FC2ブログ
AX

Entries

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「説明可能なわかりやすい『好き』は、何かを生み出すような力にはなり得ない。」
(温尻 2009/04/14)

村上龍『無趣味のすすめ』。一部引用。

「好きという言葉の罠」:説明可能なわかりやすい「好き」は、何かを生み出すような力にはなり得ない。

「集中と緊張とリラックス」:集中と緊張はまったく別のものだ。緊張しているときには何かに集中できない。

「どんなファッションで臨むか」:ファッションだけが印象に残るビジネスマンは、無能です、とアピールしているのと同じだ。

「もてなしと接待」:もてなしや接待にマニュアルはない。誠意を相手に伝えるための、想像力が問われる。

「『交渉術』という能天気な言葉」:徹底的に相手の立場に立って考えること、交渉はその地点からしかスタートできない。

「ライバルという他者」:ライバルを持っているプロは、高い能力を持ち、評価をすでに得ている人なのだ。

「優れた道具」:問題は、メモを取らなければいけないほど重要な情報に常に飢えているかどうかだ。

「品格と美学について」:仕事に美学や品格を持ち込む人は、よほどの特権を持っているか、よほどのバカだ。

「後悔のない転職」:頼むから辞めないでくれと上司や同僚に慰留される人ほど、転職は合理的だということになる。

「労働者と消費者」:労働者としての生きがいを感じているのか、それとも消費者としての生きがいしかないのか。

「アドバイスについて」:過度期である09年、他人のアドバイスに依存する人は、路頭に迷うかも知れない。

「企画の立て方」:アイデアは「組み合わせ」であって、発見などではない。


無趣味のすすめ 拡大決定版 (幻冬舎文庫)
村上 龍
幻冬舎 (2011-04-12)
売り上げランキング: 48,350


スポンサーサイト


映画 『秘密』(広末涼子、小林薫)
東野圭吾『秘密』は読んでたので、ネタバレ状態で映画『秘密』(広末涼子、小林薫)を観たんだけど、ネタを知っているからこそラスト30分ずっと涙が止まらず…

さすが滝田洋二郎監督。

小林薫が可愛い父親で凄くいい。
広末涼子は当たり外れがめちゃデカい女優だけど、本作品はアタリ。


映画「秘密」【TBSオンデマンド】
(2016-07-15)
売り上げランキング: 119,022




結婚とは「恋愛のバブル」だ by山崎元
【新連載:山崎元の男と女の婚活経済学 2】結婚とは「恋愛のバブル」だ

「恋愛がバブルに至ったものが結婚だ」というのが私の仮説だ。自分では、有力な仮説だと思っている。
***
このプロセスの(3)〜(4)が進行しつつある時に、相手の女性を何としても自分のものとして「確保」しようと思った時に切るカードが、「結婚しよう!」という、いわゆるプロポーズだ。
***
それでは、「恋愛のバブル」は永続しないのだとしても、さて、どれくらい続くものなのだろうか。理由は何れ本連載で書いてみたいと思うが、筆者は「4年」くらいだと推定している。読者の実感はどれくらいだろうか。「永遠」ではないはずだ。

尚、筆者は、結婚は恋愛のバブルの産物だと思っているが、「バブルのない人生は、つまらない!」と思っていることを付け加えておく。



橘玲日本のマスコミが"極右"と報道する国民戦線ルペン党首の目指すべき社会は「移民管理を徹底した日本」

<5月7日はフランスの有権者が「開かれた社会」と
「閉じた社会」のいずれを選ぶのか、という選挙>

20世紀末に急速に進んだグローバル化と知識社会化によって西欧先進国の福祉国家モデルは軒並み破綻し、近代社会の行き詰まりが誰の目にも明らかになった。
***
国民戦線が提示するのは、「産業的で国民国家的な資本主義にノスタルジアを感じている労働者層に、富の再配分と不平等の縮小を担い、国民に限定した福祉国家のリソースを配分する“保護者国家”」のモデルだ。トランプの政策との同質性は明らかで、アメリカ大統領が露骨にマリーヌ・ルペンを支持するのも当然だろう。



