FC2ブログ
AX

Entries

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2015年にやったこと
1.肉体改造と生活習慣改善

これは今年やったなかで最も重要だったこと。
22歳の頃から**年間に渡って甘やかし続けブクブクになってた醜い肉体を、筋トレ・有酸素運動・食事改善によって、けっこーマトモなカラダに戻し、生活習慣もきっちり変えた。(歯列矯正も始めた)

コース終了後も7ヶ月間リバウンドしていないので、太ってた頃の衣類はすべて廃棄することにした。


2.資産運用

「労働市場」から「金融市場」へと軸足を徐々に移動させる初年度となった。


3.ギエムを観た。

いまでも脳裏に焼きついている。

※本日23時30分「東急ジルベスターコンサート」でギエムのボレロを是非。

(・д・)

まあ、今年もなんとか生き抜いた。


スポンサーサイト


森田まさのり『べしゃり暮らし』(全19巻)
『ろくでなしBLUES』、『ROOKIES』が有名な森田まさのりだけど、高校生2人がお笑い芸人を目指す姿を描く『べしゃり暮らし』(全19巻)はめちゃ面白い。

『シグルイ』(全15巻/原作:南條範夫の時代小説『駿河城御前試合』・作画:山口貴由)は狂気の作品。凄まじい。

ハロルド作石『BECK』(全34巻)、渡辺航『弱虫ペダル』(既刊42巻)を久しぶりに読んだけど、当然のことながら、めちゃ面白い。

『ピアノの森』最終巻(26巻)をようやく読んだ。なぜ25巻で終了しないの?と思ってたけど、なるほどそういうことだったか。うん、素晴らしい傑作。


べしゃり暮らし コミック 1-19巻セット (ヤングジャンプコミックス)
森田 まさのり
集英社
売り上げランキング: 10,562


シグルイ 1 (チャンピオンREDコミックス)
山口 貴由
秋田書店
売り上げランキング: 106,997


BECK 全34巻完結セット (KCデラックス)
ハロルド 作石
講談社
売り上げランキング: 10,688


弱虫ペダル 42 (少年チャンピオン・コミックス)
渡辺航
秋田書店 (2015-11-06)
売り上げランキング: 2,216



ピアノの森(26)<完> (モーニング KC)
一色 まこと
講談社 (2015-12-22)
売り上げランキング: 116



昨夜、最後の忘年会を乗り切った。
気の置けない友人たちとの忘年会が続いた。かなり酔って迷惑をかけまくったけど、lラストの昨夜はビールだけにしてなんとか泥酔せずにすんだ。

それにしても酒が弱くなった。いまだに二日酔いだけはまったくないけれど、飲んで2時間ほど経つとかなり酔っ払うようになった。

大学生じゃないんだから酒量をわきまえないと格好悪いなぁと思うものの、新橋駅SL広場を通ると、見渡す限り泥酔オヤジばかりで、救われた気持にもなる。

(●´ω`●)ゞ



Amazonランキング大賞2015
Amazonランキング大賞2015発表!

和書総合:『日めくり まいにち、修造!』

ビジネス・経済:『嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え』

ミュージック総合:『DREAMS COME TRUE THE BEST!私のドリカム』

腕時計:SEIKO 腕時計 MECHANICAL × 石垣 忍 SARB065 メンズ

シューズ:asics ランニングシューズ GT-2000 NEW YORK 3

コスメ・化粧品総合:江原道 オーガニックコットン

楽器総合:SONY 密閉型スタジオモニターヘッドホン MDR-CD900ST



保険の「テラ銭」は公営ギャンブルよりも高い


橘玲「世界を変える人材」をどう採用し、成果を出すのか?/2015年の読書録より『WORK RULES!』『ALLIANCE』の紹介


商社の上司たちから頂いた有難いお言葉の数々をまとめた。

すげえw


首都圏マンション平均6000万円でバブル崩壊前夜(1991年)と同水準に

2015年1月から相続税が強化されたため、このタワーマンションの高層階が個人富裕層に飛ぶように売れた。しかしながら、このタワーマンションを利用した相続税対策について、2015年11月より国税庁か監視を強化するスタンスを公表した。

