FC2ブログ
AX

Entries

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


宅配ピザ、人生初体験
ウィル・ガードナーが亡くなって、何もする気が起きないぼくは、『グッド・ワイフ』でもあるように米国法律事務所のシーンでしょっちゅう食べられているピザが興味深く、また、ウィル追悼のため、人生初の宅配ピザをネット注文した。ピザーラ。

(マツコ・デラックス推奨の)「マスカルポーネの贅沢10種ピザ」と「エビマヨ」のハーフ&ハーフ。

めちゃ旨いがな。

ヽ(・∀・)ノ

なお、ウィルが亡くなった後、『グッド・ワイフ』がますます面白くなってきてて、参ったねこれ。


マツコの知らないデリバリーピザの世界まとめ

スポンサーサイト


ウィル・ガードナーが死んだ…
海外ドラマ『グッド・ワイフ』(The Good Wife)を観続けてる。

(ネタバレあり)


シーズン5のエピソード15で、準主役のウィル・ガードナーが、法廷で弁護中、乱射事件に巻き込まれて、ついさきほど死んだ…

S1 EP23 約16時間
S2 EP23 約16時間
S3 EP22 約15時間
S4 EP22 約15時間
S5 EP15 約10時間

この2週間、合計72時間も観続けてきて、ぼくの大好きなウィル・ガードナーが…

いま、もう何もする気が起きない。



モテキ
(温尻 2012.10.31)

ふと考えてみた、男女はその成長過程でモテる要素が違うだろうけど、それはどんなものなのかと。

身も蓋もない、泣きたくなるような真実が浮き彫りとなった。

(´_ゝ`)

中学でモテる男:スポーツマン、不良、イケメン。

高校でモテる男:スポーツマン、勉強できる、イケメン。

大学でモテる男:面白い、イケメン。

社会人でモテる男:面白くてセクロス上手な金持ち。

(・д・)

中学でモテる女:美人・可愛い、巨乳。

高校でモテる女:美人・可愛い、巨乳。

大学でモテる女:美人・可愛い、巨乳。

社会人でモテる女:美人・可愛、巨乳、若い。

(´-`).。oO(…)



私が文章を書くのは「まだ知らないこと」を知るためです。
(温尻 2008.9.11)

内田樹『態度が悪くてすみません―内なる「他者」との出会い』のまえがき「まえがきが長くてすみません」

私が文章を書くのは「何かみなさんに伝えたいこと」があるからではありません。あらかじめ頭の中に「伝えたいメッセージ」が存在していて、それを出力しているわけではありません。何が悲しくて「自分がもう知っていること」を印字するのに手間ひまをかける人間がおりましょう。

私が文章を書くのは「まだ知らないこと」を知るためです。自分が次にどんなことばを書くのか、それがそこまで書いたセンテンスとどうつながるかが「わからない」ときのあのめまいに似た感覚を求めて、私たちはことばを手探りしているのです。

それと同じように、「ウチダ、それは違うよ」と私に告げる人の言葉に私が注意深く耳を傾けることがあるとしたら、それはその人の頭の中にある考えを知るためではありません。だって、その人が本当に批評的に豊かな情報を発信しているとすれば、それはそのことを語りつつある本人もまだ知らないことであるはずだからです。

人の話を聴くというのは、自分が何を言いたいのかをまだ知らない人が口を開くその現場に立ち会うことです。知が生成している当の場所に立ち会うということです。

聴き手である私はこの生成プロセスの立会人であり、その人がいま語りつつある言葉が含んでいる「私についての知」の共同署名人です。なぜなら、その人が「自分は何を考えているのか」の探求を始めるきっかけをつくったのはほかならぬこの私の存在なんですから。

私たちが自分について知りたいと思うことは他者を経由してしか入手されない。これが肝心なことです。

私が自分について知りたいときには、これからいったい何を言うのか分からないままに読者に向かって語り始めなければなりません。
また、私が批評者の言葉に耳を傾けるのは、そこに「私がまだ知らない私についての知」が蔵されており、その共同署名人として、彼から召喚されて私がその場に立ち会っているからです。

真に批評的なことばは対話的なものです。そこには、「これから何を言おうとしているのかをまだ知らないで話し始める」人と、「これから何を聴き取ることになるのかまだわからないけど、それが『私がまだ知らない私についての知』であることを直感している」人の二人が立ち会うことが必要です。その条件が満たされたときにのみ、批評は生成的なものになる。私はそう考えています。


そうなんですそうなんですそうなんです。はい。




いくえみ綾『潔く柔く』全13巻完結
面白い。
いま3回目を読んでるんだけど、人間関係が複雑で、おまけに物語の時間が行ったり来たりしてて、とにかく分かりにくい。
これは土日かけて一気読みすることをオススメしたい。