Chikirinの日記価値に応じたプライシングの重要さ

以上が新幹線の現状なんですが、もし私が自由にプライシングしていいと言われたら、きっと下記のように変えてしまいます。

・繁忙期のチケット価格は、通常期の 2倍程度まで引き上げる
・繁忙期は自由席を廃止し、すべて指定席にする
・指定席チケットの他、格安の「立ち乗りチケット」を売る
***
宅配サービスについても同じことを思います。
くろねこヤマトも佐川急便も、年末になると遅配が発生します。
どこも毎年謝ってますけど、あんなの「年始年末は通常の 2割増しの特別料金」を設定すればいいんです。増収分は年末年始に働いてる配達員の方の時給に上乗せしましょう。

もっといえば楽天もアマゾンも、年始年末の注文には特別配達料をとればいい。

そうすればどうしても年始年末に必要なモノ以外は、みんなピークシーズンを避けて買うようになるでしょう。
荷物の集中度合いが下がり、遅配も減るはずです。



藤井聡太四段がデビュー戦以来14連勝


田中将大16年ぶり快挙 ヤ軍投手のレ軍戦無四球完封は01年ムッシーナ以来(9回をわずか97球で3安打無四球無失点に抑える完封劇)














「私はこれまで、何と闘うという目標を立ててやってきていない。常に無計画、他力志向である。」

(温尻 2011.4.19)

羽生善治の『大局観』を読むと、ああよく本を読んでるんだなぁと。ナシーム・ニコラス・タレブの『ブラック・スワン/不確実性とリスクの本質』まで出てくる(羽生は不確実性というものが大好きなのだろうけど)。

▼ジェームス・キャメロン監督『アバター』を観た。その中に「エネルギーは借り物で、いつかは返さなければいけない」というフレーズがあり、「なるほど!」と思った▲に続けて“所有”についての羽生の考察が書かれているのだけれど、面白い。

▼日本の歴史にも、カリスマと思える人物はたくさん登場する。卑弥呼、聖徳太子、織田信長、坂本龍馬らの名がすぐに思い浮かぶだろうが、私は、なんといっても一番のカリスマ性を持っていた人物は弘法大師すなわち空海だと思う▲

▼私はこれまで、何と闘うという目標を立ててやってきていない。常に無計画、他力志向である。突き詰めると「結論なし」となる。人生は突き詰めてはいけないと思う▲

 
ついでに羽生『結果を出し続けるために』も読んだ。

▼何歳になっても、その人の前に出ると自然に緊張してしまう、というような畏敬の念を抱く人というのは、絶対にいたほうがいいと思います。直接何かを教えていただくのではなく、その背中から盗むという人がいることは、強くなる、成長するためにも必要だと思います。何よりそういう人を持たない人生は、人間として寂しいし、悲しいことです▲


※2011-10/10「ブラック・スワン」

大局観  自分と闘って負けない心 (角川oneテーマ21)
羽生 善治
角川書店(角川グループパブリッシング)
売り上げランキング: 14,420


結果を出し続けるために (ツキ、プレッシャー、ミスを味方にする法則)
羽生 善治
日本実業出版社
売り上げランキング: 67,198


ブラック・スワン[上]―不確実性とリスクの本質
ナシーム・ニコラス・タレブ
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 15,556




師匠の杉本(昌隆七段)さんが「藤井(聡太)の将棋を見て感動しない将棋ファンはいないだろう」と話していました。
中学生棋士の藤井聡太四段、羽生善治三冠を破る「新人とは思えない落ち着き」

おっそろしいな…。深浦、佐藤康光、羽生を3タテかよ…。


(↓藤井聡太との対局の前)
羽生善治三冠、中学生棋士・藤井聡太四段の新記録に「すごいことをやってのけた」

――藤井四段の将棋の特徴はなんですか

終盤の勝ち方に切れ味の鋭さを感じます。やはり読みの速さと精度がすごいのでしょうね。詰将棋解答選手権で、あるプロ棋士がまだ1問目を考えているときに、当時小学生だった藤井さんが全問解き終えて退出してしまって驚いたという話も聞きました。「すごい小学生がいる」といううわさは当時、私の耳にも入ってきました。解答選手権3連覇という実績はただものではないです。瞬間的にいい手がひらめく能力も優れているでしょうね。

