FC2ブログ
AX

Entries

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


名言

縁ある人 万里の道を越えて 引き合うもの

縁なき人 顔をあわせ すべもなくすれ違う


中島みゆき 『縁』

スポンサーサイト


橘玲『言ってはいけない―残酷すぎる真実―』
(-_-).。oO(久しぶりに漫画以外の本を読んだぜ…)


哺乳類では、生殖におけるオスとメスの投資額にきわめて大きなちがいがある。オスは精子の放出にほとんどコストがかからないが、メスは妊娠後は子宮内で赤ちゃんを育て、出産後も授乳が必要になるから、子どもひとり(1匹)に対する投資額はきわめて大きい。

このようなコスト(費用)─ベネフィット(便益)構造のちがいから、オスはできるだけたくさんのメスと交尾しようとし、メスは貴重な卵を最大限有効に使うために生殖相手をえり好みするようになるはずだ。  

こうした条件では、群れのなかでもっとも強い(優れた遺伝子を持つ)オスがメスを独占することになりやすい。メスにとっては遺伝的に劣ったオスと交尾する理由がないからで、ゾウアザラシやアカシカからゴリラまで、一夫多妻が動物界に多く見られるのはこのためだ。

ただしヒトには、乳幼児が独り立ちするのにきわめて長期の養育が必要になるという、もうひとつの際立った特徴がある。この場合メスは、遺伝子の優劣だけでオスを選択するわけにはいかなくなる。一夫多妻で他の多くのメス(ライバル)とひとり(1匹)のオスを共有したのでは、オスからじゅうぶんな支援を受けられない恐れがあるからだ。10の資源を持っているオスと、4の資源しか持たないオスでは、当然、10の資源のほうが好ましい。だがこの10の資源を3人のメスで分け合うのなら、4の資源のオスを独占したほうが経済的に合理的なのだ。これが、ヒトの社会で一夫一妻制が広く観察される理由だとされている。


<メスの狡猾な性戦略>

オスとメスのラットを同じケージに入れると、オスのラットはただちにメスと交尾を始めるものの、回数を重ねるうちに飽きて、メスがオスを小突いたりなめたりして交尾を求めても反応しなくなる。だがそこに新しいメスを入れると、オスはたちまち新しいメスと交尾を始める。

こうした性行動の特徴は、アメリカ大統領カルビン・クーリッジの故事(というか小噺)から「クーリッジ効果」と呼ばれている。進化生物学は、オスがなぜこのような性質を持つようになったかをシンプルに説明する。同じメスと複数回交尾したオスにとっては、自分の精子はじゅうぶんに注入したのだから、それ以上の努力は資源の無駄づかいだ。それに対して別のメスとの交尾は、遺伝子のコピーを増やす新たな機会を提供してくれる。そこで「利己的な遺伝子」は、精子を有効活用して子孫の数を最大化するよう、同じメスとのセックスに飽きたり、新しいメスに興奮したりするプログラムを本能に組み込んだのだ。これが多くのオス(男性)が浮気をする進化論的な理由だとすると、メス(女性)も狡猾な性戦略を使っている。

メスの直面する問題は、優秀な遺伝子を持つオスにはライバルが多く、独占可能なオスはさほど優秀な遺伝子を持っていないことだった。これは典型的なトレードオフ(あちら立てればこちらが立たぬ)だが、この問題にはきわめて簡単な解決方法がある。優秀な遺伝子を持つオスの子どもを、献身的に子育てするオスに育てさせればいいのだ。

一夫一妻制におけるメスの最適戦略は、オスによる嫉妬の報復を避けながら、他人の子どもを自分たちの子どもだと巧みに偽って育てさせることだ。

これが論理的な必然だとしても、果たしてそんなことが起きているのだろうか。イギリスの生物学者ロビン・ベイカーは、平均すれば男性の10%は他人の子どもを自分の子どもと誤解して育てているという。だがこの数字は所得によって大きく異なり、最低所得層にかぎれば他人の子どもの比率は30%に跳ね上がり、最高所得層の男性では2%に激減する。この推計を(それがもし正しいとすれば)どのように考えればいいのだろうか。