あと、出てくる男・男子がみんなかっこよくて、惚れる。


潔く柔く 全13巻完結セット (マーガレットコミックス)
いくえみ 綾
集英社
売り上げランキング: 19,094



アメジョ
ある夫婦が健康診断で病院に行きました。
診断のあと医師は妻だけを呼び出し、生活習慣を改めないと夫の寿命が短くなると伝えたのです。
医者が、妻に改めるよう伝えた項目と言うのが
1.毎朝ヘルシーな朝食を作り、気分よく会社に送り出してやる。
2.お昼には栄養満点の弁当を作り、午後の仕事にストレスなしで戻れるようにしてあげる。
3.夕食にはおいしい食事を作り、家事などの雑用で重荷を感じさせないようにする。
4.週に数度はベッドで夫を適度に満足させてあげる。

帰途、夫は医師が何を妻に伝えたのかを尋ねました。

妻は答えました。

「あなたがもうすぐ死ぬって言ってたわ」

(・∀・)

とびっきりの美女・ナンシーにトムが求婚した。
高飛車な性格のナンシーは言った。
「私と結婚できるのは、100万ドルの資産があって、ロールスロイスのオーナーで、10インチのペニスを持ってる人だけなの。出直してきて」

それから半年後、トムは再びナンシーのところにやってきた。
「君と結婚するために一生懸命頑張った。これが100万ドルの預金通帳、これがロールスロイスのキーだよ」。
目を丸くしているナンシーに、トムは恥ずかしそうに言った。

「それと三番目の条件なんだが、医者に相談したところ、半分に切ること自体は医学的には可能だそうなんだ。けど怖くてどうも決心がつかないから、もうしばらく待ってくれないか?」

(・∀・)

人生における6つの真実

真実1.自分の舌ですべての自分の歯に触れることはできない

真実2.きっと大半の愚か者は、真実1が本当か試している

真実3.真実1は真っ赤な嘘である

真実4.きっとあなたは自分の間抜けさにニヤニヤしている

真実5.もうすぐあなたは別の愚か者にこれを教えようとする

真実6.あなたはまだニヤついている




結婚・就職/入れ歯
(温尻 2011.6.23)

内田樹『街場のメディア論』序論。

就職活動を始めるときに、みなさんは最初に「自分の適性」ということを考えます。そして、適性に相応しい「天職」を探し出そうとする。自分の適性がよくわからないと仕事が探せないということになっている。

でもね、いきなりで申し訳ないけど、この「適性と天職」という発想そのものが実は最初の「ボタンの掛け違え」だと僕は思います。みなさんの中にもともと備わっている適性とか潜在能力があって、それにジャストフィットする職業を探す、という順番ではないんです。そうではなくて、まず仕事をする。仕事をしているうちに自分の中にどんな適性とか潜在能力があったのかが、だんだんわかってくる。そういう順序なんです。

就職というのはその点で「結婚」と似ています。
みなさんは結婚というのはまず「自分にぴったりした配偶者に出会うこと」から始まると思ってますでしょう。それが間違いなんです。そうじゃないのね。「まず結婚する」んです。そこから話が始まる。結婚してみないと配偶者としての能力や資質が自分にあるかどうかなんてわからない。どれほど相手を愛することができるか、わからない。それは結婚生活の幸福は自然過程じゃなくて、自力で構築するものだからです。

結婚は入れ歯と同じである、という話があります。これは歯科医の人に聞いた話ですけれど、世の中には「入れ歯が合う人」と「合わない人」がいる。合う人は作った入れ歯が一発で合う。合わない人はいくら作り直しても合わない。別に口蓋の形状に違いがあるからではないんです。マインドセットの問題なんです。

自分のもともとの歯があったときの感覚が「自然」で、それと違うのは全部「不自然」だから厭だと思ってる人と、歯が抜けちゃった以上、歯があったときのことは忘れて、とりあえずご飯を食べられれば、多少の違和感は許容範囲内、という人の違いです。

自分の口に合うように入れ歯を作り替えようとする人間はたぶん永遠に「ジャストフィットする入れ歯」に会うことができないで歯科医を転々とする。それに対して、「与えられた入れ歯」をとりあえずの与件として受け容れ、与えられた条件のもとで最高のパフォーマンスを発揮するように自分の口腔中の筋肉や関節の使い方を工夫する人は、そこそこの入れ歯を入れてもらったら、「ああ、これでいいです。あとは自分でなんとかしますから」ということになる。そして、ほんとうにそれでなんとかなっちゃうんです。