そのため、個人富裕層によるタワーマンションの高層階の購入は、今後は急速に弱含みしていくものと思料される。



消えては生まれるヘッジファンドは「金融街のラーメン屋」

ヘッジファンドの数は世界で1万を超えている。2014年は1000を超えるヘッジファンドが生まれ、864のファンドが消えていった。

考えてみればこれはラーメン屋さんのようでもある。日本にはラーメン店は3万店舗以上あるそうだが、毎年新規出店が3000店舗があり、それとほぼ同数の店が閉店しているという。サラリーマンが会社を辞めてラーメン屋を始めるのと同様、大成功を夢見るウォールストリートの金融マンは会社を辞めてヘッジファンドを始める。

しかし、最終的に生き残るのヘッジファンドは一握りでしかない。ヘッジファンドが運用している資金は約360兆円といわれているが、その90%を運用しているのは10%の大手ファンドであり、残りの90%は小規模のファンドで3、4年持ちこたえるのがやっとだ。



あの「大ちんちんだけじゃなくて中小ちんちんや零細ちんちんだって頑張ってるんです。」のトイアンナさん外資系OLのぐだぐだ/生活レベルを維持するため「普通の男性」と結婚するのが高望み扱いになった世界で、私たちができること

「普通の人と結婚したい」と思う女性たちがいる。

彼女らの大半は円満な家庭に育ち、それなりに本人も頭がいい。地方ならば公務員、都会ならば総合職でバリキャリか。同級生はみんな「良いところ」で働いている。だから気づかない。年収600万円が高収入であることに。

学生時代の彼とは新卒で忙しい時期に自然消滅。でも、それなりに仕事で出会いもある。合コンに焦るほどじゃない。そうして、次の恋愛は結婚も意識しようかなと思っていた27歳。ふとfacebookの友人リストを見渡すと既婚・既婚・既婚の嵐。

そして彼女たちは初めて思い知らされる。この世が「普通の」男たちを巡る血で血を洗う大恋愛時代だったと。そして「普通の」男性はほとんどが売約済みになっていたことを。



1月からのノイタミナ(フジテレビ)は「僕だけがいない街」かぁ。楽しみ。
しかしこのミステリー(漫画)はまだ完結してないんだけど大丈夫か…

僕だけがいない街 (1) (カドカワコミックス・エース)
三部 けい
角川書店(角川グループパブリッシング) (2013-01-25)
売り上げランキング: 1,767




斎藤環『文学の徴候』
(温尻 2013.10.21)

(第14章 増殖する欠損 小川洋子)

「もっとも重要であるはずの起源を、まさに欠落させたまま生まれてしまうというところから、小説は生まれるという気がするんです。起源の手触りを少しでも掴むために物語は必要なんだと。そのために、作家は洞窟へ行くんです。」(『なにかがあった。いまはない。』)

この言葉は、小川の小説家としての出自の特異性を示唆して余りある。起源の欠落が小説を生むという感覚は、たしかに村上春樹の「書きたいものがない」ゆえに書く、という言葉を連想させるが、おそらくその内実は異なっているだろう。村上の言葉にかすかに残響する喪失感は、それ自体が実は根拠たりうる外傷だ。しかし小川にはたぶん、本当に根拠がないのだ。そこでは喪失感すら失われている。小川の同世代人として、この点はあえて断言しておこう。言い換えるなら、そこには喪失感以外の感覚がない。



(第20章 あとがきに代えて)

批評は常に副業としてなされるべきである。すべての文筆活動を原則的に批評行為としてとらえる私は、これまで一貫して「天才以外は文筆を本業にしてはならない」と提唱してきた。ちなみにここでいう天才とは、文筆以外の能力が欠如した人間の謂であり、必ずしもホメ言葉ではない。だから天才ならざる私は、自らの本業を手放さずに来た。これを手放すことで獲得される自由と時間こそが、批評意識を腐食する当のものであるに違いない。



文学の徴候
文学の徴候
posted with amazlet at 15.12.24
斎藤 環
文藝春秋
売り上げランキング: 593,173





宮下英樹『センゴク』シリーズ(漫画)
宮下英樹『センゴク』(全15巻)
『センゴク天正記』(全15巻)
『センゴク外伝 桶狭間戦記』(全5巻)
『センゴク一統記』(既刊14巻)

本格派。面白い。(明智光秀がちょーかっこいい)