――序盤、中盤の実力についてどう見ていますか

藤井さんの指し手には現代的なスピード感がありますね。チャンスと見れば躊躇せず踏み込んできます。また序盤が体系化されてきていている現代将棋において、重要なポイントをしっかりと押さえているという印象です。

――プロデビューから公式戦12連勝の新記録を達成しました

すごい記録ですよね。私も藤井さんの将棋を見ていますが、危なっかしい局面がほとんどないんですよ。私が見た中では11戦目の小林裕士さんとの将棋で一瞬だけ危ないと感じるところがあったくらいで...。それも本当に一瞬だけなんです。いつもほとんど完ぺきと言える内容の将棋を指しているように思います。



藤井四段、圧倒的な棋士になれ…作家の大崎善生さん(「聖の青春」の著者)

驚き以外、何もないですね。神がかり的といっていい。常識を超えちゃっていますよね。新四段がいきなりこんなに結果を残すなんて……。羽生(善治王位)さんのデビュー時を思い出します。

羽生さんを超える可能性がある棋士が現れたこと自体が驚きです。もちろん、これから大変なことは何度もあると思います。しかし、デビューから半年がたった時点で「もしかしたら、この子は……」と可能性を感じさせる人間が現れるとは。

***

直接、会ったことはないのですが、私には藤井さんは普通の頭のいい中学生に見えます。だからむしろ「すごいな」と思うのです。普通に見える中学生が、内面に大きなものを秘めている。羽生さんや谷川さんは若いころから、すでにちょっと人間じゃないような、「これは別格だ」と感じさせるオーラをびんびん発していました。藤井さんには、そういう雰囲気は無い。勉強のよくできる中学生という感じですね。

もう一つの大きな違いは、藤井さんはインターネット将棋で力をつけていった点ですね。(略)藤井さんはあまりにも強かったので、ネット将棋の有名人だったみたいです。ハンドルネームは持っていたけど、強すぎるのですぐに正体がばれてしまったようですよ。

みんな藤井さんと指したかったようです。指していて、楽しいらしい。藤井さんに負けても、格好いい手でやられるのでワクワク感があったみたい。将棋を指して、負かした相手も楽しませるというのはすごいことですね。

***

師匠の杉本(昌隆七段)さんが「藤井の将棋を見て感動しない将棋ファンはいないだろう」と話していました。


すげーな。



ドラマ『ヒトリシズカ』WOWOW
いやー、すっげーわ、『ヒトリシズカ』。
(第39回放送文化基金賞 テレビドラマ番組部門 テレビドラマ番組賞)。

怖い。

そして...

夏帆はうまい役者だと思うけど、それほど好きなタイプじゃない。
でも本作品の彼女の演技は好きだ。

最後になんと門脇麦が登場。嬉しい。

(・∀・)

最近、Amazonプライムビデオで「WOWOW『ドラマW』シリーズ」ばっかり観てるんだけど、どれもこれも文句なしのレベルで、しばらくはやめられそうにない。

WOWOW『ドラマW』一覧

huluでもう迷わない!おすすめ WOWOWドラマをご紹介

(・∀・)

あ、いまTBSで放送中の『リバース』はまだ2回分しか観てないけど、門脇麦があまり登場せず(おそらく今後は変わるだろうけど)、それよりも何よりも、戸田恵梨香がびっくりするほど「可愛くない」のが残念...






アメジョ
男の子がパン屋へおつかいに来てパンを2ドル分買った。ところが今日はいつもよりパンが小さい。
「このパン、いつもより小さいよ」
するとパン屋の主人が言った。
「いいんだよ。そのほうが持って帰るのに楽だろ?」

男の子は1ドルをカウンターにおいて帰ろうとした。パン屋の主人が慌てて
「おい、坊や。お金が足りないよ」

「いいんだよ。そのほうが数えるのに楽だろ?」

(・∀・)

男A「失恋したんだって?」

男B「ああ…」

男A「忘れられないのか」

男B「うん」

男A「クヨクヨするなよ。女なんかいくらでもいるじゃないか」

男B「それはよくわかっている。だけどどうしても月に一度は思い出しちまうんだ」

男A「見かけによらずロマンチストなんだな」

男B「いや、贈り物のローンが残っているんだ」

(・∀・)