このマインドセットは「結婚」でも「就職」でも、どんな場合でも同じだと僕は思います。最高のパートナーを求めて終わりなき「愛の狩人」になる人と、天職を求めて「自分探しの旅人」になる人と、装着感ゼロの理想の入れ歯を求めて歯科医をさまよう人は、実は同類なんです。

もう一度言いますね。与えられた条件のもとで最高のパフォーマンスを発揮するように、自分自身の潜在能力を選択的に開花させること。この「選択的」というところが味噌なんです。「あなたの中に眠っているこれこれの能力を掘り起こして開発してください」というふうに、仕事のほうがリクエストしてくるんです。自分のほうから「私にはこれができます」とアピールするんじゃない。今しなければならない仕事に合わせて、自分の能力を選択的に開発するんです。

その能力が必要とされたときにはじめて潜在能力は発動する。潜在能力が爆発的に開花するのは、自分のためというよりは、むしろ自分に向かって「この仕事をしてもらいたい」と懇請してくる他者の切迫だということです。開花する才能は自分で選ぶものではありません。この能力が開花したら、金が儲かるとか、権力や威信が手に入るとか、人に自慢できるとか、そういう利己的な動機に賦活されて潜在能力は発動するわけではない。人間が大きく変化して、その才能を発揮するのは、いつだって「他者の懇請」によってなのです。

よく「ポストが人を作る」と言いますけど、ほんとうにそうなんです。「ポスト」というのは言い換えれば「他者からの期待」ということです。こういう能力を持つ人が、こういうクオリティの仕事を完遂してくれたら「ありがたいな」という周囲の人々の期待がポストに就いた人の潜在能力を賦活する。

仕事について考えるときに、ことの順番を間違えてはいけないというのはそのことです。「自分が何をしたいか」「自分には何ができると思っているか」には副次的な意味しかありません。

繰り返しますが、人間がその才能を爆発的に開花させるのは、「他人のため」に働くときです。人の役に立ちたいと願うときにこそ、人間の能力は伸びる。それが「自分のしたいこと」であるかどうか、自分の「適性」に合うかどうか、そんなことはどうだっていいんです。とにかく「これ、やってください」と懇請されて、他にやってくれそうな人がいないという状況で、「しかたないなあ、私がやるしかないのか」という立場に立ち至ったときに、人間の能力は向上する。ピンポイントで、他ならぬ私が、余人をもっては代え難いものとして、召喚されたという事実が人間を覚醒に導くのです。

宗教の用語ではこれを「召命(vocation)」と言います。神に呼ばれて、ある責務を与えられることです。でも、英語のvocationにはもう一つ世俗的な意味もあります。それは「天職」です。callingという言葉もあります。これも原義は「神に呼ばれること」です。これにも「天職」という訳語が与えられています。他者に呼ばれることなんです。自己決定するものではない。

自分が果たすべき仕事を見出すというのは本質的に受動的な経験なんです。そのことをどうぞまず最初にお覚え願いたいと思います。







ジェーン・スー 『貴様いつまで女子でいるつもりだ問題』
抜粋。

昨年、四十路に足を突っ込みました。

泣く、笑う、喜ぶ、憤るなど、この世に生を受けてから一日の休みもなく、私はありとあらゆる人間の同左や状態を体得してきました。もうあとは「死ぬ」ぐらいかと思っていたのに、ここに来てまさかの新形態を体得したのです。それが、老けです。「老い」の一歩手前、それが「老け」であります。

老けはまるで、知らぬ間に忍び寄る恐怖。ある日突然、おでこに一本の深い皺が入るわけではありません。老けは一日にしてならずであり、老けフェアリー(妖精)は、私が寝コケているうちに、私の体に毎晩少しずつ老ける粉をかけていきました。しかしそれが余りに微量なので、すぐには気付けませんでした。

三五歳ぐらいから、なんとなく自分の異変に気付き、しかしまだこれがいわゆる老けだとは思いもよらず、四十を目前にして突然、雷に打たれたように「これはまごうことなき老け状態だ!」と自覚しました。

女の老けは総合点で決まります。ファンデーションをぬると浮き上がってくる目元のちりめん皺なんて序の口で、髪の艶、デコルテのハリ、後ろ姿の肉付き、歯の色、白目の濁り、手の甲のシミ、顔の輪郭、踵の硬さ、尻のざらつき、地爪の色、首の皺など、体のすべてがふけの反射区にになっている。それぞれが、少しずつ経年劣化した状態の総合点で、全体の印象が決まります。

