FC2ブログ
AX

Entries

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


明るい家族設計 1
(温尻 2011.2.13)

内田樹氏ブログ「父親のかなしみ」

家族を理解と共感の上には基礎づけない。
家族とはいえ他人である。何を考えているかなんか、わかるはずがない。

とりあえず私には母の考えていることも兄の考えていることも正直言うとよくわからない。娘の考えはさらにわからず、妻の思考内容に至ってはほとんど人外魔境である。

「わからない」なら家族として機能不全であると言われてしまうと、私には立つ瀬がない。
それでもそこそこ仲良く暮らしているのだから、それで「OK」ということにしてはいただけないであろうか。

父子家庭で娘を育てた経験からわかったことは、「父親」と「母親」の仕事は別のものであり、それぞれ非常にシンプルな役割演技によって構築されているということであった。

「母親」の仕事は子どもの基本的な生理的欲求を満たすこと(ご飯をきちんと食べさせる、着心地のよい服を着せる、さっぱりした暖かい布団に寝かせるなど)、子どもの非言語的「アラーム」をいちはやく受信すること、どんな場合でも子どもの味方をすること、この三点くらいである。

「父親」の仕事はもっと簡単。最終的な仕事は一つだけで、それは「子どもに乗り越えられる」ことである。

この男の支配下にいつまでもいたのでは自分の人生に「先」はない。この男の家を出て行かねば・・・と子どもに思わせればそれで「任務完了」である。

だから、「よい父親」というのがいわゆる「よい父親」ではないことが導かれる。「ものわかりのよい父親」は実は「悪い父親」なのである。否定しにくいから。「愛情深い父親」もあまりよい父親ではない。その人のもとを去りがたいから。「頭のよい父親」はさらに悪い。子どもと論争したときに、理路整然博引旁証で子どもを論破してしまうような父親はいない方がよほどましである。

それよりはやはり「あんなバカな父親のところにいたら、自分までバカになってしまう」というようなすっきりした気分にして子どもで家から出してやりたい(それについて文句を言ってはいけない。自分だってそう言って親の家から出たのである。父親がそれほどバカではなかったことに気づくのはずっと後になってからのことである)。

言い遅れたが、人類学的な意味での親の仕事とは、適当な時期が来たら子どもが「こんな家にはもういたくない」と言って新しい家族を探しに家を去るように仕向けることである。
これが「制度設計」の根幹部分である。
それができれば親としての仕事は完了。
自余のことは副次的なことにすぎない。

なまじ親のものわかりがよく、愛情深く、理解も行き届いているせいで、子どもがいつまでも家から出たがらない状態はむしろ人類学的には「機能不全」なのである。


スポンサーサイト


吉河美希『ヤンキー君とメガネちゃん』(全23巻)
昨日の音楽漫画2作品が、きっちり伏線を回収して物語を終えたのに対して、『ヤンキー君とメガネちゃん』の最終巻は「えええええ!!!」と驚くほどブン投げで、禁じ手とされる「夢オチ」よりヒドイ。ムゴイ。アンマリだ。

↓Amazon評価26のうち星1つ+2つが20。


【酷い】つっこみたくなる最終回の漫画

『東京大学物語』『アイアムアヒーロー』に並んで本作品も。当然だ。

なんで?人気なくて打ち切り?と考えたんだけど、週刊少年マガジン2011年25号で終わった後、なんと全く同じような「高校の生徒会モノ」の『山田くんと7人の魔女』(全28巻)を同雑誌2012年12号から連載開始してて、もうなにがなんだか分からない。

そしてその2作品を一気読みした自分自身のこともなんだかよく分からない。



Amazon評価114のうち星5つが110。最終巻でこれってどんだけ凄いことか。
2014.7.13「天才音楽家たちの物語」でも書いた『のだめカンタービレ』(全25巻)と『ピアノの森』(全26巻)を連続一気読みして、もうおなかいっぱい。ほんと素晴らしい作品たち。

『ピアノの森』の主人公は「一ノ瀬 海(いちのせ かい)」なんだけど、「海は全然関係ないやん!」と思ってたら、まあ海はあまり関係ないんだけど、終盤に名前の意味について「な、なるほど…」と。

しかしこの漫画が特殊なのは、全26巻のうち後半12巻、つまり半分をショパン国際ピアノコンクール(ワルシャワで5年に1回開催)について描いていること、そしてそれでも飽きさせないこと。凄い。