ある日読んだ本に、タバコは体に悪いと書いてあったので禁煙した。

ある日読んだ本に、飲酒は体に悪いと書いてあったので禁酒した。

ある日読んだ本に、肉食は良くないと書いてあったので菜食にした。

ある日読んだ本に、セックスは体に悪いと書いてあったので、本を読まない決心をした。



所有のリスクがハンパない3つ
(温尻 2012.3.16)

1.妻
2.家
3.子

何度も何度も書きますが、『リスク』ってのは「変動の幅(volatility)」です。
マイナスリターンとプラスリターン、いずれもの可能性があってはじめて変動幅が生じます。
「危険」と訳すのは正しくありません。

だから、「リスクがある=手を出すな」ではありません。

リスクは、それを負っているという認識こそが重要です。

そして、上記3つを「所有」した場合のマイナスリターンは、あるとき一気に顕在化します。

誤解を恐れず言えば、専業主婦と未成年子を養いつつ住宅ローンを組んでる男達はスゴいなぁと感心します。
リスクの認識と、マイナスリターン顕在化に備えた準備の、両方があるのなら。

※2008.5.12「Risk 神々への反逆」



木村文乃の登場シーン以外すべて早送り
放送中のドラマ『ボク、運命の人です。』。木村文乃だけで十分。


ドラマ『空飛ぶタイヤ』WOWOW、『レディ・ジョーカー』WOWOW、いずれもよいです。




Chikirinの日記モノは安く・ヒトは高く


『失敗の本質』共著者が指摘 「東芝はノモンハン事件そっくり」
























映画 『愛の渦』
以前から観ようとは思っていた問題作『愛の渦』、ただ「門脇麦が全裸であえぎまくる騎乗位シーン」のためだけに観た。

同シーンは素晴らしい!

が、映画そのものはいまいちかなぁ。


門脇麦、若くしてヌードを厭わぬ女優魂



愛の渦
愛の渦
posted with amazlet at 17.04.20
(2014-11-09)
売り上げランキング: 13,010




ドラマ『翳りゆく夏』WOWOW
『翳りゆく夏』

おお、なるほど、そうきたか!というストーリー。

渡部篤郎がいいのはもちろんだけど、門脇麦(1992年生まれ)にガチ惚れ!!発見!

いやー、久しぶりに遭った、あの「目」。

いい!






門脇麦のCM
(全て「健康的すぎ」て、彼女の本来の魅力がフルに発揮されているとは思えないけれど)












ドラマ『下町ロケット』WOWOW版
これはよかったわぁ。三上博史、渡部篤郎。

TBS版(阿部寛、 吉川晃司)との比較では、いかんせん吉川晃司の「怪演」があるため何とも言い難いけど、互角ではないだろうか。

十分に観る価値はある。


wiki下町ロケット






経済とは「情報を持つ者が持たない者から搾取する仕組み」でもある
ZOZOTOWN「ツケ払い」で新たなる消費者金融問題が勃発

経済とは「情報を持つ者が持たない者から搾取する仕組み」でもある



将棋・藤井聡太四段「炎の七番勝負」佐藤康光九段に快勝 最終戦は羽生善治三冠


藤井聡太四段が13連勝


ヤンキース資産価値は44年で6627%増!? 米経済誌が30球団資産価値発表


イチロー所属のマーリンズが1800億円で身売りへ

2002年に1億5850万ドル(当時レートで約199億円)でチームを買収し、16億ドル(約1800億円)でチームを売却予定。


ほんとに買収チームにデレク・ジーターが入るのかなぁ。


ぐうの音も出ない!反論の余地なし「説得力120%のツッコミ」8選

くっそウケたw


おい、そこのブス!よく聞け!