胸が膨らんできた十代前半、自身に性的な意味合いが付加されていくことに戸惑ってから、三十年が経過しました。自分の意思に関係なく体の変化で女の舞台に上げられて、ようやく心と体の辻褄が合ってきたあたりで、今度は体が舞台から降りようとするのです。堪ったものではありません。


最初の三分の一くらいまでは面白かったけど、残りはイマイチだったというのが正直なところ。


↓まだ読んでないこちらに期待しよう。
2016.7.22ジェーン・スー 『女の甲冑、着たり脱いだり毎日が戦なり。』






稲泉連 『豊田章男が愛したテストドライバー』
抑制された、いい本だ。取材に5年かけている。

成瀬弘氏(メカニック・テストドライバー)の人柄や信念、同人と豊田章男氏(トヨタ自動車社長)の関係。

素晴らしい。

同書の最後の方で、成瀬氏の葬儀で豊田章男氏によって読まれた弔辞があるが、涙なくして読めない。














豊田章男が愛したテストドライバー
小学館 (2016-06-03)
売り上げランキング: 33,625




恋愛論@橋本治
(温尻 2008.8.5)

橋本治『ぼくらのSEX』は、その全編に渡って面白いといった本ではないが、第19章「『恋』ということを知らなくちゃ」だけは特別で、世界で最も優れた恋愛論が、他でもないこの日本という国で、ゲイである天才橋本治によって書かれてしまったことを神に感謝せずにいられない。


恋というものは、「あなたにはこういうものが欠けてますね」ということを教えてくれる合図だ。
だから恋の前には、まず「憧れ」というものが生まれる。
「自分よりも、ずーっとその人の方が素晴らしい」と思う、その感情がなければ、恋というものは生まれない。
人間というものは、さまざまな欠点というものをもっている。
自分ではその欠点を意識していなくても、そのことをフッと照らし出してしまう人が、時々いる。
「不思議な形で自分にスポットを当ててくれる人がいる」と思えたら、その人が、あなたにとって恋の相手だ。
恋というものは、自分には絶対にその人が必要なんだと思えなければ、始まらない。



SEXは相手をバカにしていてもできるけど、恋はその相手をバカにし始めたら終わり。
それまでは平気で人とSEXしていたけれど、はじめて「好きだ‥」と思ってしまった相手と出会ったら、あんまりSEXがしたいとは思わなくなってしまうことがあるのはなぜかというと、それはその人がそれまでもっぱら人をバカにするということしかしてこなかったからだ。
恋というのは人に対する「憧れ」から生まれる。
だから「人に対する尊敬」がないと、恋というものはできないんだ。



恋というものは、感情のギャップを必ず引き起こす。
だから、恋というものは、いくら相手を好きになっても、いくら相手から「好きだ」と言ってもらっても、なかなかその言葉が信じられなくて、「もどかしい」という感じを捨てきれない。
自分と相手との間にあるギャップが「埋まった」と思えなければ、「自分はこの人と恋をしてもいいんだ、自分はこの人と一緒に恋の中にいてもいいんだ」とは思えない。



特別なのはSEXという行為ではない。特別なのは、「人を求めることはこんなにも切実なのだ」ということを教える、その感情が特別、つまり恋というものがとても特別なのだ。
恋を知らなければ、本当のSEXというものはできない。SEXというのは、肉体の交わりだけれども、そうすることによってお互いの感情というものが、相手の胸のうちに入り込まなければ、満足というものは得られない。
恋というのは、感情の交流で、それと同時に肉体の交わりでもあるようなもの。
感情と肉体のどっちが重要であるのかなんてことは言えない。
恋は、それ自体がほとんどSEXのようなものであるような、濃厚な感情の交わりだ。
恋というものには豊かな感情が必要だ。
それがなければ恋はできない。
恋というものは、人間に関する「すべての本当」を求めたいという行為だ。



「SEXをしたいな」と思ってしまうような相手と友情を続けていかなければならない状態がなぜツライのかというと、これが「失恋」の一種だからだ。
永遠に片想いのままの「失恋」。
「失恋」はツライ。
べつにSEXできないからツライのではない。
「自分が好きだ」と思う人に、その自分の感情全部を受け入れてもらえないから、自分の感情を充たしてもらえないから、ツライ。
だから失恋は、耐え難く、とんでもなくツライ。


面白い恋愛論はないかとの発注があったので、最高の手札を切った。







三浦九段が…
橋本崇載八段は三浦を「1億%クロ」と断言したのね…(こちらの記事


渡辺明竜王も三浦のクロ確信か…(こちらの記事

渡辺竜王は日本将棋連盟理事の島朗九段(53)に事情を説明。それを受けて10月10日に羽生善治三冠(46)、佐藤天彦名人(28)、将棋連盟会長の谷川浩司九段(54)らトップ棋士7人が集まり“極秘会合”が開かれた。渡辺竜王から説明を受けた出席者たちからは「99.9%やってますね」という意見も出て、“シロ”を主張する棋士はいなかった。