高所得の男性と結婚した妻が、夫をだまそうとはあまり思わない理由は明らかだ。彼女にとっても、夫よりすぐれた遺伝子を持つ(若くて健康で美貌で長身の)男性は魅力的だろうが、(血のつながらない子どもがいるという)欺瞞が発覚したときに失うものがあまりにも大きいので、リスキーな性戦略を採用しようとは思わない。このことは逆に、最低所得層の家庭に夫と血のつながらない子どもが多い理由も説明している。夫の稼ぎが少なければそれを失ったときのコストも小さいから、妻にとっては〝ギャンブル〟をするハードルが低くなるのだ。


(-_-).。oO(Kindleハイライトは相変わらず超便利だ…入力しなくて済むので…)


言ってはいけない―残酷すぎる真実―(新潮新書)
新潮社 (2016-04-22)
売り上げランキング: 3





遠藤浩輝『EDEN 〜It's an Endless World!〜』(全18巻)
電脳化、擬体化、サイボーグ、ロボット、量子コンピュータ、新種ウィルス、地殻変動、宇宙、ガンマ線バースト、麻薬、セックス、暴力、殺戮、人種、民族、宗教、差別、傭兵、娼婦、電脳ハッカー、マフィア、刑事、政府高官。

めちゃくちゃ面白かった。押井守はなぜこれをアニメ化しないのか。

今年1月に迫稔雄『嘘喰い』を読んで以来、面白い漫画もたくさん出会ったけれど、どうしても『嘘喰い』の衝撃が強すぎて…、ってな状況が続いていたところで先日読んだ『EDEN』、ガツンときた。ツモった!ってな。

1回読み終わって、すぐ2回目に突入。なんでかっつと、物語の構成が複雑すぎて、さらに登場人物が多くて(日本人はほとんど出てこない)、その関係も複雑で、1回読んだだけでは理解が不十分だったから。2回目を読み初めて「なるほどなるほど」で、読み終わって「やっぱめちゃ面白れえわこれ」と。

『攻殻機動隊』または『新世紀エヴァンゲリオン』、あるいはセックスが好きな人には特におすすめ。

ヽ(・∀・)ノ

なお、遠藤浩輝は、『EDEN』の次に『オールラウンダー廻』を描くことになるんだけど、『EDEN』の格闘シーンが秀逸である理由がよくわかる。

※2016.2.22テニスなら『ベイビーステップ』、格闘技なら『オールラウンダー廻』


EDEN(1) (アフタヌーンコミックス)
講談社 (2013-05-02)
売り上げランキング: 53,921


EDEN(18) (アフタヌーンコミックス)
講談社 (2013-12-06)
売り上げランキング: 64,585





「会社を辞めたいと思ったことがない人がほとんどいないのと同じく、離婚を考えたことがない妻もまたほとんどいない」
結婚生活10年以上の女性に聞くと、「会社を辞めたいと思ったことがない人がほとんどいないのと同じく、離婚を考えたことがない妻もまたほとんどいない」に多くが同意してくれる。

高校同級生の飲み会は、もう女性もぶっちゃけ大会で、「夫はいらない。お金だけ入れてくれればいい」というのが8割だ。そのうちけっこーな割合の女性が「下の子供が高校を卒業したら、本気で離婚を考えている」と。暴力や浮気がないにもかかわらずだ。
ぼくが別宅を借りて週末婚だと知ると、女性たちは「奥さんが羨ましい!!!うちなんか毎日帰ってくる!!」と。
(女友達で1人だけ凄くうまくいってる夫婦があるんだけど、彼女の夫は国際線のパイロットで、つまり帰宅日が多くないので、ああやっぱりずっと一緒にいないのが最善なんだなと再確認)

ところで、ぼくの担当美容師さん(男性)もこの1年ほど週末婚だ。3人目の子供が生まれたときに、奥さんが「私の実家の近くに戸建てを建てたい」と言い出した。「通勤に往復4時間かかるじゃないか…」と言ったら、奥さんは「あなたは実家から職場に通えばいいじゃない。自転車で20分でしょ」と。
美容師さんは子供3人に毎日会えないのが辛くなるかなと思ってたけど、すぐに慣れたようで、「あまりに快適すぎて、もう元には戻れません…」と。
そして、女性のお客さんに週末婚の話をすると、ほとんど全員が「奥さんが羨ましい!!」と、ぼくの場合とまったく同じ反応をされるそうだ。もちろん男性のお客さんもみな「あなたが羨ましい!!」と。

すべての男は消耗品であるww





英国民、EU離脱で戸惑い 「投票を後悔」続出


すべての男は消耗品である。VOL.1~VOL.13: 1984年8月~2013年9月 連載30周年記念・完全版
村上龍電子本製作所/G2010 (2014-06-16)
売り上げランキング: 11,791