これまたウケた。(ブス向けの記事ではありません)


林伸次突然のキスにはどう対応すればいいのか






※2016-12/09映画『凶悪』/リリー・フランキーとピエール瀧



アメジョ
<エンジニアのメンタリティを理解するジョークシリーズ>


建築家と芸術家とエンジニアの3人が、妻と愛人のどちらと時間を過ごすほうが良いかを話し合っていました。

建築家は、「しっかりとキズナを育みながら、妻と時間を過ごすのが良い」と言いました。

芸術家は、「情熱や神秘的な点から、愛人と一緒に過ごすのが良い」と言いました。

エンジニアは、「両方が良い」と言いました。他の二人に「両方だって?」と尋ね返されると、こう答えました。

「妻と愛人の両方いれば、二人とも、もう片方の女と時間を過ごしてると思うだろうから、その間ガレージにこもって仕事ができるからさ」

*****

二人のエンジニアの学生が、大学のキャンパスを歩きながら話をしていました。

一人が、「そのクールな自転車はどこで手に入れたんだ?」と尋ねると、もう一人が答えました。

「昨日考え事をしながら歩いていたら、この自転車に乗った美女とすれ違ったんだ。すると彼女は自転車を投げ捨てて、さらに服も脱ぎ捨てて、『好きにしてちょうだい』と言ってきたんだよ」

それを聞いた最初の一人は言いました。「それはいい選択をしたな。だって彼女の服は、君に似合わないだろうからね」

*****

コップに半分入った水を見て……

楽観主義者: まだ半分ある
悲観主義者: もう半分しかない
エンジニア: このコップは必要に対して2倍大きい。

*****

牧師、医師、エンジニアの三人組が、ある朝ゴルフを一緒にまわっていました。彼らの前にいるグループはとてもプレイの遅い人たちでした。

エンジニアがいらいら怒って言いました。「前にいる奴らは何であんなに遅いんだ?もう15分も待ってるんだぞ」

医師もうなずき、「理由はわからないが、あんな不器用そうなのを見たことがない」と同意しました。

すると牧師は、「あそこに管理人がいるから掛けあってみよう」と言い、向かいました。「やあ、ジョージ、あの前の組の人達はどうしたんだい?ちょっと遅すぎやしないか?」

すると管理人はこう言いました。「彼らは盲目の消防士達なんです。去年火事になったこのクラブハウスを救ったことで、視力を失ったのですよ。それ以来彼らがゴルフをしたいときは、いつでも無料で提供しているのです」

それを聞いた3人は少し無言になりました。やがて牧師が口を開き、「それは悲しいことだね。今晩は彼らのために祈ることにするよ」

医師もそれに続き、「そうだね。私も何とか手助けができないか、友人の眼科医に連絡を取ってみるよ」

エンジニア「何で夜にプレイしないんだ!」

*****

3人のエンジニアの学生が、人間の体はいったいどんなタイプのエンジニアによってデザインされたのかを議論していました。

一人目のエンジニア「それは機械技師だよ。それぞれの関節部分を見てみろよ」

二人目のエンジニア「いや、電子技師だね。この神経組織やこの束になった電気配線を見ろよ」

三人目のエンジニア「いやいや間違いなく土木技師だね。でなければ、お楽しみの場所の近くに下水道を作るわけないだろう」

*****

とあるエンジニアが、ある日道を歩いていると一匹のカエルが呼びかけてきました。

「私にキスしてくれたら、とても美しいお姫様に戻ることができるのよ」

彼は身をかがめてカエルを拾い上げると、自分のポケットにしまいこみました。

カエルは再び言いました。「もしあなたがキスしてくれて私を姫に戻してくれたなら、あなたと一週間一緒に過ごしますわ」

エンジニアはカエルをポケットから取り出して、微笑むとまたポケットにしまいこみました。

するとカエルは泣き叫ぶように、「もし私を姫に戻してくれるなら、あなたと一緒にいて、もう何だってあなたの望みどおりのことをします」

またもやエンジニアはカエルをポケットから取り出すと、やはり微笑みかけるだけでポケットに戻しました。

カエルはようやくそこで尋ねました。「いったいどういうことなの? 私は美しい姫で、あなたと一週間一緒にいて、何でも望みどおりのことをすると言ってるのですよ?どうしてキスしてくださらないの?」

するとエンジニアはこう答えました。

「僕はエンジニアだよ。恋人を持つ暇なんてないんだ。だけどしゃべるカエル、こいつはカッコいい」




女性の結婚に関する提言(ヨケイナオセワ)
(温尻 2011.5.13)