戦国ものは「合戦」が描かれることが多いけど、本シリーズは「兵站」と、さらに「銭(ゼニ)」についても詳細に描かれている。

織田信長は、「戦」でも「政」でもよく負けたんだけど、「銭」についての嗅覚がずば抜けてて、その流れで豊臣政権、江戸幕府が成立したことがよく分かる。

山田芳裕『へうげもの』もそーとー面白いけれど、『センゴク』シリーズもお勧め。


センゴク全15巻 完結セット (ヤングマガジンコミックス)
宮下 英樹
講談社
売り上げランキング: 3,623


センゴク天正記 全15巻完結セット (ヤンマガKCスペシャル)
宮下 英樹
講談社
売り上げランキング: 12,388


センゴク外伝 桶狭間戦記全5巻 セット (KCデラックス)
宮下 英樹
講談社
売り上げランキング: 20,966


センゴク一統記 コミック 1-13巻セット (ヤンマガKCスペシャル)
宮下 英樹
講談社
売り上げランキング: 95,407


へうげもの(1) (モーニングコミックス)
講談社 (2012-09-28)
売り上げランキング: 8,519




老いの過程
地震のたびに、「ほっ、よかった、地震か、目眩じゃなかった」と安堵する。

なにか身体にちょっとした不調を感じるたびに、「重病では?」と疑うようになる。

自身に対するこの「不信感の蓄積」こそが、老いの過程のきつさなのだとわかる。

ある大先輩が、「早ければ30代後半から、遅くても40代後半から、そりゃもうカラダがどんどんダメになるよ。あと、50代になると回りに病人と死人が増える」と言ってた。

いつか踏ん切りがつく時、つまり「老いの過程」ではなく「老いきった」と諦念できる時がくるのだろうか。

ヽ(・∀・)ノ

視力の衰えも激しく、3年半振りに銀座999.9で30分かけて検査してもらい、新しいレンズを注文した。
乱視が追加された。しかし「老眼はぎりぎりまだですね」と言われてラグビー南アフリカ戦の最後のトライ決めた級のガッツポーズ。

(●´ω`●)ゞ





「事実というものは自分にではなく、周囲の人の中にある」
(温尻 2013.11.11)

小倉千加子『醤油と薔薇の日々』。

四十年ぶりの同窓会というのは、楽しくて恐ろしいものである。
みな面影はかすかにあっても外見は変わっている。しかし、性格は中学のときのまま。

「○○は、昔からこうなると思ってたよなあ」「思ってた、思ってた」
人間の運命は中学のときに友人たちに既に正確に予言されている。

人に与える第一印象こそその人の「無意識」であると言ったのは、心理学者の岸田秀氏である。
要するに、本当の自分は、周囲にいる人にはとうに知られており、本人だけが知らないのだ。

自分の社会的価値を知りたければ、銀行に行けばいいと言ったひとがいる。いくら融資してくれるかで、その人の価値を銀行がきちんと査定してくれるからだ。
が、自分の運命を知りたければ、同窓会に行けばいい。人間の運命はその人の性格が生み出すもので、性格は昔の友人が最もよく知っている。

「あのとき、○○はこんなこと言ってたよな」「言ってた、言ってた」と、他人がみな覚えていることを、本人だけが「言ってないよ」と否定する。覚えていないのだ。
事実というものは自分にではなく、周囲の人の中にあるらしい。自分の記憶は、本人に都合のいいように加工・編集されているからである。

私が今書いていることは、中学のときに既に語っていたことだと言われ、自分でも驚いた。現在というものは過去の中に種子があり、そこから芽が出て、やがて開いた花なのであろう。しかし、本人はみな、花は偶然咲いたと思っている。



醤油と薔薇の日々
醤油と薔薇の日々
posted with amazlet at 15.12.21
小倉 千加子
いそっぷ社
売り上げランキング: 233,369









漫画月間
あだち充『クロスゲーム』(全17巻)と『H2』(全34巻)を立て続けに。
もちろん両作品とも素晴らしいんだけど、前者の方が好きかな。

『タッチ』もそうだけど、あだち充の野球漫画は、人が死ぬ。

(・д・)

最近は漫画ばっかり読んでる。ときどきこういう時期がある。

福本伸行『賭博黙示録カイジ』(全13巻)、『賭博破戒録カイジ』(全13巻)、『賭博堕天録カイジ』(全13巻)は、悪くないけど、どうしても赤木しげる(『天 天和通りの快男児』と『アカギ』)と比べると、落ちると言わざるをえん。
(ただ、『アカギ』の鷲巣編はいくらなんでもダメすぎる)