「将棋界の武蔵」と呼ばれるほど鍛錬の鬼だった、あの三浦が… ふぅ……


28歳のファッショナブルな新名人──将棋ファンは彼を「貴族」と呼ぶ


Amazonでの賢い買い物をするにはChromeの拡張「Keepa – Amazon Price Tracker」が必須


独紙「5人の神童」に、中井卓大選手、久保建英選手選出!天才少年5人の動画一挙公開!


カルビーのチップスター風ポテチ、清々しいほど半分空気

www


なぜ若い女性に「画面の割れたスマホ」の所持率が高いのか…その理由が考察されていた

だーかーら-、 i&PLUS社「Bunker Ring 3」を買いなさいっってこった。本当に便利。


これが三ツ星ならぬ、七ツ星のチーズケーキだ!!


洋菓子よりも断然“和菓子派”!東京都内の絶品甘味処10選


【都内】早起きして買いに行きたい!売り切れ必至な豆大福&いちご大福


つゆだくのサンドイッチ? 「和サンド」が人気


林伸次食事の時に音をたてることの不作法











「違う星の話のようです…」
女友達から「落としたい男がいる。しかし草食系は初めてで…」とメッセが来たので、先日の林伸次『ワイングラスのむこう側』

「男が女を口説く方法」よりも「女が男を落とす方法」が面白いので、女性が読んだほうがいいんじゃないかしらと。

を紹介したら、「読みます!」と。

「あ、そうそう、いくつか男を落とす方法が書いてあるけど、その中の一つに『少しだけの間でいいので、抱きしめてくれますか?』っつーのがあって、その方法でかなり年下の男を落として結婚した女友達が本当にいる。10年ほど前の話だから、同書を参考にしたわけじゃなくって、結局、結婚偏差値の高い女性達はこういうテクニックをいくつも当然のように持っているということやねw」

「違う星の話のようです…」

「www」



舞台俳優は声が命。
(温尻 2008.7.7)

Majestic Theatreで『The Phantom of the Opera(オペラ座の怪人)』を観たことがある。
シャンデリア大移動やPhantomが地下へ向かうあの場面は評判通り楽しめるものだったけど、しかし役者がどうもイタダケナイ、そう思って観ていた。

Phantom 発声

キタ━━(゚∀゚)━━ !!

qあwせdrftgyふじぼlp

舞台俳優には、映画やテレビの俳優とは異なる才能が求められる。
舞台俳優は声が命。
声がすべてを決する。
演技なんか二の次。

観客の意識・肉体に刻み込まれるのは声だ。声の波動というか、なにかそんなもの。直接的で感応的で官能的で、分析を拒否するもの。ただひたすらに身を委ねるしかない、全身で受け止めざるをえないもの。
いい声とかうまい声とかじゃなくて、魂と欲望を鷲掴みするような声がある。
聴覚というのは五感のなかでも特別なものなのだ。

学生時代、英語演劇の役者をやったことがあり、勉強も兼ねていくつかプロの舞台を観たけど、後々にまで記憶に残るのは声だけだった。
これが映画と決定的に異なる。

※映画俳優でも「フィルムにのる声」とでもいうべきものがあり、薬師丸ひろ子、最近では池脇千鶴がそんな声の持ち主である。


MajesticのPhantomは凄かった。Phantomが出ている場面では前のめりに体を乗り出し、出ていない場面では深々と座席に腰を沈める。

うーむ、この舞台はPhantom演じるあの役者の声を堪能するために存在する。



クリントイーストウッドのような偉大な監督が
いったいなぜこんな凡作を撮ってしまったのか?と思ってしまう第一の作品は『インビクタス/負けざる者たち』だ。ほんとイマイチだった。

第二は、一般的に『ヒア アフター』ではないだろうか。でもぼくはこの作品が大好きだ。理由はうまく書けないけれど。

(いずれもマット・デイモンが主役)

超映画批評『ヒア アフター』70点(100点満点中)

ヒア アフター (字幕版)
(2013-11-26)
売り上げランキング: 16,450



名言
 
人間というのはワインと違い、年を重ねるだけでは旨味はでない。

江頭2:50



Appendix

プロフィール

ふじぼう

ふじぼう 自己紹介

月別アーカイブ

ブログ内検索

Extra

カレンダー

09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。