それにしても最終巻は…、いや、もうね…、言葉がない…。

↓Amazon評価114のうち星5つが110。最終巻でこれってどんだけ凄いことか。
ピアノの森(26)<完> (モーニング KC)
一色 まこと
講談社 (2015-12-22)
売り上げランキング: 11,437






論理と直感の間
普通の人の貯金はどれくらいあるのか


濱口秀司×ちきりん最も創造性が高い思考のモードは、論理と直感の間にある/「ストラクチャード・ケイオス」


橘玲アメリカで富裕層の脱税ほう助を行なっていたスイス・プライベートバンカーの告白

「ジュネーブは1年中快適です。(略)それから、女性ですが、まあ素晴らしいですね。スイス人の固さというのは表向きにすぎないというのを知って実際に驚きましたよ。ちょうど日本人のようですね。セックス産業はブームを迎えていますが、完全に合法なんです。」



漫画家画力ランキング!ベスト20

まあ、鳥山明の1位は不動っすね。


【競馬】北米・英愛・仏の種牡馬リーディングトップ10

英愛仏でのガリレオはやはり凄い。超怪物フランケル(14戦無敗で歴代最高レイティング140)を出しただけでも凄いんだけど。


Chikirinの日記成長戦略って何のこと?

解雇規制の緩和が一番に書かれている。当然のこと。












1998年のドンッ♪

でも 言葉を失った瞬間が 一番幸せ

(・д・)

はい、宇多田ヒカル『Automatic』ですね。正解。

歌詞/作詞・作曲:宇多田ヒカル




西炯子 『恋と軍艦』(全8巻)
「人生は壮大なヒマつぶしなのよ。『いかに 充実して ヒマをつぶすか』ということでしかないのよ。」


こんなセリフを晶(中1女子)にさらっと吐かせる『恋と軍艦』を雑誌『なかよし』(読者対象:小中学生の少女)に掲載してたの、すごいな…。

ついでに以下のようなやりとりもある。

イケメン漫画家 「漫画の仕事は孤独だ。だが、誰にも雇われていない。何を描くか、どう生活するか、自分で決められる、つまり自由だ。自由と孤独はセットなのさ。寂しくて誰かと組めば、相手の都合をきかなきゃならない、自分の自由を相手に差し出すってことさ」

晶(中1女子) 「それって、不幸なことなのかな?」

「……さあな……。だが、自分の生き方を相手に決めさせてはいけかい。それは必ず自分で決めるんだ…。でないと、不幸になったとき、相手のせいにしてしまう。……ちびっこには難しい話だな…」

「……わかるわよ」



映画『イノセンス』で最も好きなセリフ。

バトー「聞かせてくれ。今の自分を幸福と感じるか」

素子(少佐)「懐かしい価値観ね」



西炯子は『娚の一生』(全4巻)、『姉の結婚』(全8巻)がいい。


※2014.8.9人生における根源的な退屈、いや、人生という根源的な退屈


恋と軍艦(1) (なかよしコミックス)
講談社 (2012-10-17)
売り上げランキング: 59,096

娚の一生(1) (フラワーコミックスα)
小学館 (2012-10-05)
売り上げランキング: 13,703

姉の結婚(8) (フラワーコミックスα)
小学館 (2015-02-09)
売り上げランキング: 13,353



値切る依頼者
相手にしない。「どうぞ安い事務所へ」。

が、しかし、だ。

まだインターネットもパソコンもなかった大学1年のとき、サークル活動でどうしてもワープロが必要で、友人5人くらいで家電量販店に行った。「12万円、たっかいわー、お兄ちゃん、9万円でどない?」「いや、5000円くらいならなんとか検討しますが…」「ほな10万円で」「い、いや…頑張って7000円…」「うーん…、ほなフロッピーディスク5枚つけてーな」「……分かりました(苦笑)」みたいなやり取りして、友達が「まじで大阪人って…」と下衆を見るような視線を浴びせられたぼくに「値切る依頼者ウンヌン」を言う資格があるのだろうか…。





昨夜の赤坂飲み、ゲスの極み
それにしても、ついに超イケメン野郎(37歳)が結婚して、結婚後すぐできた赤ちゃん(男の子)が2週間ほど前に産まれて、「もう可愛くて仕方がないっすよ〜俺に似てるんですよ〜」とデレデレで赤ちゃんの画像を皆に見せまくる、そんな姿を拝むことになるとは…完全に別人じゃねーか…と一同唖然。