池江璃花子(水泳)の目
が好きだ。
久しぶりの女性であの目をした人が。
スポーツニュースで池江璃花子が出ると、瞬きもせず凝視してしまう。

深いところで揺るぎない自己肯定感があって、同時に覚めている。

ちょっと別格。

(´ー`)y-~~


高橋源一郎 『ニッポンの小説/百年の孤独』
(温尻 2010.7.2)

半年かけてようやく読み終わった。

フタバテイは、もちろん、レヴィ=ストロースの構造人類学も、ソシュールの言語学も、知りませんでした。だが、いま、彼の書いたものを読み返すと、彼が苦しんだのが、いわば「言語をめぐる三角関係」であったことがわかるのです。

フタバテイは、新しい表現のツールを求めていた「ニッポン近代文学」に、最良の武器を提供しました。「なにか」を表現したかった作家たちに、その「なにか」を表現することのできる言語を提供しました。

フタバテイのような作家は、どの時代にも現れます。つまり、その「なにか」を、「なにか」という状態のまま、凝視しようとする作家です。

では、フタバテイにとって、その「なにか」とはどういうものだったのでしょう。あるいは、フタバテイのような作家には、表現すべき「なにか」などなかったのでしょうか。

わたしの考えでは、フタバテイもまた、優れた作家の一人として、自分の内側に、表現すべき「なにか」を見つけようとしたのです。だが、フタバテイは、用心深く、すぐにその「なにか」に形や名前を与えようとはしませんでした。他の作家たちが、次々と、「なにか」を見つけ、勝利の雄叫びをあげている時も、フタバテイは、じっと黙って、その「なにか」を見つめていたのです。

フタバテイが、自らの内部を覗きこんで発見した「なにか」とは、「イヤ」の一言でした。どんな根拠も、理由もない、ただの「イヤ」でした。フタバテイは、そのことに気づいた時、困惑し、絶望したにちがいありません。どこまで掘り下げても、そこにあるのはたった一つの叫びだけだったのです。

その「イヤ」という一言は、比喩的にいうなら、世界を合理的に考えようとする「意識」と、そのような「合理」に回収しきれない「無意識」の接触面から、出てきたのではないでしょうか。

フタバテイ以外の作家たちも、みんな、「イヤ」を発生させていたはずです。だが、彼らは、それをたちまち、言語へと回収していったのです。フタバテイには、「イヤ」を言語へ、日本語に変換することができませんでした。


この部分の少し前の「ラスコーの洞窟」から読むと、もっと言うと最終章「エピローグ-補講」を読むと、フロイトとラカンの考えのかなりの部分が分かってしまう。そうするとなぜ「二葉亭四迷」ではなく「フタバテイ」と高橋源一郎が表記するのかも分かる。


単行本
ニッポンの小説―百年の孤独
高橋 源一郎
文藝春秋
売り上げランキング: 114,863


文庫本
ニッポンの小説―百年の孤独 (ちくま文庫)
高橋 源一郎
筑摩書房
売り上げランキング: 346,342



やっちまったな、英国...
いやはや…

世界中が「これなら米国トランプ大統領だってありうるな…」と震撼しただろう。

結局あれか、民主政なんか絶対に導入しない中国が20年後に世界の覇権を握ってると。

(;´Д`)y─┛~~

円急騰、1日で7円 史上最大の変動率

日経平均終値1286円安 16年ぶり下げ幅



言ってはいけない―残酷すぎる真実―(新潮新書)
新潮社 (2016-04-22)
売り上げランキング: 3



まあなぁ、民主政はなぁ、しゃーないんだけど…
世の中の仕組みを知らない「下流」が英国のEU離脱を主張

マスコミやSNSでは「イギリスがEUから離脱しさえすれば英国民の雇用の安定が保たれ、高騰していた住宅問題が解消し、イギリスが国家の主権を取り返す……」というようなレベルの低い議論が展開されています。

イギリスがEUを離脱しても低所得者層の暮らし向きは良くならないし、失業率は悪化するでしょう。特に、離脱で一番痛い目に遭うのは低学歴の低所得者層です。住宅問題は解消せず、格差は、ワープスピードで拡大すると思われます。ロンドンの金融街シティは、タックスヘイヴンであるパナマのように胡散臭い取引と、ずるい方法で蓄財した世界の大富豪たちの避難港になる恐れがあります。