クロスゲーム 全17巻完結セット (少年サンデーコミックス)
あだち 充
小学館
売り上げランキング: 13,068






1ヶ月前に腰を痛めた
寝そべって変な体勢で長時間読書してたら腰を痛めた。すぐ治るかなと思ってたのに1ヶ月もかかった。

その間、筋トレとウォーキングを停止していたら、体脂肪率が15%から20%まで急浮上してもうた。

体重はほとんど変わらずキープしているけれど、困ったものだ。

(・д・)

あの選手の体脂肪率は?

室伏広治:約3%
高橋尚子:約4%
為末 大:約5%
長友佑都:約3%
中田英寿:約4%
内藤大助:約4%
イチロー:約6%
羽生結弦:約3%
織田信成:約4%
浅田真央:約7%
千代の富士:約10%


(・д・)...






名言

練習は、毎日が苦しくて、拷問を受けているみたい。

シルヴィ・ギエム



ギエムを体験した
地方と東京、2つの公演に行った。

以前からギエムの動画は何度も何度も観てきたけど、ギエムの本当の凄さを知ったのは、今年前半に本格的な筋トレの指導を受けて以降だった。
ボレロやTwoなどの動画をあらためて観て、ギエムの身体の動きがどれほど完璧なものなのかが分かった。

ギエムが腕を回す、それだけでも、あらゆる身体芸術家、スポーツ選手、武道家とはまったく異なるレベルにあることが分かる。

そんなギエムが目の前で踊っている。

圧巻だった。

これでもう人生で思い残すことは何もない、というのはウソで、羽生善治と最強将棋ソフトの対決、そしてメジャーリーグのワールドシリーズでダルビッシュと大谷が投げ合う試合は目撃したい。

(・д・)

ところで、東京バレエ団による「In The Middle Somewhat Elevated」も2度観たんだけど、これも素晴らしかった。チラシには見知ったダンサーの名前が。

ちょうど1年前のエントリ(T橋くん結婚パーティー)

「あそこにめーちゃくちゃイイ女がいるなー」と話したら、「さーせん、俺の女っす(照」と。日本のトップバレエ団のバレリーナだって。さすがイイ男はイイ女を連れてる。

の彼女だった。


Two (Sylvie Guillem)


techne, Here and After (Sylvie Guillem)


In The Middle Somewhat Elevated




2年振りの温尻/『ビジネス版 悪魔の辞典』
世界的大大ベストセラーであるアンブローズ・ビアス著『悪魔の辞典』を日本のビジネスに応用した『ビジネス版 悪魔の辞典』。

