導してそれでもダメなら)解雇するのもまた経営者の義務です。




突き抜けてる女の起業家に出遭った。
「ああこりゃ完全に見えてるものが違うな。突き抜けてるわ」という目つき、面構えの女がいた。お肌つやつやの美人。
真っ当な事業会社を起業して成功している経営者だと分かった。年齢はぼくと1歳違い。

「億超える?」
「え?弁*士で事務所を経営してるのに億いかないの?」
「ちょっとそこまでは…」
「たるんでるなあ(笑)」

後で他の人から聞いたら、彼女の夫は資産家の生まれで京都大学医学部卒の医師で、子供2人は慶應と開成で、高級住宅街に豪邸、みたいな感じらしい。(事実は少し変えてある)

自身の生まれ育ち、夫のそれ、子供のスペック、すべては他人に与えられたものや他人のもので、それが凄いんじゃない。(そんなものは「成功した事業家」という事実の前では無意味だ。) 凄いのは、全てを持っていてなお起業しようとしたその根性。
モノが違った。

さすがにここまで全て持ってる女は初めて知り合ったので、ならばいろいろと聞くこともあるだろうに、例によって終始一貫シモネタ。

ぼくの知る限り、年2000万以上稼ぐ女はクダラナイ貞操観念をもっていない。
億を稼ぐ彼女もやはり「ダンナ大好き、子供たち大好き、そして彼氏も大好き!」と。(もちろんオナニーも大好きと)

面白い女。得がたい友人。

(・д・)

「女友達いないでしょ」と聞いた。

女の友情は(一般的に)異なるセグメント間での成立が難しい。彼氏のいない独身女、彼氏のいる独身女、子供がいない既婚女、子供がいる既婚女。さらに富(実家や夫の資産・収入)の多寡。

「いるよ、ひとり」と。

その女友達もまた成功した事業家で、億を稼ぎ、夫と子供がいて、彼氏がいるそうだ。
(スマホの画像を見せてもらったらかなりの美人だった)


創造主たる神よ、あんたおもろすぎだわ。

ヽ(・∀・)ノ



立ち食いそば上級者はなぜ「コロッケそば」を頼むのか?
立ち食いそば上級者はなぜ「コロッケそば」を頼むのか?

渋谷・原宿で個性的な本屋8選

脳科学者・中野信子「人間は実力のある人よりも、確信のある人のほうにひかれるのです」

「額面年収800万円、専業主婦の妻と15歳以下の子ども2人」の会社員の手取額の推移表
(13年間で約9%、金額では59万円も「使えるお金」が減っている)

「つゆだく」だけじゃなかった吉野家の裏メニュー

ほとんど知らんかった。

橘玲2015年はどんな年になるのか? イスラム、欧州、そして中国の変動が日本に与える影響とは?

産後、全然仕事ができなくなってしまったクリエイターの与太話

これ、友人の女性(翻訳家)も言ってた。
出産してから、文学の翻訳が不可能になったと。ビジネス関係(契約書とか説明書)なら問題ないけど、文学はだめだと。
子育てってほんと大変だなぁ…。

もうスタバは卒業!東京で本当に美味しいコーヒーが飲める店10選

リアルタイムで全世界を舞台にしたサイバー戦争がものすごい勢いで起きている様子が分かる「IPViking Live」

東京で買えるオシャレでハイセンスなお土産『13』選

ファインアートな世界15の湖の氷のオブジェ

(・∀・)

『攻殻機動隊 新劇場版』 2015年初夏公開

「攻殻機動隊」ハリウッド実写版の「草薙素子」役にスカーレット・ヨハンソン

(・∀・)

先日「大ちんちんだけじゃなくて中小ちんちんや零細ちんちんだって頑張ってるんです。」で引用したトイアンナさん(昨年末にご結婚)のブログ

2014/12/26いい年して結婚しないと人格が歪むから総合職を辞めた

2015/01/05バリキャリ女性社員(29)のために合コンしたら宗教戦争になった

2015/01/06外資系社員は弱者なのでいじめないでほしい



Appendix

プロフィール

ふじぼう

ふじぼう 自己紹介

月別アーカイブ

ブログ内検索

Extra

カレンダー

12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。