橘玲デモクラシーを守るためにこそ「民主主義」をやめることから始めよう


【前代未聞】インド仏教、一億人の頂点に立つ「日本人僧侶」佐々井秀嶺 来日

凄いな…。


みんなの介護ニュース/やまもといちろうゼミ<3時限目>

「40代男性・配偶者有り(共働き)・子供2人世帯」では高所得者ほど税金・社会保険料の負担が大きい。
(略)
いずれにせよ、市民サービスとその元となる税収、その税金を負担している国民の属性という観点からしますと、真面目に共働きで収入のある子育て世代が一番不利という、幸せな家庭を築くと痛税感をもたされる社会が我が国だという前提は、是非知っておいていただきたいと思います。

そしてそれは、国や社会がそういう子育て世代を痛めつけたいからそうしているのではなく、所得が低く担税力のない人にも平等な市民サービスを提供するという素晴らしい合意が日本社会にはあることの裏返しだとも言えるのです。

私はそこに特に文句はありません。やはり、親の裕福さにかかわらず、子供には然るべき教育が施され、誰もが平等に子供を預けられたり、安全な夜道を酔っ払って帰れるほうが良いに決まっています。

ただし、問題は「そういう完成された社会主義のような日本は、これ以上、経済・財政的にもたない可能性があるよ」という点です。



電子書籍読み放題サービス「Kindle Unlimited」日本上陸か?

『Amazon Prime Music』『Amazon Prime Video』に続いて。ついにぼくの予想が現実のものとなる。

※2014.12.14「Amazon Digital Unlimited」を夢想する










5歳下の男友達がキャバクラ出禁
過度のお触りや暴力が原因の出入り禁止なら分かるんだけど、そうじゃなくて、同じキャバクラのキャバ嬢を4人食って、店内のキャバ嬢同士で壮絶なバトルが始まったというのが原因。

「せめて別の店にしとけよ…」
「いやー、ついw」

しかも女子大生キャバクラ(新橋に非ず)なので、4人とも女子大生。

なんて羨ましいことを…

彼はイケメンではない。しかしベシャリが抜群に上手い。仕事もめちゃくちゃできるし、俠気があるので、もう食い放題だ。

性的格差社会に断固反対!!



アメジョ
「ああ、王女のあのふくよかな胸を思う存分なめ回してみたいものだ」
男は常々思い、もはや我慢できなくなっていた。
幸いなことに城の従医が知り合いだったので、何とかならないかとダメもとで頼み込んでみた。
従医はずる賢い笑みを浮かべ、「出来なくは無いぜ」と答えた。
「本当か?うそじゃないだろうな・・・もし本当に出来るのなら金貨100枚出そう!」
「分かった。約束は守れよ」

従医は調合を重ね、痒みを誘発する秘薬を作り上げた。
王女付き添いの侍女を一人買収し、王女が風呂に入っている間にブラジャーに塗らせたのだ。
ほどなくして王女は胸に痒みを訴えだす。
困った王が従医に相談したところ、彼はこう答えた。
「王様、王女様の病気は大変稀に見るものです。痒みを取るためには万人に一人といわれる特殊な唾液を塗らなければなりません。幸いなことに私の友人がその唾液の持ち主なので、お許しになられるならすぐに呼びつけ、治療に当たらせましょう」

王は渋々承諾し、例の男を城に呼び寄せた。前もって治療薬を従医から貰っていた男は大喜び。薬を舌に塗り、たっぷりと王女の胸を堪能した。

しかし、事が終わって男は報酬を払うのが惜しくなった。従医はせっつく。
「さて、金貨100枚はいつ払ってくれるのかね?」
「え、何のことだい?俺は王様に呼ばれて治しただけなんだぜ。そんな約束したっけなあ?」

従医は王様のパンツに秘薬を塗りこんだ。

(・∀・)

象を連れた男が映画館にやってきた。
案内人が「ちょっと!象なんか連れてきちゃだめだ!」と怒鳴った。
男は腹を立てて出て行った。

5分後、男は象と一緒に戻ってきた。象は耳にパンをつけている。
案内人がまた男を止めた。
「あんた聞こえなかったのか?言ったろう、象はだめだ!」
男は相手を見返して答えた。
「ぼくのサンドイッチの中身についてとやかく言おうってのか?」

(・∀・)