「人間の究極の幸せは、人から愛されること、人にほめられること、人の役に立つこと、人から必要とされること」
佐渡島庸平「期待しない」から作れる仕組み

「父や当時の社員たちは、障がい者を前に『どうしてできないんだ』と考えるのではなく、常に『どうすればできるんだ』と、考えました」

「人間の究極の幸せは、人から愛されること、人にほめられること、人の役に立つこと、人から必要とされること、四つと云われた。働くことによって愛以外の三つの幸せは得られるのだ。私はその愛まで得られると思う。」


日本理化学工業も凄いけど、小松成美は相変わらずスゲーなぁ。


漫画「浮浪雲」9月で終了 連載44年、1039話で幕(予定112巻)


長崎市のご当地グルメ「トルコライス」ってのを知ってググったんだけど(画像)、カロリー度外視でめちゃくちゃ食べたい…

大ボリュームの『トルコライス』は組み合わせ180通り! 飲み放題はまさかの120分880円!! 東京・高田馬場「たまき食堂」飲みが熱い件

「新橋バーグ」で、デカ盛りトルコライスバーグ!


「直虎」高橋一生、壮絶ラストにネット号泣 早くも“政次ロス”広がる

ドラマ『カルテット』以降の高橋一生の勢いたるや。


パスワードの専門家が「大文字も数字も記号も意味がなかった」と過去の持論が間違いだったことを認める

また、あまり頻繁にパスワードを変更するのも良くないどころか、非効率的で、さらにはハッカーにパスワード変更のパターンを見抜かれてしまう危険すら生じるとのこと。


ワロタww


「年金75歳受給時代」の最大の恐怖は「住宅ローン破産」

分譲マンションを取得した人の平均年齢は43.3歳、分譲戸建て住宅で38.9歳、中古マンションで46.0歳などとなっている。
一方、住宅金融支援機構の民間住宅ローンの貸出動向調査結果(2016年)によると、住宅ローンの平均返済年数は25.4年だ。
65歳を超えても返済が続く人が相当数いることを示している。


















ああ、もいっかい
舞台監督やりてぇなぁ…

あと、留学、できればドイツかフランスで…

あ、あと、バッハの無伴奏チェロ組曲を弾きたい…
(弾いたことねーだろ…)



原泰久『キングダム』(既刊47巻)累計3,000万部突破
2016.4.8原泰久『キングダム』(既刊41巻)

久しぶりに1巻から47巻まで一気読みしたんだけど、やっぱり破格の面白さで、「よくこの密度をずっと保ってるな…」と。

(某友人弁*士なんて事務所に全巻置いてあるそうだ)

歴代漫画発行部数ランキングではまだ58位だけど、まだまだ物語が終わりそうにないので、200巻くらいまで出して、上10位に食い込んでも不思議ではない、と言いたいところだけど、『ワンピース』『ドラゴンボール』と異なり、「老若男女」のうち「女」にそこまで訴求力はないんだろうなとも。

キングダム 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
集英社 (2012-06-22)
売り上げランキング: 801



その実、内心は
けっこー以前、ある案件で「当社で会議をしますので、代理人としてお越し頂けますでしょうか」とメールが。

通常なら「1時間3万円(税抜き)ですよ、移動時間も含めて」となるんだけど、4社合同会議で計12人のスペースなんてこちらにはないから「そっちがこっらに来んかい」とはいえない!という理由ではなく、めっちゃレスペクトしてる某制作会社での会議だったので「合点承知!」と。

シレーっと冷めた顔付きで1時間ほど質疑応答。が、内心は大興奮で、ヘタしたら会議中に自撮りしちゃいそうだった。



名言
 
いまの人は、みんな、「何かしなければ」と思いすぎる。

河合隼雄



高校と大学と研修所
の3つをすべてぼくが(飛び級)卒業した後、3つともめちゃくちゃレベル低下しているらしい。

これ、純粋論理で考えて、つまり、ぼくがいたからレベル高かった、ってことだ。

なにか間違えてますか?
間違えてない、そうですか。

あ、もしかして、ぼくの留学中、日本のレベルが低下したってデータないですか?
ありますか、そうですか。

ヽ(゚д゚)ノ


エレベーター
「ラッキー、この階に止まってる~」とボタンを押そうとした寸前、「上」または「下」のライトが点灯して逃げられちまったときのあの感情をなんと名付ければよいのか…。

ところで、住居用マンションでもオフィスビルでも、部屋の玄関内側にエレベーターのボタンが欲しい。部屋を出るときにポチっと押せば、エレベーターまでたどり着くまでの数秒を無駄にせずに済む。
(もしかすると最新のマンションやビルはそうなっているのだろうか?)


Appendix

プロフィール

ふじぼう

ふじぼう 自己紹介

月別アーカイブ

ブログ内検索

Extra

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。