女性は、本気で結婚したいなら、26歳以降は、その時点で付き合ってる男と結婚したほうがいいと思う。それを逃したら、確率はガクンと下がる。


人類は太古の昔より「食の確保」と「生命・身体の安全」を求めてきた。そのために家族や集落を必要としてきた。しかし現在、多くの先進国において「食の確保」も「生命・身体の安全」も達成されている。だから家族も集落も(以前ほどには)必要とされなくなった。

もはや男たちには結婚の動機が希薄である。
結婚して子供までできれば、独身の場合よりも生活レベルが著しく低下するのは明白だ。おまけに男たちには「結婚せよ」との抑圧が(女性ほどには)強くかからない。

一定以上の安定した収入があり、一定レベル以上の容姿をし、性格もまともな男は、多くない。彼らの多くは若いうちに刈られているので、市場に出回る物件は希少だ。

完璧な男などいないことを認識はしていても、自分の結婚となると現実を忘れ、条件を絞ってしまう女性が多い。もちろん確率は低くても、条件を全てクリアする男に巡り会う可能性はゼロではなく、そのような極めて低い確率をあくまで追求することも、そのリスクを認識している限りにおいて、ありだろう。

「条件をクリアする男がいないなら結婚しなくてもいい」という女性は、その覚悟が死ぬまで続くのならば、それで問題はない。問題は、「条件云々も無視はできないけど、そんなことより、本気で結婚したい」と望んでいる女性たちだ。

条件を1つもクリアしていない男と結婚することは不可能だろうが、家探しと同じく、条件の優先順位だけは明確にしておいたほうがいい。少なくとも(収入、学歴経歴、容姿をある程度クリアしたうえでさらに)「話して面白い人」とか「ファックがうまい人」なんぞ、ま、なかなか。

あらゆる男には欠陥がある。表面的には条件をクリアしているように見えて、結婚後に女性に暴力を振るう男も少なくない。(肉体的暴力だけでなく精神的攻撃まで含めると、ある程度の割合は占めてしまうだろう。根本的に自信のない男が多い。この商売をしていると、そういうお坊ちゃん達をいやでも目にする)

結婚した男女の、その5年後あたりをよく観察してみるといい。本当に幸福な男女がどれくらい存在するのかを。その99%が幸福とはほど遠い人生を送っているはずだ。少なくとも「恋」とは遙か遠い地点で「生活」をしている。皆ある時点で「こんなもんか…」と諦めるから、なんとか夫婦をやってられるだけだ。

現代日本の女性たちは、恋愛を、結婚後に夫以外とすべきだ。
(希少な「イイ男」は、複数の女性と共有すべきである)

余談ながら、26歳あたりから女性たちは性的関係のある男友達を数人は確保しておいたほうがいい。35歳や40歳を過ぎて、そういう友達をつくることは困難だ。一緒に歳をとりながら性的関係を継続できる男を確保しておくのが、戦略としては正しい。

女性たちは、大いに勘違いしている。
2009.7.5『同輩集団の視線』で引用した。

1.90%の女性が若い頃よりも自分の点数が上がっていると思っている。
2.80%の女性が「女を磨く努力をすれば、年齢が上がっても女としても価値が上がる」と信じている。


「自分の点数」や「女としての価値」。

ふむ。

30歳、35歳、40歳を過ぎてますます「ステキなオトナ」になる女性は存在する。
しかし、「ステキなオトナ」と、男の性的欲望の対象たりうる「ステキなオンナ」は、完全に別モンである。
さらに、今の幼稚化した男たちに「ステキなオトナ」の価値が理解できるとも思えない。

つまり、結論としては、冒頭の提言となる。


なお、多くの女性が結婚を望んでいるとしても、相手の男がそれを望まないことは多い。女性たちが上手に男を結婚に導くのにはある種の技術が必要とされる。そして、妊娠がその最も手っ取り早い手段であるということは、最近の多くの女性たちが気付いている。

(´ー` )



Appendix

プロフィール

ふじぼう

ふじぼう 自己紹介

月別アーカイブ

ブログ内検索

Extra

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。