名医で名高い医者のもとへ、とても美しいご婦人が訪れた。

「先生、とても恥ずかしいことなんですけど‥。私おならがとまらないのです。でも、音もしないし、匂いも全くしないので、誰も気付かないのですが‥。実は、今ここでも数回のおならを‥」

先生は一週間分の薬出して、婦人に渡した。
翌週、カンカンに怒った婦人が再び医師のもとを訪ねた。

「先生、どうしてくれるの!前より悪化したのよ。おならは相変わらずでるし、耐えられない匂いがするようになったわ!」
医師は少しも慌てずに答えた。

「宜しい奥さま。鼻は治りましたね。今度は耳ですな。」




ナステント(いびき、睡眠時無呼吸)
睡眠時無呼吸にはこれまでCPAP(シーパップ)が使われてきた。
(お相撲さんの半数は使っているという)

ただ、けっこー大掛かりな装置((画像)。

最近になって、『ナステント』というシリコンチューブを鼻腔に挿入するだけでいいのが出た。

以前89kgあったときは、「いびきと無呼吸がひどかったのに73kgまで痩せたらまったくいびきと無呼吸がなくなった」とカミさんが言ってたんだけど、最近の増量でまたいびきと無呼吸が復活して、睡眠の乱れと重なって、「なんとか無呼吸だけは阻止せねば!」と、藁にもすがる思いで『ナステント』を利用開始したら、効果抜群!!!

ただ、「左か右か」と「長さ」と「softかhard」の選択が必要。
(以前はビックカメラで測定ブースがあったらしいけど、現在はない)

まず、ナステントのサイトで無料モニター登録する。
そうすると「サイズのフィッッティング」ができるモニターキットが届くので、それでサイズを確定する。ぼくは「左、14.5cm、soft」と判断して、次に無料2本セットを申し込む。

とにかく最初は挿入時に涙が止まらないし、おええええともなるんだけど、2日間ほどですぐ慣れた。

で、問題は、「使い捨て」なこと。1本700円。
いや、さすがに700円の使い捨ては…といろいろググってると、多いのが「入れ歯洗浄剤で洗浄して、『鼻しっとりジェル』をチューブの先に塗って、何度も使い回していると分かったので、やってみたらバッチシだった。

なお、ぼくは最初は「左だけ」に挿入してたけど、より効果的に今は「左右両方」に挿入している。最高だ。

まあ、そんなことより痩せろよと…。

いびきを防ぐ一般医療機器:ナステント クラシック (左130mm Soft)
セブン・ドリーマーズ
売り上げランキング: 7,590


リテーナーシャイン 顆粒150g 1個
ライオン歯科材
売り上げランキング: 556


鼻しっとりジェル(鼻の保湿ジェル)
ティー・ビー・ケー
売り上げランキング: 2,745




タクシー運転手さんとの会話
某都知事が辞任する前日、銀座に行くタクシーで50歳くらいの運転手さんが「いやー、お客さん、マスゾエのニュースばっかりですね」
「あー、そうですねぇ」
「しぶとい野郎で。さっさと辞めればいいのに」
「ははは。でも都知事選挙すると50億円かかりますよ」
「ええ??そんなにかかるんですか?」
「ははは。ちなみに、国の借金1,000兆円ありますけど、利息は2時間で60億円ですwww」
「ええええ!……。どうしてこんなことになったんですかねぇ」
「さあw」


橘玲2016年6月15日パナマ文書に載らない「悪人」

脱税は利益に対して適切な税を納めないことだから、批判されてしかるべきだ。でも世の中には、それよりはるかに悪質な行為がある。それは、他人が納めた税金を詐取することだ。

といっても、どこぞのセコい知事や、なにかと批判される生活保護の不正受給の話をしたいのではない。もちろんこれも大事なことではあるが、桁ちがいの税金詐取が日常的に行なわれていることはほとんど報じられない。

タックスイーターは農水族、建設族、厚生族、文教族、郵政族、地方族、商工族などの族議員と結びついてさまざまな恩恵にありついてきた。自由な市場でライバルと競争するより、お上の保護のもとで公金をせしめた方がずっと楽に儲かるからだ。度重なる行政改革でかつてのような濡れ手に粟のぼろ儲けはできなくなったというものの、いまでも権力の甘い蜜があるところには無数のタックスイーターが棲息している。

タックスイーターとは何者なのか。それは税に群がる政治家であり、国益よりも省益と天下り先を優先する官僚であり、規制によって既得権を守ろうとする財界のことだ。そして究極のタックスイーターは、国債で将来世代の負担を先食いし、年金や健康保険に充てている日本国民自身だ。