<人事>

【筆記試験】取引先のご子息をどうしても断らなくてはならないときの弁解の手段

【リクルーター】会社の長所を自ら吹聴することで、2~3年目の転職を防ごうとする、社会心理学の理論を応用した巧妙な仕掛け

【入社誓約書】人生を誤る2つの意思決定のうちの1つ。もう1つの方は法的拘束力もある

【昇進】現在の職位では無能さを露呈しなかったご褒美

【余剰人員】採用した側の責任は問われず、採用された側に責任を負わせる言葉

【派遣社員】働きの悪い正社員を浮き出させてくれる演出家

【ニート】教育も受けていないし、仕事もしていない人、すなわち普通の社員のこと

【定年】名刺を出さないと初対面の人と雑談できないことに気付く日

【再雇用】自分の本当の価値を知る瞬間

【企業文化】簡単に変えられるなら文化ではなく、変えられないなら企業の成長が削がれるもの

【人事異動】腐った魚を新鮮なように装い、他部門に売り込む作業

【転勤】教育、住宅、介護問題などを短期間に処理できる能力があるかを試すために時折発せられるOJT

【単身赴任】当初は「帰れない」ことが悩みの種であるが、末期には「帰らなくてはならない」ことが悩みとなるもの

【海外駐在員】空港から事務所まで目をつぶっても運転できる人

【権限委譲】能力のない上司が部下に仕事を丸投げするときの常套句。実際は責任のみ委譲されて権限は委譲されないことが多い。

【社外活動】出る杭は打たれる。出すぎた杭は打たれない。出ない杭は腐る。

【業務上横領】厳密に適用すると社員が誰もいなくなる

【人間ドック】貸借対照表のように、検査日直前だけ摂生するもの

【メタボ】最近一番流行した医療機関の販促用キャッチコピー

ヽ(´ー`)ノ

<教育・組織>→こちら

<経営・戦略>→こちら

<総務・会計・財務・情報>→こちら

<マーケティング・その他>→こちら


ビジネス版 悪魔の辞典 (日経ビジネス人文庫)
山田 英夫
日本経済新聞社
売り上げランキング: 91,896




津田雅美 『彼氏彼女の事情』(全21巻)
久しぶりに読んだ。基本的には救済の物語だけど、途中は重くてきっついものがある。

ちょっとパターンにはまってるけど、それでも「何か」がこの作品にはあって、何度も読んでしまう。

ところで、作中、男の子と祖父が2人で暮らしている物語がある。男の子が成長するにつれてどんどん小さく感じられる祖父。

どこかで読んだ記憶があるなぁと考えてみたら、そうだ、吉本ばなな『キッチン』だった。

2008.12.22なぜ、小説なのか/吉本ばなな『キッチン』

年寄りと二人で暮らすというのは、ひどく不安なことだ。元気であればあるほどそうだった。実際に祖母といた時、そんなことは考えたこともなく楽しくやっていたけれど、今振り返るとそう思えてならなかった。

私は、いつもいつでも「おばあちゃんが死ぬのが」こわかった。
私が帰宅すると、TVのある和室から祖母が出てきて、おかえりと言う。遅い時はいつもケーキを買って帰った。外泊でもなんでも、言えば怒らない大らかな祖母だった。時にはコーヒーで、時には日本茶で、私たちはTVを観ながらケーキを食べて、寝る前のひとときを過ごした。

小さい頃から変わらない祖母の部屋で、たわいのない世間話とか、芸能界の話とか、その日一日のことをなんとなく話した。

どんなに夢中な恋をしていても、どんなに多くお酒を飲んで楽しく酔っぱらっていても、私は心の中でいつも、たったひとりの家族を気にかけていた。

部屋のすみに息づき、押してくるそのぞっとするような静けさ、子供と年寄りがどんなに陽気に暮らしていても、埋められない空間があることを、私は誰にも教えられなくてもずいぶん早くに感じとった。

本当に暗く淋しいこの山道の中で、自分も輝くことだけがたったひとつ、やれることだと知ったのは、いくつの時だろうか。愛されて育ったのに、いつも淋しかった。

いつか必ず、誰もが時の闇の中へちりぢりになって消えていってしまう。
そのことを体にしみ込ませた目をして歩いている。私に雄一が反応したのは当然なのかもしれない。



彼氏彼女の事情 全21巻完結セット (花とゆめCOMICS)
津田 雅美
白泉社
売り上げランキング: 14,508




社会貢献と金儲け
プロスポーツ選手が「勝つことが目的じゃないんです。勝ち負けは結果にすぎない。大事なのはいいプレーをお客さんに見てもらうことです!」って言ったら、どうだろう。

プロスポーツ選手というのは、「勝つこと」と「いいプレーを観せること」の両立を目指し、「最悪でも勝利だけは見てもらう」と考えているひと。

同じように、「社会貢献が目的で、お金儲けは二の次」ってのはビジネスのプロじゃない。そういう生き方自体は何も問題じゃないんだけど、ただ「ビジネスのプロ」ではない、というだけ。

ぶっちゃけ、社会貢献が目的って簡単なんですよ。対価(料金・費用・報酬)をゼロにする(または利益が出ない限界まで下げる)だけでいい。

でも、社会貢献と金儲けを「両立させる」って、その狭い尾根を行くのがビジネスの醍醐味。

ところで、社会貢献だけが目的!ってことの最大の問題は、(短期でそれが可能であっても長期でそれをやると)、まず自分が疲弊する。これだけでも痛いのに、次に(最悪なことに)「他人にも自分と同じことを強制する」こと。だって「なんで自分だけがこんなことを…」ってなるのが人間だから。



Appendix

プロフィール

ふじぼう

ふじぼう 自己紹介

月別アーカイブ

ブログ内検索

Extra

カレンダー

11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。