超快食、超快眠、超快便
生と死がある。
生きている間にすべての人間に例外なく共通するのが、食って、クソして、寝る、この3つだけだ。

だから快食、快眠、快便が健康の基本になる。

ぼくはその全てに超がつく。

まず超快食。
どんだけ高熱にうなされても食欲が落ちることがない。

次に超快便。
朝起きて、うがいをして水を飲む。すぐタバコを吸いながらトイレに座っているとすっとウ*コが出る。必ず出る。
2年に1回くらい朝一番で出ないことがあると、その日は気持が悪くてどうしようもない。
女性で3日ほど便秘とかきくと寒気がする。

最後に超快眠。
だったんだけど、これが今年に入ってからぐちゃぐちゃになってる。
1月頃、眠い眠い病だった。8時間寝て、職場にいくとまったく眠気はないんだけど、お昼に別宅に戻ってベッドで横になるとあっという間に昼寝してしまい、起きてまた職場にいって、夕方に別宅に戻ってベッドで横になるとまた寝ちゃってる。毎日11時間くらい眠ってた。
少し経ってまともな睡眠に戻ったんだけど、今度は4月頃から「夜中に2回くらい目が覚めて、そのまま眠れない」状態になっている。今も。
そして、夜中に起きたときに腹が減ってるので、ついつい食べてしまう。その結果、16kg減量したのに、この2ヶ月だけで6kgリバウンドしてしもた。(なんとか踏みとどまらないと…)
まあいずれ元に戻ると思うんだけど、困ったものだ。



沙村広明『無限の住人』(全30巻)と近代ヒューマニズム
漫画『無限の住人』は、評判通り面白かった。
(2017年に木村拓哉主演で実写映画化予定)

1997年 第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞
英語版が2000年にアイズナー賞最優秀国際作品部門を受賞

残虐な漫画で、とにかく「人の命が安い」。近代ヒューマニズムから離れている。

(ただ、その観点では、傑作『シグルイ』(原作南條範夫・作画山口貴由/全15巻、文庫全7巻)の方がブッとんでる。)

『無限の住人』のアニメは観てないけど、乙橘槇絵の声を能登麻美子がやったのか…。興味あり。

(・∀・)

猿渡哲也の『高校鉄拳伝タフ』(全42巻)と続編『TOUGH-タフ』(全39巻)は期待ハズレだった。

また、たなか亜希夫『軍鶏』(全34巻)もちょいと残念な作品だった。

無限の住人(1) (アフタヌーンコミックス)
講談社 (2012-09-28)
売り上げランキング: 18,988


無限の住人(30) <完> (アフタヌーンKC)
沙村 広明
講談社 (2013-02-22)
売り上げランキング: 19,174


シグルイ 1 (チャンピオンREDコミックス)
秋田書店 (2013-09-13)
売り上げランキング: 10,523


シグルイ 15 (チャンピオンREDコミックス)
秋田書店 (2013-09-13)
売り上げランキング: 6,713





これからの彼を心から応援したい。
優秀なイ■ソ弁くんが7月末に事務所を辞めることになった。
諸事情により、地元(非関東)に戻ることになったのだ。
(もともと就職活動時点で、地元と東京で悩んでいた)

ほんとうに寂しいけれど、地元で弁*士は続けるので、これからの彼を心から応援したい。

2年と7ヶ月、一生懸命働いてくれたことに感謝。

(´ー`)y-~~

本音。
きついっす…。
新人部下をゼロの状態から育てた経験がある人はみな分かると思うけど、ようやくこれからってときなので…。

ま、事情が事情なので仕方ない!

しかし困ったな…。

し、仕方ない仕方ない!!

(´ー`)y-~~

次の採用は、現時点ではまだ混乱してて、未検討。


(温尻 2008.8.2)

勸君金屈巵
滿酌不須辭
花發多風雨
人生足別離

この盃を受けてくれ
どうぞなみなみ注がしておくれ
花に嵐のたとえもあるぞ
さよならだけが人生だ

唐の詩人・于武陵(うぶりょう)の五言絶句「勸酒」を井伏鱒二が訳したもの。
最後二行の名訳で知られる。



Appendix

プロフィール

ふじぼう

ふじぼう 自己紹介

月別アーカイブ

ブログ内検索

Extra

カレンダー

05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。